マイクロスリープが起きているか自分でチェックする方法

マイクロスリープが起きているか自分でチェックする方法はあるのでしょうか?

マイクロスリープとは、日中に起こる数秒間~数分間の短い睡眠のことです。
たいていの場合は自覚症状が無く、うとうとした時に「ちょっと意識が飛んでた」と思うくらいで
自分自身で「マイクロスリープが起きていた」と自覚することはあまりありません。

この、マイクロスリープが起きたことを自分自身でチェックする方法はあるのでしょうか?

今日はそんなマイクロスリープについて、起きてしまう原因、マイクロスリープが起きている時には自分自身はどうなっているのかや、
マイクロスリープが起きているのかを自分自身でチェックする方法を見ていきます。

日中うとうとしてしまい、一瞬寝ていることが多い人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

マイクロスリープとは

マイクロスリープとは、日中に数秒から数分の間に起こる短い睡眠のことです。
睡眠不足や疲労、睡眠時無呼吸症候群などが原因で、気を抜いたときや単調な作業をしているときに起こりやすいです。
マイクロスリープは、脳が休息を求めるSOSサインだと考えられます。

マイクロスリープは、作業や思考能力の低下や交通事故などの危険につながる可能性があります。
予防するためには、毎日規則正しく十分な睡眠をとることが大切です。
昼休みに短時間の昼寝をすることも効果的ですが、長時間の昼寝は夜間の睡眠の質を低下させるので注意しましょう。

マイクロスリープと似ている症状にナルコレプシー(居眠り病)がありますが、これは覚醒を維持する神経系の異常によるもので、
突然の脱力や幻覚などを伴います。
マイクロスリープと違って、直後に起こそうとしてもなかなか起きられません。

 

「マイクロスリープ」が起きたのか自分自身でチェックする方法

マイクロスリープは、日中に数秒から数分の間に起こる短い睡眠のことです。
本人が自覚しないことも多く、目を開けたまま眠っている場合もあります。
マイクロスリープは、作業や思考能力の低下や交通事故などの危険につながる可能性があります。

 

マイクロスリープセルフチェック

自分でマイクロスリープをチェックする方法としては、以下のようなものがあります。

①本を読んでいるときに、同じ段落を2度読んでしまう
②パソコン入力でミスタイプが多い
③突然青信号に変わっていることに気づいて焦った
④会話しているときにいつの間にか話が進んでいた
⑤あくびやまばたきの回数が増えてきた

上記の症状があれば、マイクロスリープの可能性が高いです。

 

検査機関に依頼する

睡眠の状態を評価できる脳波検査を日中に行うと、マイクロスリープを検知することができます。
一般的には、15秒未満の睡眠がマイクロスリープと判定されます。
職業ドライバーなどが運転適性の評価を受けるときに行われる睡眠維持検査も、マイクロスリープを検出することができます。

マイクロスリープを予防するためには、毎日規則正しく十分な睡眠をとることが大切です。
昼休みに短時間の昼寝をすることも効果的ですが、長時間の昼寝は夜間の睡眠の質を低下させるので注意しましょう。

 

マイクロスリープが起きる前兆は?

マイクロスリープが起きる前兆としては、以下のようなものがあります。

 

抗眠気行動:

あくびやまばたきの回数が増えたり、首をこっくりさせたり、顔を洗ったり、音楽を聞いたりするなど、眠気を振り払おうとする行動です。
これらの行動は、眠気が強まっていることを示しています。

 

マイクロスリープ行動兆候:

目を開けたまま眠ってしまったり、目がぼんやりしたり、話が途切れたり、同じ行を何度も読んだりするなど、
意識が途切れていることを示す行動です。
これらの行動は、マイクロスリープに陥っていることを示しています。

 

車両挙動:

運転中に車線をはみ出したり、急ブレーキをかけたり、速度が乱れたりするなど、車の操作に支障が出ることです。
これらの挙動は、マイクロスリープによって事故につながる可能性が高いことを示しています。

 

マイクロスリープは病気?

マイクロスリープは病気ではないですが、睡眠障害やその他の病気の症状として現れることがあります。

マイクロスリープとは、日中に数秒から数分の間に起こる短い睡眠のことです。
睡眠不足や疲労、睡眠時無呼吸症候群などが原因で、気を抜いたときや単調な作業をしているときに起こりやすいです。
マイクロスリープは、脳が休息を求めるSOSサインだと考えられます。

マイクロスリープ自体は病気ではありませんが、以下のような睡眠障害やその他の病気によって引き起こされる場合があります。

 

睡眠時無呼吸症候群:

呼吸が止まったり浅くなったりすることで、睡眠の質が低下し、日中の眠気を引き起こします。
この眠気によってマイクロスリープが生じる可能性があります。

 

ナルコレプシー:

覚醒を維持する神経系の異常によるもので、突然の脱力や幻覚などを伴います。
この病気では、寝落ちする睡眠発作が生じることが特徴で、マイクロスリープに類似した症状が現れますが、
直後に起こそうとしてもなかなか起きられません。

 

過眠症:

原因不明の日中の過度な眠気を主な症状とする睡眠障害です。
この病気では、日常生活に支障をきたすほどの強い眠気があり、マイクロスリープが頻発します。

 

心臓の病気:

心臓の働きが低下すると、脳への血流も減少し、酸素不足になります。
これによって、意識消失やマイクロスリープが起こる可能性があります。
マイクロスリープは、作業や思考能力の低下や交通事故などの危険につながる可能性があります。
予防するためには、毎日規則正しく十分な睡眠をとることが大切です。
昼休みに短時間の昼寝をすることも効果的ですが、長時間の昼寝は夜間の睡眠の質を低下させるので注意しましょう。

マイクロスリープは病気ではないですが、睡眠障害やその他の病気のサインである可能性もあるので、注意しましょう。

 

マイクロスリープとショートスリープは違うの?

マイクロスリープとは、日中に数秒から数分の間に起こる短い睡眠のことです。
睡眠不足や疲労、睡眠時無呼吸症候群などが原因で、気を抜いたときや単調な作業をしているときに起こりやすいです。
マイクロスリープは、脳が休息を求めるSOSサインだと考えられます。

ショートスリープとは、日中に意図的に行う短時間の昼寝のことです。
10〜20分程度のショートスリープは、脳の活力を回復させたり、記憶力や集中力を高めたりする効果があります。
ショートスリープは、睡眠不足を補うためではなく、パフォーマンスを向上させるために行います。

マイクロスリープとショートスリープの違いは、以下のようにまとめられます。

 

意識レベル:

マイクロスリープは、意識レベルが低下してしまう不自然な睡眠です。
ショートスリープは、意識レベルを高めるために行う自然な睡眠です。

 

時間帯:

マイクロスリープは、気を抜いたときや単調な作業をしているときに起こりやすいです。
ショートスリープは、昼食後など生理的に覚醒度が低下する時間帯に行うのが効果的です。

 

時間長:

マイクロスリープは、数秒から数分の間に起こります。
ショートスリープは、10〜20分程度が最適です。

 

目的:

マイクロスリープは、脳が休息を求めるSOSサインです。
ショートスリープは、脳の活力を回復させたり、記憶力や集中力を高めたりする目的で行います。

[quads id=1]

 

「マイクロスリープが起きているか自分でチェックする方法」についてのまとめ

マイクロスリープは、自分自身が意図せず数秒間から数分間の短い、睡眠を取ってしまうことを指します。

セルフチェックする方法はあり、

①本を読んでいるときに、同じ段落を2度読んでしまう
②パソコン入力でミスタイプが多い
③突然青信号に変わっていることに気づいて焦った
④会話しているときにいつの間にか話が進んでいた
⑤あくびやまばたきの回数が増えてきた

ということが当てはまるようであればマイクロスリープが起きている可能性は高いと言えます。

マイクロスリープが起きているというだけでは病院に行ったり、過度な心配をする必要は無いと思いますが、
脳が休息を求めるSOSサインであることは間違いありません。

自分自身が疲れていないか、充分のな休息が取れているのかを見返してみて、
疲れているようであれば充分な、質の良い睡眠が取れるようにしていきたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です