車に乗ると眠くなる現象「高速道路催眠現象」ってなに?

車に乗ると眠くなる現象を感じたことはありますか?
この現象は、「高速道路催眠現象」と呼ばれ、運転者は十分な睡眠を取ったにもかかわらず、眠気を催してしまう原因として
多くの人を悩ませています。

では、この車に乗ると眠くなる現象である「高速道路催眠現象」を抑えることはできるのでしょうか?
今日はそんな、疑問について詳しく見ていきます。

これから車で遠出をする予定のある人や、「車になるとなぜか眠くなる。毎回この現象が起きる。」、
「高速道路催眠現象を聞いたことあって、何となくそれを感じている」という人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

車に乗ると眠くなる現象「高速道路催眠現象」ってどんな現象?

車に乗ると眠くなるのは、いくつかの原因があります。
一つは、車の振動が脳を刺激して、睡眠を促すことです。

もう一つは、直線道路や変化のない景色が、脳の意識を低下させることです。
これらの現象は、「高速道路催眠現象」と呼ばれています。また、疲れや体調不良、薬の服用なども眠気の原因になります。

眠気を覚ます方法としては、アロマの香りを嗅いだり、窓を開けて外の空気にあたったり、
ガムを噛んだり歌ったりして口を動かしたりすることが効果的です。

また、定期的に休憩をとって、良質な睡眠を心がけることも大切です。
カフェインの摂取も眠気を抑える効果がありますが、過剰摂取は控えましょう。

 

「高速道路催眠現象」とは

「高速道路催眠現象」は、高速道路を走行中に運転者が眠気や意識の低下を感じる現象です。
この現象のメカニズムについては、以下のような説明があります。

・高速道路はカーブや信号が少なく、一定の速度で走行することが多いため、運転操作が単調になります。このとき、脳は自動的に運転を行うようになり、意識レベルが下がります。これは、脳が省エネルギーのために無駄な情報を排除する働きをするためです。

・高速道路では、景色や音などの刺激が少なく、同じような風景が続きます。これにより、視覚や聴覚の感覚が鈍くなり、眠気を誘発します。また、夜間や暗いトンネルでは、暗闇に目が慣れてしまい、視野が狭くなります。これも眠気の原因となります。

・高速道路では、車の振動やエンジン音などがリズミカルに繰り返されます。これらの音や振動は、脳波をα波やθ波に変化させる効果があります。α波やθ波は、リラックスした状態や睡眠の入り口にある状態を表します。そのため、高速道路で走行すると、催眠状態に近い状態に陥りやすくなります。

以上のように、「高速道路催眠現象」は、高速道路の特徴的な環境や運転操作が、脳や感覚器官に影響を与えることで起こる現象です。
「高速道路催眠現象」に陥ると、居眠り運転や事故のリスクが高まりますので、注意が必要です。

 

眠くなるのは車に乗った時の何が原因?

車に乗った時に、眠気の要因になるのはどんなものなのでしょうか?

 

・振動:

車に乗ると、車のエンジンやタイヤなどから振動が発生します。
この振動は、脳や身体に影響を与えます。

振動は、脳の血流を増やし、脳内の酸素や栄養素を運ぶことで、脳を活性化させます。
しかし、一定のリズムで続く振動は、逆に脳をリラックスさせて眠気を誘発します。これは、振動が脳波に影響を与えるためです。

 

・音:

車に乗ると、エンジン音や風切り音などの音が聞こえます。
この音も、脳や感覚器官に影響を与えます。
音は、聴覚から入ってきた情報を脳が処理することで、注意力や集中力を高めます。

しかし、一定のリズムや周波数で続く音は、逆に聴覚の感覚を鈍らせて眠気を誘発します。
これは、音が脳波に影響を与えるためです。

 

・周波数:

車に乗ると、振動や音などが発生する周波数があります。
この周波数も、脳や身体に影響を与えます。周波数は、人間の自然なリズムと同調することで、心拍数や呼吸数などを調整します。
しかし、一定の周波数で続く刺激は、逆に自然なリズムを乱して眠気を誘発します。

これは、周波数が自律神経に影響を与えるためです。

 

・景色:

車に乗ると、道路や風景などの景色が目に入ります。
この景色も、脳や感覚器官に影響を与えます。

景色は、視覚から入ってきた情報を脳が処理することで、判断力や記憶力を高めます。
しかし、一定のパターンや色彩で続く景色は、逆に視覚の感覚を鈍らせて眠気を誘発します。
これは、景色が注意散漫にさせるためです。

 

以上のように、車に乗った時の眠気の要因は、振動・音・周波数・景色などの刺激が、脳や感覚器官に様々な影響を与えることで起こります。
「高速道路催眠現象」は、これらの要因が重なって現れる現象です。
「高速道路催眠現象」に陥ると、居眠り運転や事故のリスクが高まりますので、注意が必要です。

 

「高速道路催眠現象」が起きた時にはどうしたらいいの?

「高速道路催眠現象」が起きた時には、以下のような対策をとることがおすすめです。

 

「高速道路催眠現象」が起きた時の4つの対策

・①まずは、安全な場所に車を停めて、休憩をとりましょう。高速道路では、2時間に1回は休憩をとることが重要です。休憩中には、ストレッチや散歩などで身体を動かしたり、水分や栄養補給をしたりしましょう。

・②次に、カフェインを含む飲み物を飲んで、眠気を覚ましましょう。カフェインには、中枢神経を刺激して眠気を抑える効果があります。カフェイン摂取後に20分程度仮眠すると、相乗効果が期待できます。

・③また、窓を開けて外の空気にあたったり、アロマの香りを嗅いだりして、脳に酸素や刺激を与えましょう。これらの方法は、脳の酸欠状態を防いで意識を高める効果があります。

・④さらに、ガムを噛んだり歌ったりして口を動かしたり、ラジオや音楽などで聴覚に刺激を与えたりしましょう。これらの方法は、感覚器官を活性化させて眠気を防ぐ効果があります。

 

以上のように、「高速道路催眠現象」が起きた時には、休憩やカフェイン摂取などの方法で眠気を覚ましましょう。
また、「高速道路催眠現象」を予防するためには、運転前に十分な睡眠や食事をとることや、運転中に景色や速度などに変化をつけることも大切です。

 

即効性があって、本当に効果のある眠気覚まし3選

世の中には色々な目覚まし方法がありますが、即効性があって、本当に効果のある目覚まし方法が以下になります。

 

・冷たい水を顔や首にあてる:

この方法は、冷たい水で刺激を受けることで、脳を活性化させる交感神経が働き、眠気を解消できるというものです。
朝の洗顔やシャワーなどで簡単に実践できます。冷却シートや冷たい飲み物などを使うとさらに効果的です。

 

・ガムを噛む:

この方法は、ガムを噛むことで脳が刺激され、覚醒が促されるというものです。
味はミントなどの刺激系を選びましょう。
カフェインが入っているものだとより効果があります2。ガムの代わりに、スルメなど噛みごたえのあるものでも脳の刺激に良いでしょう。

 

・耳を引っ張る:

この方法は、耳には数多くのツボが集中しており、頭に近い場所にあるので脳への刺激によって眠気覚ましが期待できるというものです。
少し強めに、上下・左右・斜めさまざまな方向に耳を引っ張ってみましょう。
痛覚を刺激するなら、太ももや二の腕といった痛みを感じやすい場所を軽くつねるという方法もあります。

以上のように、冷たい水を顔や首にあてる、ガムを噛む、耳を引っ張るという3つの方法は、
即効性があって、本当に効果のある目覚まし方法です。

[quads id=1]

 

「車に乗ると眠くなる現象「高速道路催眠現象」」についてのまとめ

車に乗ると眠くなる現象は「高速道路催眠現象」と呼ばれ、多くの人に現れる現象です。
「自分だけかな」と心配しなくていいのは少し安心ですね。

高速道路の振動・音・周波数・景色など、色々なものが体に作用して眠くなってしまうというものです。

この「高速道路催眠現象」になった時の対処法として、休憩を取ったり、カフェインを取ったり、場合によっては即効性のある方法を試してみると、
眠気がスッと引いていくかもしれません。
それでも眠い場合は単純に睡眠不足の可能性があるので、眠気を我慢しながらすぐに帰って、しっかりと休息を取りましょう。

車に乗ると眠くなる現象である「高速道路催眠現象」と上手く付き合って、車を乗ることへの抵抗が少し手も軽くなると良いですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です