観葉植物に鉢底石はいらない?必要・不要の見分け方

観葉植物に鉢底石はいらないのでしょうか?
観葉植物を鉢やプランターで育てようと思った時、買うものが多くて迷ってしまいますよね。

「鉢底石は必要?不要?」「鉢底ネットはあった方が良いの?」「どんな鉢が良いんだろう?デザインは?大きさは?」
「土は何用の土が良いの?いくつかを混ぜる?種類は?」「肥料は何を使えばいいの?液肥?固形?」
など、園芸を始めようとすると始めるときだけでも様々な悩むポイントが出てきます。

なるべく考える時間を少なくして、「○○だから鉢底石は必要・不要」というのが瞬時に判断できたら少し楽になりますよね。
今日はそんな、「観葉植物に鉢底石はいらないのか」の、必要・不要について詳しく見ていきます。

これから植物を買おうとしている人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

観葉植物に鉢底石はいらない?

観葉植物を鉢で育てる時に鉢底石はいらないのかどうかは、植物の種類や鉢の素材、培養土の性質などによって異なります。

一般的には、鉢底石を敷くことで水はけや通気性を良くして、根腐れを防止する効果があります。
しかし、水はけや通気性が良すぎると、水分が不足して乾燥しやすくなったり、栄養分が流れ出してしまったりする可能性もあります。
そのため、鉢底石を使うかどうかは、以下のような点を考慮して決める必要があります。

 

植物の種類:

水やりが少ない植物(サボテンや多肉植物など)や水分を多く必要とする植物(観葉植物の多くなど)では、
鉢底石を敷きすぎると乾燥しやすくなります。
逆に水やりが多い植物(ハーブや野菜など)では、鉢底石を敷くことで水はけを良くして根腐れを防げます。

鉢の素材:

陶器やテラコッタなどの素焼きの鉢は通気性が良いので、鉢底石を敷かなくても排水性が保たれます。
逆にプラスチックや金属などの鉢は通気性が悪いので、鉢底石を敷くことで通気性を高めることができます。

 

培養土の性質:

市販の培養土には、水はけや通気性が良いものや悪いものがあります。
パッケージに「鉢底石不要」と書かれている培養土は、水はけや通気性が良いものです。
逆に「鉢底石必要」と書かれている培養土は、水はけや通気性が悪いものです。

以上のように、観葉植物を鉢で育てる時に鉢底石はいらないと一概に言えません。
自分が育てたい植物の特徴や好みに合わせて、適切な量と種類の鉢底石を選ぶことが大切です。

 

鉢底石はどんな役割をしているの?

鉢底石の役割について、以下のように説明できます。

・鉢底石は、鉢やプランターの底に敷く石のことで、主に水はけや通気性をよくするために使われます。水はけがよくなると、根腐れや腐敗菌の発生を防ぐことができます。通気性がよくなると、根に必要な酸素を供給することができます。

・鉢底石は、軽石や黒曜石などの素材でできています。鉢底石を敷く前に、鉢底ネットという目の細かいネットを敷くこともあります。鉢底ネットは、水やりをしたときに土が流出したり、害虫が侵入したりするのを防ぎます。

・鉢底石の使い方は、鉢やプランターの高さの5分の1程度まで敷き詰めるのが基本です。ただし、水はけのよい土を好む植物や深めのプランターの場合は、もう少し厚く敷いても構いません。

・鉢底石がない場合でも、植物を育てることは可能です。しかし、水はけが悪く植物の生育に影響が出ている場合は、鉢底石を使うことをおすすめします。鉢底石がない場合は、発泡スチロールやコルクなどで代用することもできます。

・鉢底石はホームセンターや園芸店、インターネットなどで購入することができます。価格は5リットルあたり数百円程度です。

 

室内の植物の場合でも鉢底石は必要

室内で植物を育てる時には鉢底石は不要というわけではありません。
鉢底石は、鉢やプランターの底に敷く石のことで、水はけや通気性をよくするために使われます。
水はけがよくなると、根腐れや腐敗菌の発生を防ぐことができます。通気性がよくなると、根に必要な酸素を供給することができます。1

しかし、鉢底石が必要かどうかは、植物の種類や鉢の種類、土の種類などによって異なります。
以下のような場合は、鉢底石が不要とされることがあります。

・排水性・通気性に優れる鉢(スリット鉢など)を使っている場合
・通気性・排水性が抜群の土(赤玉土や鹿沼土、パーライトやバーミキュライト、川砂など)のみを使っている場合
・鉢の大きさと株の大きさが丁度よく、鉢底石を入れると鉢が狭くなってしまう場合

逆に、以下のような場合は、鉢底石を入れた方が良いとされることがあります。

・株の大きさに対して鉢が深いと感じる場合(根鉢の下に約7~8cm以上スペースがある)
・鉢底穴が十分でない(穴が小さい、穴が少ない)と感じる場合4
・比較的水を好む観葉植物(ポトスやスパティフィラムなどサトイモ科の観葉植物)を育てる場合

鉢底石の量は、一般的には鉢やプランターの高さの5分の1程度まで敷き詰めるのが基本です。
ただし、水はけのよい土を好む植物や深めのプランターの場合は、もう少し厚く敷いても構いません。

もし、鉢底石がない場合でも、植物を育てることは可能です。
しかし、水はけが悪く植物の生育に影響が出ている場合は、鉢底石を使うことをおすすめします。
鉢底石がない場合は、発泡スチロールやコルクなどで代用することもできます。

 

以上が室内で植物を育てる時には鉢底石は不要かどうかについての説明です。

 

鉢底石が排水性を悪化させることもある

鉢底石が排水性を悪化させるという研究結果について、そのメカニズムを分かりやすく説明します。

鉢底石は、プランターや鉢の底に敷く石のことで、水はけや通気性をよくするために使われるとされています。
しかし、実際には鉢底石は排水性を悪化させる可能性があります。
その理由は、水の性質と鉢底石の関係にあります。

水は、粒の細かいものから粒の粗いものへと簡単に流れません。
境目に達すると、そこで流れが止まります。これを「キャピラリティ」と呼びます。

プランターや鉢の中では、粒の細かいものが土で、粒の粗いものが鉢底石です。
つまり、水は土から鉢底石へと簡単に流れません。
大部分の水は、なるべく土の中に留まろうとします。
そして土がこれ以上水を溜め込めなくなると、ようやく鉢底石の方へ流れ出します。

このように、鉢底石を敷くことで、実際には土の中に水がたまりやすくなります。
特に鉢底石の上部の土は、水が溜まりやすい場所です。
この水が根に触れ続けると、根腐れや腐敗菌の発生を引き起こす可能性があります。

したがって、鉢底石は排水性をよくする効果はなく、むしろ悪化させる効果があると言えます。
これは科学的な事実であり、実験でも確認できます。

以上が鉢底石が排水性を悪化させるメカニズムについての説明です。

 

結局、鉢底石はあった方が良いの?

鉢底石を敷くかどうかは、植物の種類や鉢の種類、土の種類などによって異なります。
鉢底石を敷くことで排水性がよくなるという効果はなく、むしろ排水性を悪化させる可能性があります。

しかし、鉢底石を敷くことで通気性がよくなるという効果はあります。
通気性がよくなると、根に必要な酸素を供給することができます。

したがって、鉢底石を敷くかどうかは、植物の好む水分量や土の湿り具合に応じて判断する必要があります。
水はけのよい土を好む植物や深めのプランターの場合は、鉢底石を敷いた方が良いかもしれません。
逆に、水はけの悪い土を好む植物や浅めのプランターの場合は、鉢底石を敷かない方が良いかもしれません。

最終的には、自分で観察して植物の様子を見ることが大切です。
水やりの頻度や量、土の乾き具合、根の状態などをチェックして、鉢底石の有無による違いを確認してみてください。

 

鉢底石がいらないのか・いるかの判断基準

鉢底石がいらないかの判断基準について、以下のように説明できます。

鉢底石は、鉢やプランターの底に敷く石のことで、水はけや通気性をよくするために使われるとされています。
しかし、実際には鉢底石は排水性を悪化させる可能性があります。
その理由は、水の性質と鉢底石の関係にあります。

しかし、鉢底石を敷くことで通気性がよくなるという効果はあります。
通気性がよくなると、根に必要な酸素を供給することができます。
したがって、鉢底石を敷くかどうかは、植物の好む水分量や土の湿り具合に応じて判断する必要があります。

水はけのよい土を好む植物や深めのプランターの場合は、鉢底石を敷いた方が良いかもしれません。
逆に、水はけの悪い土を好む植物や浅めのプランターの場合は、鉢底石を敷かない方が良いかもしれません。

最終的には、自分で観察して植物の様子を見ることが大切です。
水やりの頻度や量、土の乾き具合、根の状態などをチェックして、鉢底石の有無による違いを確認してみてください。

[quads id=1]

 

「観葉植物に鉢底石はいらない?必要・不要の見分け方」についてのまとめ

鉢底石がいらないのか、いるのかの判断は簡単な事ではなく、ある程度の知識と判断基準が必要です。
基本的には、「水はけの良い土+鉢底石」を選んでおけば間違いということは無いかと思いますが、
育てたい植物を良く調べてみて、保水力の高い土を好む植物を育てたい場合は鉢底石を使わない方が良いかもしれません。

「育てたい植物にとって、いかに気持ちの良く育つことができる環境を作ってあげられるか」が大切なポイントですので、
良く調べて、良い環境を作れると良いですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です