寄せ植えにルールはある?メリット・デメリットとは

寄せ植えにルールはあるのでしょうか?

ホームセンターや園芸屋さんの多肉植物コーナーに行くと、
綺麗に寄せ植えがしてあって色々な種類の多肉植物が一つの鉢の中に納まっているのを目にするかと思います。

元々寄せ植えてあるのを買っても可愛いのですが、自分自身で一つ一つの植物を選んで寄せ植えを作るのはとても楽しいですよね、
その、寄せ植えを作るときの植物を選ぶルールはあるのでしょうか?
また、可愛い寄せ植えの植物を育てる際の水やりや日光のルールはあるのでしょうか?

今日はそんな、「寄せ植えのルール」について詳しく見ていきます。

「寄せ植えをしてみたいと思うけどルールが良く分からなくて手を出せていない」
「過去に寄せ植えをしたことがあるけど徐々に枯れてしまって最後は全滅してしまった」
という人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

寄せ植えのルールとは

植物の寄せ植えとは、一つの鉢やプランターに複数の植物を植えて楽しむ方法です。寄せ植えを作る際には、
以下のルールを参考にしてください。

 

植物の選び方

・同じ環境を好む植物を組み合わせる。例えば、日当たりや水やりの好み、耐寒性や耐暑性などが似ている植物を選ぶ。

・花色や葉色、形や大きさなどが調和する植物を選ぶ。色合わせの基本は、同系色でグラデーションをつけるか、反対色で際立たせるかの2つの方法があります。

・高さやボリューム、役割によって植物を分ける。一般的には、背の高いものを主役、中程度のものをサポート、低いものをアクセントとして配置します。

 

鉢やプランターの選び方

・植物のテイストや置く場所に合わせて鉢やプランターを選ぶ。素焼きや陶製は通気性や排水性が良く、植物にとって快適な環境です。プラスティック製は軽くて保水性があり、色や形が豊富です。

・鉢やプランターの大きさは、植える植物の株数や大きさに合わせて選ぶ。初心者には、高さ15~20cmほどで、土がたっぷり入る丸い形(直径20cmくらい)の鉢がおすすめです。

 

植え付け方

・鉢底に鉢底ネットや鉢底石を敷いて水はけをよくする。
・鉢に培養土を入れて平らにならす。元肥として緩効性肥料を混ぜておくと良い。
・植物の根鉢を崩して根をほぐす。根が長すぎる場合は切り詰める。
・植物を配置する。高低差をつける場合は、後方に背の高いもの、中央に中程度のもの、前方に低いものをひな壇状に配置する。ドーム形に茂らせる場合は、器の中心を基準にし、正三角形か対角線上に配置する。
・培養土で隙間を埋める。土が固まらないように手で軽く押さえる。
・水やりをする。土が乾いたらたっぷりと水やりするが、過湿に注意して乾かし気味に管理する。

 

以上が寄せ植えの作り方の基本的なルールです。

 

寄せ植えを育てる際のメリット・デメリット

寄せ植えにはメリットとデメリットがあります。以下に詳しく説明します。

 

寄せ植えのメリット

・簡単に彩りを加えられる。
寄せ植えは、色や形、大きさなどが異なる植物を組み合わせることで、鮮やかで豊かな表情を作り出すことができます。
季節やテーマに合わせて、自分好みの寄せ植えを作ることができます。

・管理がしやすい。
寄せ植えは、同じ環境を好む植物を選ぶことで、水やりや肥料などの管理がしやすくなります。
また、鉢やプランターに入っているので、移動や置き場所の変更も簡単にできます。

・様々な植物が楽しめる。
寄せ植えは、一つの鉢やプランターに複数の植物を入れることで、スペースを有効に活用することができます。
庭がなくてもベランダや玄関先などで、多種多様な植物を楽しむことができます。

・アート的な楽しみがある。
寄せ植えは、自分のセンスや感性を表現することができるアート作品です。
色合わせやデザイン、配置などを工夫することで、オリジナルの寄せ植えを作ることができます。

 

寄せ植えのデメリット

・庭植えが好きな方には向かない。
寄せ植えは、鉢やプランターに入っているため、庭に直接植えるよりも自然感が少なくなります。
また、鉢やプランターの大きさに制限されるため、大型の植物や根張りの強い植物は適しません。

・処分をするのが手間。寄せ植えは、観賞期間が2~3か月程度と比較的短いため、花がら摘みや切り戻しなどのメンテナンスが必要です。
また、季節ごとに寄せ植えを作り直す場合は、古くなった寄せ植えを処分する必要があります。

・水やりのバランスが難しい。
寄せ植えは、一つの鉢やプランターに複数の植物を入れるため、水やりのバランスが難しい場合があります。
水やりの好みが異なる植物を組み合わせる場合は、注意深く管理する必要があります。

以上が寄せ植えのメリットとデメリットです。

 

寄せ植えを作る際に必要な道具

植物の寄せ植えを作るときに必要な道具は、以下のようなものです。

・小型のシャベル:土を掘り返したり、植物の根鉢を崩したりするときに使います。こちらのサイトにシャベルの種類や使い方が紹介されています。
・園芸用のはさみ:植物の茎や根を切ったり、花がら摘みをしたりするときに使います。切れ味の良いものを選びましょう。
・注ぎ口が細いジョウロ:寄せ植え作成後や水やりのときに使います。はす口がついていると、均一に水をあげられます。
・グローブ:寄せ植えを作るときに手を汚さないようにするために使います。薄手で手にフィットするものがおすすめです。
・鉢底ネット:鉢底の穴をふさぎ、土が流れ出ることや虫が入ってくることを防ぎます。鉢底の穴のサイズに合わせてカットして使います。
・鉢底用の石:鉢底に敷いて水はけをよくするために使います。大粒の赤玉土でも代用できます。
・土入れ:すき間に土を入れるときに使います。筒状や細めのタイプなどがあります。
・割りばし:寄せ植え作成後に土をならしたり、根元に水やりしたりするときに使います。

以上が寄せ植え作りに必要な道具です。

 

みんなの寄せ植えに対する悩み

寄せ植えには、色々な魅力や楽しみ方がありますが、同時に悩みや問題もあります。
寄せ植えに対して、陥りがちな悩みについて、以下に詳しく説明します。

 

植物を選ぶ際の悩み

寄せ植えを作るときには、同じ環境を好む植物を組み合わせることが大切です。
日当たりや水やりの好み、耐寒性や耐暑性などが似ている植物を選ぶことで、管理がしやすくなります。
しかし、初心者の方は、どの植物が植生が合うのか分からないことが多いでしょう。

その場合は、店員さんに聞いたり、植物に詳しいサイトを参考にしたりすると良いです。
また、花色や葉色、形や大きさなどが調和する植物を選ぶことも重要です。
色合わせの基本は、同系色でグラデーションをつけるか、反対色で際立たせるかの2つの方法があります。

しかし、色を使いすぎるとオシャレでなくなってしまうこともあるので注意しましょう。
白や黒の他に、色のあるものを2色使って作るとオシャレにまとまります。
色のあるものが2色だと寂しいと思う場合は、1色の中でも色の濃淡をつけると変化が出ます。

 

鉢やプランターを選ぶ際の悩み

寄せ植えに使う鉢やプランターは、植物のテイストや置く場所に合わせて選ぶことがポイントです。
素焼きや陶製は通気性や排水性が良く、植物にとって快適な環境です。
プラスティック製は軽くて保水性があり、色や形が豊富です。

鉢やプランターの大きさは、植える植物の株数や大きさに合わせて選ぶことが必要です。
初心者には、高さ15~20cmほどで、土がたっぷり入る丸い形(直径20cmくらい)の鉢がおすすめです。
鉢やプランターが小さすぎると根詰まりを起こしてしまう可能性があります。

また、鉢やプランターが大きすぎると水分が残りすぎて根腐れを起こす可能性もあります。

 

植え付け方の悩み

寄せ植えを作るときには、鉢底に鉢底ネットや鉢底石を敷いて水はけをよくすることが必要です。
また、鉢に培養土を入れて平らにならすことも重要です。元肥として緩効性肥料を混ぜておくと良いです。
植物の根鉢を崩して根をほぐすことも大切です。

根が長すぎる場合は切り詰めることも必要です。
植物を配置するときには、高低差をつける場合は、後方に背の高いもの、中央に中程度のもの、
前方に低いものをひな壇状に配置することが一般的です。

ドーム形に茂らせる場合は、器の中心を基準にし、正三角形か対角線上に配置することがおすすめです。

培養土で隙間を埋めることも必要です。
土が固まらないように手で軽く押さえることも忘れずにしましょう。
水やりをするときには、土が乾いたらたっぷりと水やりすることがポイントです。

過湿に注意して乾かし気味に管理することも必要です。

 

寄せ植えを管理する際の悩み

寄せ植えを長く楽しみたいなら、できるだけ花期の長い植物を選び、開花時期が同じものを選ぶことがポイントです。
花期が短い植物や開花時期が異なる植物を組み合わせると、限られた期間しか理想の状態が見られないことがあります。
寄せ植えは、花がら摘みや切り戻しなどのメンテナンスが必要です。

花がら摘みは、花が終わったらすぐに摘むことで、次の花芽を促進させることができます。
切り戻しは、伸びすぎた枝や葉をカットすることで、株のバランスやボリュームを整えることができます。

寄せ植えは、季節ごとに寄せ植えを作り直す場合は、古くなった寄せ植えを処分する必要があります。
処分する際には、鉢やプランターは洗って乾かして保管しましょう。
土や植物は、生ごみとして捨てるか、庭に埋めるか、堆肥にするかなどの方法があります。

[quads id=1]

 

「寄せ植えにルールはある?メリット・デメリットとは」についてのまとめ

寄せ植えをする際は、単体で植物を育てる時と違って選んだ植物ごとの特性・生育ルールを理解し、近しいものを組み合わせる必要があります。
それが難しいので、なかなか寄せ植えに手を出しづらかったり、買ったとしても上手く育てられないといったことに陥ってしまうのです。

また、寄せ植えの綺麗な状態を楽しめる期間が2~3ヵ月ということを理解しておくことも大切なポイントなのかもしれません。

好きな植物と好きな鉢で、寄せ植えのルールを理解して、組み合わせを楽しむのも園芸の一つの楽しみ方なのではないかと思います。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です