うどんこ病は放置しても大丈夫?人体に影響はあるの?

うどんこ病には放置しても大丈夫なのでしょうか?

畑で野菜を育てていたり、園芸が趣味だったりすると、必ずと言っていいほど直面する問題が「うどんこ病」です。
うどんこ病とは、葉にうっすらと白い斑点ができてしまう植物の病気で、
カビの一種である寄生菌が植物の歯やつぼみなどに寄生した状態です。

見た目は悪くなるし、植物も何だか元気が無くなるし、かからないに越したことは無いですよね。

このうどんこ病、放置していても大丈夫なのでしょうか?
うどんこ病について調べてみると、「よく植物化がかかる風邪のようなもの」だという方もいます。
また、うどんこ病は人体への影響はあるのでしょうか?

今日はそんなうどんこ病について、放置していても大丈夫なのか、
人体への影響はあるのか調べてきました。
うどんこ病に一度でも悩まされたことがある方は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

うどんこ病は放置しても大丈夫?

うどんこ病は、放置しても自然治癒する病気ですが、その場合は時間がかかりますし、他の植物に感染する可能性もあります。
早期発見と早期対処が大切です。
うどんこ病の治療方法は、以下のようなものがあります。

・自作のスプレーを散布する。 酢や重曹を水で薄めた溶液をスプレーボトルに入れて、白くなった部分に吹きかけます。 酢や重曹の酸性やアルカリ性がカビに効果を示します。

・農薬や殺菌剤を散布する。 うどんこ病に効果的な薬剤は、トリフミン2やカリグリーン3などがあります。 ただし、植物や菌の種類によっては効かないこともあるので、注意してください。

・病変を切り取る。 うどんこ病が進行してしまった場合は、白くなった葉や茎を切り取って処分します。 これにより、被害の拡大を防ぎます。

 

うどんこ病は予防することもできます。 予防方法としては、以下のようなものがあります1。

・植物の株や葉を整理して、日当たりと風通しを良くする。
・土の水はけを良くして、適度な湿度を保つ。
・窒素肥料は控えめにし、カリウム肥料を与える。
・発生しやすい時期には、農薬や殺菌剤を定期的に散布する。

以上が、うどんこ病の原因と治療方法です。
植物の健康を守るためにも、定期的に様子を見て、早めに対策をとりましょう。

 

最悪のケースになる場合もある

うどんこ病は、カビの一種が植物に感染して起こる病気で、葉や茎に白い粉のようなものが付きます。
このカビは、植物の細胞内の栄養分を吸収して、植物の光合成を妨げます。
そのため、うどんこ病を放置していると、以下のような影響が出る可能性があります。

 

植物の生育が悪くなる:

カビによって栄養分が奪われると、植物は成長が遅くなったり、花や実がつかなかったりします。
例えば、イチゴでは果実の肥大が抑制されたり、甘みが減ったりします。

 

植物の葉や茎が黄色くなったり、枯れたりする:

カビによって光合成ができなくなると、植物は葉や茎に色素を作れなくなります。
その結果、葉や茎は黄色くなったり、枯れたりします。
ひどい場合は、植物全体が枯死することもあります。

 

植物の抵抗力が低下する:

カビによって植物は弱ってしまいます。
そのため、他の病気や害虫に感染しやすくなります。
例えば、イチゴではアブラムシやハダニなどの害虫に被害を受けやすくなります。

 

うどんこ病ってどんな病気?

うどんこ病とはどんな病気なのでしょうか?
それが分かれば、放置していても大丈夫なのかも分かってくるかもしれません。

 

うどんこ病の症状

うどんこ病とは、植物の葉や茎に白い粉のようなカビが生える病気です。
その名前は、うどん粉(小麦粉)を振りかけたような見た目からつけられました。

この病気は、糸状菌というカビの一種が原因で起こります。
糸状菌は、土や落ち葉の中に潜んでいて、胞子という微小な粒子を飛ばして植物に感染します。

 

うどんこ病の原因

うどんこ病は、湿度が低くて乾燥した環境で発生しやすいのが特徴です。
梅雨や真夏の高温多湿な時期にはあまり見られませんが、春や秋の乾燥した時期に多く発生します。
また、日当たりや風通しの悪い場所では、カビが増殖しやすくなります。

 

うどんこ病のにかかりやすい植物

うどんこ病にかかりやすい植物は、ウリ科の野菜(カボチャ、キュウリ、ゴーヤなど)やイチゴなどがあります。
これらの植物は、窒素肥料を多く与えると葉が柔らかくなり、カビに感染しやすくなります。
また、葉が密集していると風通しが悪くなり、カビが繁殖しやすくなります。

以上が、うどんこ病の原因と特徴についての説明です。
次に、うどんこ病の対策と治療方法についてお話しします。

 

うどんこ病が発生してしまったら

うどんこ病にかかってしまったとき、治療方法どんなものが有効なのでしょうか?

 

うどんこ病の治療方法

うどんこ病の治療方法は、以下のようなものがあります。

 

自作のスプレーを散布する:

酢や重曹を水で薄めた溶液をスプレーボトルに入れて、白くなった部分に吹きかけます。
酢や重曹の酸性やアルカリ性がカビに効果を示します。

 

農薬や殺菌剤を散布する:

うどんこ病に効果的な薬剤は、トリフミンやカリグリーンなどがあります。
ただし、植物や菌の種類によっては効かないこともあるので、注意してください。

 

病変を切り取る:

うどんこ病が進行してしまった場合は、白くなった葉や茎を切り取って処分します。
これにより、被害の拡大を防ぎます。

 

うどんこ病の治療手順

治療方法の手順は、以下のようになります。

・まず、自作のスプレーか農薬・殺菌剤のいずれかを選びます。 自作のスプレーは安全で安価ですが、効果が弱い場合があります。 農薬・殺菌剤は効果が高いですが、植物や人体に影響を与える可能性があります。

・次に、散布する前に植物を水洗いします。 これは、カビの胞子を落とすためです。 水洗いした後は、植物を乾かします。

・次に、散布する溶液を作ります。 自作のスプレーの場合は、酢と水を1:10の割合で混ぜたものか、重曹と水を1:50の割合で混ぜたものを用意します。 農薬・殺菌剤の場合は、製品に記載されている使用量と希釈率に従って溶液を作ります 。

・次に、散布する溶液をスプレーボトルに入れて、白くなった部分に均一に吹きかけます。 吹きかける際は、風向きに注意してください。 目や皮膚にかからないように気をつけてください。

・最後に、病変がある部分は切り取って処分します。 切り取った部分は焼却するか袋に入れて捨てます。 切り取った後は、刃物や手袋などを消毒します。

以上が、うどんこ病の治療方法と手順です。
治療後も定期的に様子を見てください。 カビが再発したら、再度散布してください。
うどんこ病は予防することもできますので、予防方法も参考にしてください。

 

うどんこ病は人体への影響はあるの?

うどんこ病は人体には影響しません。 うどんこ病の原因菌は植物に寄生するカビで、人体には感染できないからです。
ただし、うどんこ病にかかった植物を食べると、カビの胞子や毒素が体内に入る可能性があります。
これは、食中毒やアレルギーなどの原因になることがあります。

うどんこ病のメカニズムは、以下のように説明できます。
まず、カビの胞子が風に乗って植物の葉や茎に付着します。

次に、胞子が発芽して菌糸を伸ばし、植物の表面を覆います。
このとき、菌糸は植物の細胞壁を貫いて細胞内に侵入し、細胞内の栄養分を吸収します。
これにより、植物は光合成ができなくなり、生育不良や枯死に至ります。

以上が、うどんこ病の人体への影響とメカニズムについての説明です。
うどんこ病にかかった植物は食べないようにしましょう。
また、うどんこ病を予防するためには、適切な肥料や水やりを行い、風通しの良い環境を作ることが大切です。

 

うどんこ病が発生しないための予防策

うどんこ病を発生させないためには、以下のようなことに気を付けるといいです。

・同じ種類の植物をたくさん並べない。 うどんこ病は胞子が風によって飛んで感染するので、同じ種類の植物が近くにあると感染しやすくなります。

・窒素分が多い肥料を少なめにする。 窒素分が多いと植物の葉が柔らかくなり、カビに感染しやすくなります。 カリウム分が多い肥料を与えると、植物の抵抗力が高まります。

・マルチングをして土や泥の跳ね返りを防ぐ。 土や泥が跳ね返ると、カビの胞子が植物に付着しやすくなります。 マルチングは土の水分を保持する効果もあります。

・風通しの良い場所で育てる。 うどんこ病は乾燥した環境で発生しやすいので、風通しの良い場所で育てると湿度が上がり、カビの活動が抑えられます。 葉が密集しすぎないように、間引きや剪定も行います。

・日当たりの良い環境で育てる。 日光に当たるとカビの胞子が死滅しやすくなります。 光合成も促進されて植物の健康が保たれます。

事前に散布する薬剤としては、カリグリーンやサプロール乳剤などが効果的です。
これらは有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺菌剤で、カビに対してアルカリ性や酸性の作用を与えます。
散布する際は、製品に記載されている使用量と希釈率に従って溶液を作り、白くなった部分に均一に吹きかけます。

散布するタイミングは、うどんこ病が発生しやすい春や秋の乾燥した時期に定期的に行います。

以上が、うどんこ病を発生させないために気を付けることと事前に散布する薬剤についての説明です。
うどんこ病は早期発見と早期対処が大切です。
植物の健康を守るためにも、定期的に様子を見てください。

 

うどんこ病の予防に効果的な市販の薬剤

うどんこ病の予防に効果的な市販の薬剤は、いくつかの種類があります。
一般的には、カビに対してアルカリ性や酸性の作用を与える薬剤がおすすめです。
例えば、以下のような薬剤があります。

 

カリグリーン:

有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺菌剤で、炭酸水素塩と硫酸銅を主成分としています。
カビの胞子にアルカリ性の作用を与えて防除します。

 

ダコニール:

ベンゾイミダゾール系の殺菌剤で、クロロタロニルを主成分としています。
カビの細胞壁に酸性の作用を与えて防除します。

 

サプロール乳剤:

アニリノピリミジン系の殺菌剤で、ピロキシストロビンを主成分としています。
カビの呼吸鎖に作用して防除します。

 

これらの薬剤は、うどんこ病が発生しやすい春や秋の乾燥した時期に定期的に散布することで予防効果が高まります。
散布する際は、製品に記載されている使用量と希釈率に従って溶液を作り、白くなった部分に均一に吹きかけます。

吹きかける際は、風向きに注意してください。
目や皮膚にかからないように気をつけてください。

 

うどんこ病にかかりやすい植物

うどんこ病にかかりやすい植物について、園芸種・野菜類・果樹類に分けて説明します。

 

園芸種

園芸種では、シクラメン、ベゴニア、カトレア、パンジー、クレマチス、クリスマスローズなどの観賞用の草花や、
ローズマリー、ラベンダー、ミント、ディル、チャイブ、バジル、カモミールなどのハーブ類がうどんこ病にかかりやすいです。
これらの植物は、風通しや日当たりをよくして、適度な水やりと肥料を与えることで予防できます。

 

野菜類

野菜類では、キュウリ、トマト、メロン、カボチャ、ズッキーニ、ナス、オクラなどのウリ科やナス科の野菜や、
イチゴなどがうどんこ病にかかりやすいです。
これらの野菜は、マルチングをして泥はねを防ぎ、下葉を取り除いて風通しを良くすることで予防できます。

また、重曹スプレーや殺菌剤を定期的に散布することも効果的です。

 

果樹類

果樹類では、ブドウや柿、ブルーベリー、ジューンベリーなどがうどんこ病にかかりやすいです。
これらの果樹は、適宜剪定したり葉を間引いたりして風通しを良くしましょう。
また発症した場合は葉を取り除き、新たな感染源とならないように処分しましょう。

 

うどんこ病の菌は残り続ける?

うどんこ病に一回かかってしまうと、治ったように見えても菌が残り続けるかどうかは、病原菌の種類や植物の種類、栽培環境などによって異なります。
一般的には、うどんこ病の菌は植物の表面で繁殖するため、葉や茎を切り取ったり、殺菌剤を散布したりすることで除去できる場合が多いです。

しかし、中には植物の細胞内に侵入して生き残る菌もあります。
例えば、イチゴのうどんこ病の原因菌は、冬季に植物の根や茎の基部に潜伏して越冬し、春になると再び発症することがあります。
このような場合は、根や茎の基部を切り取るか、抵抗性のある品種を選ぶことが必要です3。

したがって、うどんこ病にかかった植物は、一見治ったように見えても再発する可能性があるので注意が必要です。
定期的に様子を見て、発生初期に対処することが大切です。
また、予防法としては、風通しや日当たりを良くしたり、窒素肥料を控えめにしたりすることが効果的です。

 

うどんこ病の原因となる病原菌の種類

うどんこ病の原因となる病原菌の種類についてお答えします。
うどんこ病の原因菌は、ウドンコカビ科というカビの一種で、子嚢菌と呼ばれる菌類に属します。
その中でも、植物の種類によって異なる菌が感染します。

例えば、以下のような菌があります。

ブドウのうどんこ病の原因となる菌:Erysiphe necator(またはUncinula necator)
麦類のうどんこ病の原因となる菌:Blumeria graminis
モモのうどんこ病の原因となる菌:Sphaerotheca pannosa
イチゴのうどんこ病の原因となる菌:Sphaerotheca humuli
トマトのうどんこ病の原因となる菌:Oidium lycopersici
キュウリのうどんこ病の原因となる菌:Erysiphe polygoniおよびSphaerotheca cucurbitae
バラのうどんこ病の原因となる菌:Sphaerotheca pannosaおよびUncinula simulans
クワのうどんこ病の原因となる菌:Phyllactinia moricola

これらの菌は、胞子という微小な粒子を飛ばして植物に感染し、葉や茎に白い粉のようなカビを生やします。
冬になると、有性生殖を行って黒い粒状の子実体を形成し、越冬します。

以上が、うどんこ病の原因となる病原菌の種類についての説明です。

[quads id=1]

 

「うどんこ病は放置しても大丈夫?人体に影響はあるの?」についてのまとめ

うどんこ病は、放置していても治ることもありますが、最悪の場合には植物が枯れてしまうこともあり得ます。
植物の状態を日々観察し、うどんこ病の部分が減少していることが見られるようであれば、そのまま放置して様子を見ても良いかもしれません。
もし、うどんこ病の部分が急速に拡大しているようであれば、すぐに処置をした方が良いでしょう。

また、他の植物に感染することも考えられるので、できれば対策をした方が良いのではないかと思います。

大切にしている植物がうどんこ病にかかってしまうと、その見慣れない姿から心配になってしまいますが、植物と携わっているとよく見る病気です。
適切な治療法と、予防を理解し、植物の様子を良く観察し、上手く付き合っていくことが大切なのではないでしょうか。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です