「観葉植物」と「植物」の大きな違い。花は含まれるの?

「観葉植物」と「植物」の違いはなんなのでしょうか?

観葉植物の単語のイメージといえば、園芸店や大きめのデパートの入り口、ホームセンターの入り口などで販売している、
植物の形そのものや花を楽しむものだと思って今まで暮らしてきました。

植物の単語のイメージと言えば、道に生えている草花や、園芸店などで売られている観葉植物、畑の野菜など、
いわゆる大きな意味で使われる言葉ですべての「植物」を網羅しているものだと思い暮らしてきました。

しかし、「観葉植物」は漢字の通りの意味で取ると「葉っぱを観察する植物」となり、花を咲かせる植物は含まれるのか、など、
何となくの小さな疑問が生まれましたが調べることなく何となく「観葉植物」と「植物」を使い分けてきました。

さて、「観葉植物」と「植物」の明確な違いなんなのでしょうか。今日はそれについて詳しく見ていきます。
「観葉植物」という単語を何となく使っている人は、これを見ればスッキリするかもしれませんよ。

[quads id=1]

 

「観葉植物」と「植物」の違いは?

「観葉植物」と「植物」の違いは、観葉植物は植物の一種であり、
葉の色や形が美しく、それを観賞するために育てられるものを指します。
植物は生物の大きな分類のひとつであり、細胞壁を持ち、光合成を行うものを指します。

つまり、観葉植物は植物の中でも特に目で楽しむためのものであり、花や果実、茎なども含まれる場合があります。
例えば、サボテンや食虫植物なども観葉植物に分類されます。
一方、植物は観葉植物だけでなく、野菜や穀物、草花など多種多様なものを含みます。

観葉植物は主に熱帯や亜熱帯の地域に自生するものが多く、室内栽培に適しています。
日本に自生する温帯産の植物も和物観葉植物として扱われることがあります。

観葉植物は歴史的にも人々に愛されてきました。古代では緑を保つ植物は長寿や繁栄のシンボルとされました。
19世紀には温室が普及し、熱帯産の植物やシダが人気になりました。
近年ではインテリアや空気清浄などの目的で観葉植物が置かれることが多くなりました。

観葉植物を育てるときは、その種類に合わせて適切な水やりや日当たり、温度や湿度を管理する必要があります。
また、病害虫に注意することも大切です。
初心者でも育てやすいおすすめの観葉植物としては、ポトスやサンスベリア、ドラセナなどがあります。

以上が「観葉植物」と「植物」の違いについての解説です。

 

「観葉植物」の定義とは

「観葉植物」とは、葉の色や形が美しく、それを観賞するために育てられる植物の一種です。
観葉植物は植物の大きな分類のひとつであり、花や果実、茎なども含まれる場合があります。

観葉植物は主に熱帯や亜熱帯の地域に自生するものが多く、室内栽培に適しています。
日本に自生する温帯産の植物も和物観葉植物として扱われることがあります。

観葉植物の定義は、以下のように表すことができます。

観葉植物={植物∣葉が美しい∧観賞用に育てられる}

この式は、「観葉植物は、植物の中で葉が美しいかつ観賞用に育てられるものの集合である」という意味です。
以上が「観葉植物」の定義についての解説です。

 

「植物」の定義

「植物」とは、生物の大きな分類のひとつで、以下のような特徴を持つものを指します。

・細胞壁を持ち、多くは緑色の色素である葉緑素を含む葉緑体をもつ。
・光合成を行って自ら栄養分を作り出すことができる。
・一般に移動しないか、移動能力が限られている。
・感覚器官や神経系を持たない。
・花や種子などを用いて繁殖するものが多い。

植物は、細胞壁や葉緑体などの共通の特徴を持つ単系統群として定義されることが多いです。
しかし、植物には多様な形態や生活様式のものがあり、すべての植物が上記の特徴に当てはまるわけではありません。
例えば、以下のような例外的な植物が存在します。

・光合成をしないか、あまりしない植物。寄生植物や食虫植物などがこれにあたります。
・細胞壁や葉緑体を持たない植物。原始的な陸上植物であるコケ類の一部にこれにあたるものがあります。
・移動能力が高い植物。水中に生息する一部の藻類や、陸上で跳ねるように移動するハネゴケなどがこれにあたります。
・感覚器官や神経系を持つと考えられる植物。ミモザやハエトリグサなど、刺激に応じて素早く動く植物がこれにあたります。
・花や種子を用いずに繁殖する植物。コケ類やシダ類など、胞子や根茎などで繁殖する植物がこれにあたります。

以上のように、「植物」の定義は一見明確ですが、実際には多くの例外や変異があります。
そのため、「植物」という言葉は、分類学的な意味だけでなく、生態学的や文化的な意味でも使われることがあります。

例えば、「光合成する生き物」という意味で「植物」と呼ばれることもありますし、
「草木」という意味で「植物」と呼ばれることもあります。

以上が「植物」の定義についての解説です。

 

花を楽しむ鉢植えは「観葉植物」に含まれる?

花を楽しむ鉢植えは「観葉植物」ではないというわけではありません。
観葉植物とは、主に葉の形や色が美しい植物を総称した言葉であり、花や果実、茎なども含まれる場合があります。
したがって、花を楽しむ鉢植えも観葉植物の一種と言えます。

しかし、一般的には、観葉植物というと花が咲かないか、あまり目立たない植物を指すことが多くあります。
例えば、サボテンや食虫植物などは観葉植物に分類されますが、花が咲くこともあります。
逆に、ツツジやサツキなどは花を楽しむために育てられることが多く、観葉植物とは呼ばれません。

このように、観葉植物という言葉は、分類学的な意味だけでなく、生態学的や文化的な意味でも使われることがあります。
例えば、「光合成する生き物」という意味で「植物」と呼ばれることもありますし、
「草木」という意味で「植物」と呼ばれることもあります。

 

盆栽は「観葉植物」に含まれる?

盆栽は「観葉植物」ではないと言えます。
盆栽と観葉植物の違いは、以下のようにまとめることができます。

盆栽は、鉢に植えた樹木を小さく整えて、自然の風景を表現するものです。
観葉植物は、鉢に植えた植物の葉や花を楽しむものです。

盆栽は、主に日本や中国など東アジア原産の落葉広葉樹や針葉樹などを用います。
観葉植物は、主に熱帯や亜熱帯の地域に自生する植物を用います。

盆栽は、屋外で管理し、鑑賞するときだけ室内に移動します。
観葉植物は、半日陰を好み、室内で生育できます。

盆栽は、四季折々の変化や周りの景色との調和を楽しみます。
観葉植物は、年間を通して変化が少なく、常にみずみずしいグリーンを楽しみます。

以上が盆栽と観葉植物の違いについての解説です。
盆栽は、自然の美しさや季節感を感じることができる芸術です。
観葉植物は、お部屋のインテリアや空気清浄などに役立つグリーンです。

 

園芸初心者にも育てやすい観葉植物

園芸初心者にも育てやすい観葉植物について、いくつかご紹介します。

観葉植物を選ぶときには、以下の4つの条件をチェックすると良いです。

・耐陰性が強い
・水やりが少なくて済む
・病害虫に強い
・剪定が不要か簡単

これらの条件を満たした植物であれば、多少育て方を間違えた程度では枯れないでしょう。

それでは、サイズ別におすすめの観葉植物を挙げてみます。

 

小型の観葉植物

小型の観葉植物は、机や棚などに置いて楽しむことができます。以下のような種類があります。

サボテン:水やりは月に1回程度でOK。日当たりの良い場所が好き。花が咲く種類もある。
サンスベリア:耐陰性と耐乾性が高く、水やりは月に1~2回でOK。空気清浄効果もある。
ワイヤープランツ:茎が針金のように細く、葉が小さく可愛らしい。日当たりの良い場所が好き。水耕栽培もできる。
エアプランツ:土を必要としない珍しい植物。水やりは週に2~3回、霧吹きで葉に水をかけるだけ。色々な飾り方ができる。

 

中型の観葉植物

中型の観葉植物は、床やテーブルなどに置いて楽しむことができます。以下のような種類があります。

モンステラ:深い切れ込みの入った葉がエキゾチック。耐陰性があり、水やりは土が乾いたらでOK。インテリアにも合う。
パキラ:幸運を呼ぶと言われる「財発樹」。手のような形の葉が特徴的。乾燥や寒さに強く、水やりは月に1~2回でOK。
カポック:丈夫な観葉植物の代表格。日当たりの良い場所が好き。水やりは土が乾いたらでOK。病害虫にも強い。
ポトス:つる性の観葉植物で、吊るして飾るとおしゃれ。耐陰性と耐乾性が高く、水やりは土が乾いたらでOK。空気清浄効果もある。

 

大型の観葉植物

大型の観葉植物は、部屋の隅や玄関などに置いて楽しむことができます。以下のような種類があります。

ガジュマル:生命力が強く、剪定してもすぐに葉が生える。日当たりの良い場所が好き。風水では繁栄や長寿のシンボル。
ドラセナ:色や形が豊富で、インテリアにも合う。耐陰性があり、水やりは土が乾いたらでOK。空気清浄効果もある。
ヤシの木:南国の雰囲気を演出できる。日当たりの良い場所が好き。水やりは土が乾いたらでOK。乾燥に注意。
フィカス:葉の色や形が多彩で、見た目にも楽しめる。耐陰性があり、水やりは土が乾いたらでOK。病害虫に注意。

 

以上が、園芸初心者にも育てやすい観葉植物についてのご紹介です。
どれも基本的な育て方は簡単なので、気に入った植物を選んでみてください。

[quads id=1]

 

「「観葉植物」と「植物」の大きな違い。花は含まれるの?」についてのまとめ

「観葉植物」と「植物」の違いについては、観葉植物は植物の一種であり、花や葉が美しく見えるように育て、
観賞することを目的としたものを指します。

植物は多き意味での「植物」で、広くを網羅しています。

観葉植物は、花だけでなく葉の形や、鉢を含めた全体のシルエット、葉の付き方など、良く観察すると様々な違いがあり、
楽しめるポイントもたくさんあります。

是非園芸店や園芸コーナーを除いてみて、お気に入りの観葉植物を見つけてみるのも楽しいかと思いますよ。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です