根詰まりのサインは5つ。それが分かれば植物は元気に育つ!

根詰まりのサインにはどんなものがあるのでしょうか。

根詰まりをしてしまうと、植物は十分な生育ができなかったり、元気がなくなったりしてしまいます。
植物を元気に育てる上では日照や、気温、風通し、栄養などの要素がその植物にとって適している必要があり、
根詰まりを起こすまで元気に育っているということはその環境が育てている植物にとって適していることの現れとも言えます。

その寝つまりのサインを見逃さずに、早めに対処できれば植物は更に元気に育ち、
植物の種類によっては株分けをすることができるなど、更に増やしていくことができます。

今日はそんな根詰まりについて、どんなサインがあるのかを一つ一つ見ていきます。

元気に育っていた植物が何故か最近元気がないという方は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

根詰まりの5つのサイン

根詰まりとは、鉢の中で根がいっぱいになってしまった状態のことです。
根詰まりを起こすと、植物は水や栄養分を十分に吸収できなくなり、枯れてしまう可能性があります。1

根詰まりのサインには、次のようなものがあります。

底から根が見える・出る:鉢の中で根が回って伸び、鉢の底面に到達すると、さらに広い場所を探して穴の外へ向かいます。
水を吸収しない・水切れする:根詰まりした鉢では土の隙間に根が入り込み、保水ができません。
葉の変化・生育の衰え:根詰まりすると根が正常に働かないため、下の葉が落ちる、黄色く変色する、全体的に葉の色が薄いなどのほか、今までと比べて生育が遅い、新芽や葉が小さい、花が咲かないなどのトラブルが発生することもあります。
鉢にヒビが入る・割れる:内側からの根の圧力で、鉢にヒビが入ったり割れたりすることがあります。
鉢底から水が流れ出る:根詰まりした鉢では土が水を吸わなくなり、水やりしてもすぐに水が流れ出てしまいます。

以上のサインが見られたら、早めに植え替えてトラブルを防ぎましょう。
植え替える時は、植物の種類や根のタイプに合わせて注意してください。

 

底から根が見える・出る:

「底から根が見える・出る」は、根詰まりのサインのひとつです。
根詰まりとは、鉢の中で根がいっぱいになってしまった状態のことです。
根詰まりを起こすと、植物は水や栄養分を十分に吸収できなくなり、枯れてしまう可能性があります。

植物の根は、先端の「根毛(こんもう)」が放射状に広がりながら土中の栄養分や水分を吸収しています。
植木鉢の中の根は鉢の内側に沿って回りながら伸び、鉢の底面に到達すると、さらに広い場所を探して穴の外へ向かいます。
底の穴から根が見える・出ている鉢は、根詰まりを起こしています。

このような状態になると、土の隙間に根が入り込み、保水ができません1。水やりをしてもすぐに水が流れ出てしまいます。
また、土の中の酸素が減って根腐れを起こすこともあります。

このように、「底から根が見える・出る」は、植物にとって非常に危険な状態です。早めに植え替えてトラブルを防ぎましょう。
植え替える時は、植物の種類や根のタイプに合わせて注意してください。

 

水を吸収しない・水切れする:

「水を吸収しない・水切れする」は、根詰まりのサインのひとつです。
根詰まりとは、植木鉢の中に根が回っていっぱいになった状態のことです。
根詰まりを起こすと、植物は水や栄養分を十分に吸収できなくなり、枯れてしまう可能性があります。

植物の根は、先端の「根毛(こんもう)」が放射状に広がりながら土中の栄養分や水分を吸収しています。
しかし、根詰まりを起こした鉢では土の隙間に根が入り込み、保水ができません。

水やりをしてもすぐに水が流れ出てしまいます。
また、土の中の酸素が減って根腐れを起こすこともあります。

このように、「水を吸収しない・水切れする」は、植物にとって非常に危険な状態です。
早めに植え替えてトラブルを防ぎましょう。
植え替える時は、植物の種類や根のタイプに合わせて注意してください。

 

葉の変化・生育の衰え:

「葉の変化・生育の衰え」は、根詰まりのサインのひとつです。
根詰まりとは、鉢の中で根がいっぱいになってしまった状態のことです。
根詰まりを起こすと、植物は水や栄養分を十分に吸収できなくなり、枯れてしまう可能性があります。

植物の根は、先端の「根毛(こんもう)」が放射状に広がりながら土中の栄養分や水分を吸収しています。
しかし、根詰まりを起こした鉢では土の隙間に根が入り込み、保水ができません1。水やりをしてもすぐに水が流れ出てしまいます。
また、土の中の酸素が減って根腐れを起こすこともあります。

このように、「葉の変化・生育の衰え」は、植物にとって非常に危険な状態です。
早めに植え替えてトラブルを防ぎましょう。植え替える時は、植物の種類や根のタイプに合わせて注意してください。

「葉の変化・生育の衰え」は、次のような症状が見られます。

 

下の葉が落ちる・黄色く変色する:

根詰まりすると根が正常に働かないため、下位にある古い葉から光合成産物や窒素を奪われて枯れてしまいます。

 

全体的に葉の色が薄い:

根詰まりすると土から吸収できる窒素や鉄などの栄養分が減少し、クロロフィルやタンパク質などの合成が阻害されます。

 

今までと比べて生育が遅い・新芽や葉が小さい:

根詰まりすると水や光合成産物などの供給が不足し、細胞分裂や伸長などの成長が抑制されます。

 

花が咲かない:

根詰まりすると花芽分化に必要なサイトカイニンなどのホルモンや光合成産物などの供給が不足し、開花が遅れたりしなくなったりします。

 

以上の症状が見られたら、「葉の変化・生育の衰え」に注意してください。

 

鉢にヒビが入る・割れる:

「鉢にヒビが入る・割れる」は、根詰まりのサインのひとつです。
根詰まりとは、鉢の中で根がいっぱいになってしまった状態のことです。
根詰まりを起こすと、植物は水や栄養分を十分に吸収できなくなり、枯れてしまう可能性があります。

植物の根は、先端の「根毛(こんもう)」が放射状に広がりながら土中の栄養分や水分を吸収しています。
しかし、根詰まりを起こした鉢では土の隙間に根が入り込み、保水ができません。

水やりをしてもすぐに水が流れ出てしまいます。
また、土の中の酸素が減って根腐れを起こすこともあります3。

このように、「鉢にヒビが入る・割れる」は、植物にとって非常に危険な状態です。
早めに植え替えてトラブルを防ぎましょう。植え替える時は、植物の種類や根のタイプに合わせて注意してください。

「鉢にヒビが入る・割れる」は、次のような原因があります。

 

移動中にヒビが入る:

鉢植えを移動する際に落としたりぶつけたりしてヒビが入ることがあります。
注意すればよいのですが、ついうっかりということは誰にでもあることです。

 

水分の凍結によるヒビ割れ:

素焼き鉢植えは土を焼いたものなので、冬の寒い時期には土の粒子に含まれる水が膨張しヒビを発生させます。
最初は目に見えないほどの小さなヒビですが、やがて一気に鉢植えを破損させます。

 

根詰まりによるヒビ割れ:

根が成長して鉢の中いっぱいに詰まると鉢植えにヒビが入ります。
このような根詰まりは外からわかりにくいので、鉢植えが突然ヒビ割れすることがあります。

 

以上の原因を知っておけば、「鉢にヒビが入る・割れる」を防ぐことができます。

 

鉢底から水が流れ出る:

「鉢底から水が流れ出る」は、根詰まりのサインのひとつです。
根詰まりとは、鉢の中で根がいっぱいになってしまった状態のことです。
根詰まりを起こすと、植物は水や栄養分を十分に吸収できなくなり、枯れてしまう可能性があります。

植物の根は、先端の「根毛(こんもう)」が放射状に広がりながら土中の栄養分や水分を吸収しています。
しかし、根詰まりを起こした鉢では土の隙間に根が入り込み、保水ができません。
水やりをしてもすぐに水が流れ出てしまいます2。また、土の中の酸素が減って根腐れを起こすこともあります。

このように、「鉢底から水が流れ出る」は、植物にとって非常に危険な状態です。
早めに植え替えてトラブルを防ぎましょう。植え替える時は、
植物の種類や根のタイプに合わせて注意してください。

「鉢底から水が流れ出る」は、次のような原因があります。

 

通常の水やり:

土表面から水を与え、余った水は鉢底から流れ出します。
これは正しい水やりの方法ですが、鉢底から流れ出た水は受け皿に溜めずに捨てる必要があります。
受け皿に溜めたままにすると、不要物や病原菌などが含まれた汚れた水を逆流させることになります。

 

底面給水:

逆に鉢やプランターの底から水を吸水させます。
底面給水用のトレーや植木鉢の受け皿に水を張って、簡単に底から水を吸水させる仕組みを作ることができます。

この方法は水切れを防ぐことができますが、過湿にならないように注意する必要があります。
また、水好きではない植物には向かない場合もあります3。

 

以上の原因を知っておけば、「鉢底から水が流れ出る」を防ぐことができます。

 

根詰まりだと分かったら行う5つのステップ

根詰まりだと分かったら、植え替えをするのが一番の対処法です。

植え替えは、根に負担がかかるため、傷がついても回復しやすい生育期に作業してください。

植え替えるときは、植物の種類や根のタイプに合わせて注意してください。

根のタイプには、次のようなものがあります。

 

直根(ちょっこん):

太い「主根(しゅこん)」がまっすぐに伸び、周囲に細い根がつくタイプです。
根に傷がつくと栄養分などを吸収できないため、なるべく土を崩さずに植え替えます。

 

ひげ根:

細い根が放射状に広がるタイプで、植え替えるときは根を軽くほぐすのが一般的です。
根詰まりを起こして固まっている場合は手でほぐすか、底にハサミで十字の切り込みを入れて丁寧に広げましょう。

 

また、植物を大きく育てたい場合と大きくしたくない場合では、植え替えの方法も異なります。

 

大きく育てたい場合:

一回り程度大きい鉢に鉢底ネットと鉢底石を敷いて、新しい土を1/4~1/3程度入れます。
鉢の中心に株を置いて、鉢の縁まで4cm程度残して土を入れて水やりします。

 

大きくしたくない場合:

不要な枝や葉の剪定と根を1/3程度切ることです。
剪定バサミを使用して、不要な枝や葉などを切り取ります。鉢から株ごと引き抜いて、土をある程度落としていきます。
根を全体の約1/3切り落とし、茶色く変色した古い根や長い根などは積極的に切っていきます。

鉢の形に巻いている根は、巻かない程度の長さになるよう切りましょう。
新しい鉢または同じ鉢に鉢底ネットと鉢底石を敷き、新しい土を1/4程度入れます。植え付ける手順は、大きく育てる場合と同様です。

[quads id=1]

 

「根詰まりのサインは5つ。それが分かれば植物は元気に育つ!」についてのまとめ

根詰まりには5つのサインがあり、それを見逃さずに対処することができれば、植物は更に大きく育てることができます。

根詰まりのサインは以下です。
・底から根が見える
・水を吸収しない・水切れする
・葉の変化・生育の衰え
・鉢にヒビが入る・割れる
・鉢底から水が流れ出る

この症状が少しでも出たら植物から鉢を外してみて、根切りをするか鉢を大きいものに変えるかの対処をします。

植物の変化に気をつけ、いつまでも元気に育てていきたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です