葉焼けした植物は復活する?復活方法・原因・対策について

葉焼けした植物は復活するのでしょうか?

観葉植物を直射日光に当てると、葉焼けして日光に当たった葉の先端が黒くなってしまうことがあります。
鉢で育てている植物であれば、葉焼けしてしまったことに気づき、半日陰に入れる人がほとんどだと思うのですが、
半日陰に入れて葉焼けした葉は復活するのでしょうか?

残念ながら葉焼けした葉事態は復活することはありません。
葉焼けは、強い日光により葉の持つ葉緑素が破壊されてしまうことが原因だからです。

しかし、植物全体を見た時には復活する可能性は十分にあります。

今日はそんな葉焼けしてしまった植物について、復活させる方法や原因・対策・葉焼けしてしまうメカニズムについて詳しく見ていきます。
植物が葉焼けしてしまい、弱ってきている人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

葉焼けしてしまった植物は復活する?

植物の葉焼けとは、植物が強い日光を受けたときに、葉っぱが茶色くなったり黒っぽく変色する障害です。
葉緑素による光合成が追いつかず、余った日光が活性酸素を発生させて葉緑体を破壊するために起こります。

葉焼けした植物は、見栄えが悪くなるだけでなく、光合成ができなくなってしまうので、最終的に枯死に至ることもあります。
しかし、葉焼けした部分を切り取って適切な管理をすれば、新しい芽が出て復活する可能性があります。

葉焼けを防ぐためには、以下の対策をおすすめします。

・直射日光に当てすぎないこと。日除けのすだれや遮光ネットを設置したり、日陰に移動させたりすることが有効です。

・気温が高すぎないこと。30度以上の高温では蒸散作用が追いつかずに水分不足になりやすいので、室内に移動させたり、打ち水や葉水をしたりすることが有効です。

・環境の変化に注意すること。暗い場所から明るい場所に移動させるときは、徐々に日光に慣らしていくことが大切です。

以上が植物の葉焼けについての説明です。

 

葉焼けのメカニズム

葉焼けとは、植物の葉が部分的に変色したり枯れたりする現象です。
主な原因は、強い光や高温によるストレスです1。

強い光に当たると、植物は光合成に必要な光エネルギーを使い切れず、余った光エネルギーが活性酸素という有害な物質を発生させます。
活性酸素は、葉緑体や細胞内の遺伝子を破壊し、葉緑素の分解や細胞死を引き起こします。
これにより、葉の緑色が薄くなったり赤や黄色に変色したりします。

高温にさらされると、植物の細胞は温度調節ができず、タンパク質や脂質などの重要な成分が変性してしまいます。
これもまた、細胞死や組織の壊死を招きます。
これにより、葉の先端やふちが茶色く枯れたりします。

以上が植物の葉焼けのメカニズムです。
葉焼けを防ぐためには、植物の種類や特性に合わせて適切な光量や温度を管理することが大切です。

 

活性酸素とは

活性酸素とは、大気中に含まれる酸素分子が、より反応性の高い化合物に変化したものの総称です。
一般的にスーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシドイオン)、
ヒドロキシルラジカル、過酸化水素(ペルオキシドイオン)、一重項酸素の4種類とされます。

活性酸素は、酸素分子が不対電子を捕獲することによって、スーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシルラジカル、という順に生成します。
スーパーオキシドは酸素分子から生成される最初の還元体であり、他の活性酸素の前駆体であり、
生体にとって重要な役割を持つ一酸化窒素と反応してその作用を消滅させます。
活性酸素の中でもヒドロキシルラジカルは、極めて反応性が高いラジカルであり、活性酸素による多くの生体損傷は、
ヒドロキシルラジカルによるものとされています。
過酸化水素の反応性はそれほど高くなく、生体温度では安定しているが、金属イオンや光により容易に分解して、
ヒドロキシルラジカルを生成することがあります。

活性酸素は私たちの呼吸に必要な酸素から発生する物質で、身体の免疫機能を維持する一方、
増え過ぎると疲労や老化の原因につながるとされています。

 

活性酸素が増える要因

活性酸素が増える要因はさまざまですが、主に以下のようなものがあります。

・直射日光や放射線などの外部からの刺激

・喫煙や激しい運動などの内部からのストレス

・ダイオキシンやタバコの煙などの有害物質

 

身体への影響

活性酸素が増えることによりもたらす身体への影響は以下のようなものがあります。

・皮膚の老化やシミなど

・生活習慣病や癌など

・脳神経疾患や白内障など

 

活性酸素を防ぐには

活性酸素を防ぐためには、以下の対策をおすすめします。

・抗酸化物質を多く含む食品を摂取すること。例えばβ-カロテンやリコピンなどがあります。

・適度な運動や睡眠をすること。

・紫外線やタバコを避けること。

 

以上が活性酸素についての説明です。

 

葉焼けをしてしまう原因

植物の葉焼けとは、植物の葉が部分的に変色したり枯れたりする現象です。
主な原因は、強い光や高温によるストレスです。

強い光に当たると、植物は光合成に必要な光エネルギーを使い切れず、余った光エネルギーが活性酸素という有害な物質を発生させます。
活性酸素は、葉緑体や細胞内の遺伝子を破壊し、葉緑素の分解や細胞死を引き起こします。
これにより、葉の緑色が薄くなったり赤や黄色に変色したりします。

高温にさらされると、植物の細胞は温度調節ができず、タンパク質や脂質などの重要な成分が変性してしまいます。
これもまた、細胞死や組織の壊死を招きます。
これにより、葉の先端やふちが茶色く枯れたりします。

また、水やりの具合も葉焼けの原因になることがあります。
水不足だと根から水分を吸えずに蒸散作用ができず、結果的に葉焼けがおきることがあります。
逆に水やり過ぎだと根が腐って水分を吸えなくなり、同じように葉焼けがおきることがあります。

以上が植物の葉焼けの原因です。葉焼けを防ぐためには、以下の対策をおすすめします。

・直射日光に当てすぎないこと。日除けのすだれや遮光ネットを設置したり、日陰に移動させたりすることが有効です。

・気温が高すぎないこと。30度以上の高温では蒸散作用が追いつかずに水分不足になりやすいので、室内に移動させたり、打ち水や葉水をしたりすることが有効です。

・環境の変化に注意すること。暗い場所から明るい場所に移動させるときは、徐々に日光に慣らしていくことが大切です。

・水やりは適度にすること。土の表面が乾いたら水やりをするくらいが目安です。水やりは朝か夕方に行うことも大切です。

以上が植物の葉焼けについての説明です。

 

葉焼けしてしまった植物を復活させるには

葉焼けしてしまった植物を復活させるには、以下のような方法があります。

・葉焼けした部分を切り取る。葉焼けした部分は元に戻らないので、切り取ってしまうのがおすすめです。切り取った後は、市販の殺菌剤を塗って乾かすと、感染症などを防げます。

・直射日光や高温から避ける。葉焼けの原因は、直射日光や高温によるストレスです。そのため、室内に移動させたり、日除けや遮光ネットを使ったりすることで、葉焼けを防げます。

・水やりは適度にする。水不足や水やり過ぎも、葉焼けの原因になります。水やりは土の表面が乾いたら行うくらいが目安です。水やりは朝か夕方に行うことも大切です。

・環境の変化に注意する。暗い場所から明るい場所に移動させるときは、徐々に日光に慣らしていくことが大切です。急な環境変化は植物にストレスを与えて葉焼けを起こす可能性があります。

以上が葉焼けした植物を復活させる方法です。

 

葉焼けを起こさないためにできる対策

葉焼けを防ぐためには、以下の対策をおすすめします。

・直射日光に当てすぎないこと。日除けのすだれや遮光ネットを設置したり、日陰に移動させたりすることが有効です。植物の種類や特性に合わせて適切な光量を管理することが大切です。

・気温が高すぎないこと。30度以上の高温では蒸散作用が追いつかずに水分不足になりやすいので、室内に移動させたり、打ち水や葉水をしたりすることが有効です。植物の種類や特性に合わせて適切な温度を管理することが大切です。

・環境の変化に注意すること。暗い場所から明るい場所に移動させるときは、徐々に日光に慣らしていくことが大切です。急な環境変化は植物にストレスを与えて葉焼けを起こす可能性があります。

・水やりは適度にすること。土の表面が乾いたら水やりをするくらいが目安です。水やりは朝か夕方に行うことも大切です。水不足や水やり過ぎも、葉焼けの原因になります。

以上が葉焼けを起こさないためにできる対策です。

[quads id=1]

 

「葉焼けした植物は復活する?復活方法・原因・対策」についてのまとめ

葉焼けしてしまった葉は復活しませんが、植物全体としてみれば復活する可能性も十分あります。
葉焼けしてしまった部分の歯を切り取り、直射日光を避け、水やり頻度や環境の急激な変化にも注意しながら生育を続けます。

葉焼けの原因としては強い光や高い温度によるストレスなので、
それらを環境から取り除くことで植物全体としては復活する可能性が高まります。

葉やけを起こしてしまっても焦ることなく対処をし、無事に復活できると良いですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です