柚子の「とげ」はなぜあるの?刺さった時の腫れの対処法。

柚子のとげはなぜあるのでしょうか?

普段、スーパーなどで売っている柚子を見ても、とげが生えている感じは全くありませんよね。
むしろ、柚子のぷくっとしたフォルムと香りに癒される人の方が多いのではないかと思います。

しかし、柚子の木には長いとげが生えており、近づく人の手を傷つけることもしばしばあります。

柚子はなぜとげが生えているのでしょうか?
長いとげを生やして、なにから身を守る必要があるのでしょうか?
柚子のとげには毒はあるのでしょうか?

今日はそんな、柚子のとげの疑問について詳しく見ていきます。
柚子のとげに刺さってしまったときの対処法も記載していますので、是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

柚子の「とげ」はなぜあるの?

柚子のとげは、植物が自分を守るために持つ武器の一種です。
柚子は柑橘類の中でもとげが多くて鋭いですが、それは動物から食べられないようにしたり、
乾燥や寒さから身を守ったりするためだと考えられています。

柚子のとげは葉が変化したもので、葉は光合成や蒸散という重要な働きをします。
しかし、葉は水分や栄養素が必要で、乾燥や寒さに弱いです。
そこで、柚子は葉の一部をとげに変えて水分や栄養素の消費を減らし、蒸散を抑えることで乾燥に強くなりました。

また、とげに変わった葉は厚くて硬くなり、動物が噛みつきにくくなりました。
これによって、柚子は動物から自分の果実や枝を守ることができます。

柚子は日本の風土に合った果樹として古くから栽培されていますが、人間が管理する場所ではとげは必要ありません。
むしろ、とげは収穫や作業の際に邪魔になり、怪我や果実の傷つきの原因になります。
そこで、農家さんはとげを剪定して取り除いたり、とげの少ない品種を選んだりしています。

柚子のとげは植物の生存戦略の一つであり、自然界では役割がありますが、
人間との関係ではデメリットが多いです。

しかし、柚子はその香りや味や色で私たちに季節感や楽しみを与えてくれます。
柚子のとげもその一部であり、柚子の個性だと思えば愛おしく感じるかもしれません

 

とげの長さは〇㎝

柚子のとげは、植物が自分を守るために持つ武器の一種で、葉が変化したものです。
柚子のとげは、短いものでも3cmほど、長いものなら5cm以上になる場合があります。

しかも先端が本当に細くとがっている上に硬めなので、厚手のゴム手袋や地下足袋を突き抜けることがあるほどです。
緑色をしていて、枝が混んでいる場所では、周りの緑にまぎれてしまい、うっかりすると大ケガをすることもあります。

 

柚子を食べる動物

柚子はミカン科ミカン属の常緑小高木で、柑橘類の一つです。

果実の酸味と香りが好まれて、日本では主に果皮を料理の香りづけに使います。
柚子は日本の風土に合った果樹として古くから栽培されていますが、
人間以外にも柚子を食べる動物がいることをご存知でしょうか?

柚子を食べる動物には、主に鳥類や哺乳類があります。
鳥類では、カラスやヒヨドリなどの雑食性の鳥が柚子の果実や種子を食べます。
特にカラスは、柚子の果皮を剥いて果肉を食べることが観察されています。
また、ツグミやウグイスなどの果実食の鳥も柚子を食べることがあります。

哺乳類では、イノシシやシカなどの野生動物が柚子の果実や葉を食べます。
特にイノシシは、柚子畑に侵入して大きな被害を与えることがあります。

また、カピバラやウサギなどのペットとして飼われる動物も柚子を食べることができます 。
ただし、柚子は酸味が強く、人間と同じように好みが分かれるかもしれません。

柚子は植物としても動物としても魅力的な果物ですが、その分食害にも注意しなければなりません。
柚子畑を守るためには、防鳥網や電気柵などの対策が必要です。
また、ペットに柚子を与える場合は、適量であることやアレルギーなどの健康状態に気を付けることが大切です。

柚子はその香りや味や色で私たちに季節感や楽しみを与えてくれます。
しかし、私たちだけでなく他の動物も柚子を食べたいと思っているかもしれません。

 

柚子の「とげ」は除去しても良いの?

柚子のとげは、切ってしまっても問題ありません。
特に実のつく付近は、摘果や収穫の作業で手を入れる機会が増えるので、トゲを取り除いておいた方が楽になります。
トゲをそのまま残しておくと、風で枝が揺れた時、トゲによって実が傷つけられることがあります。

鋭い先端だけを切っても良いですが、風によって実が揺れ、残ったトゲに当たって傷つくことを考えれば、
トゲを根本から切り取った方が良いでしょう。

また、トゲの少ない品種もあります。
花ユズ(ハナユズ、一才ユズ)と呼ばれる品種は、トゲがもともとありません。
多田錦という品種はトゲが少ない品種です。

ホームセンターなどで「トゲなしユズ」という名前で販売されているユズもあります。
これらの品種は果実がやや小さく、香りが僅かに劣るとされていますが、
果汁はたっぷりとれて花も添え物として利用できます。

 

柚子の「とげ」には毒がある?

柚子のとげには毒がありません。
柚子は柑橘類の中でもとげが多くて鋭いですが、それは動物から食べられないようにしたり、
乾燥や寒さから身を守ったりするためだと考えられています。

柚子のとげは葉が変化したもので、葉は光合成や蒸散という重要な働きをします。
しかし、葉は水分や栄養素が必要で、乾燥や寒さに弱いです。
そこで、柚子は葉の一部をとげに変えて水分や栄養素の消費を減らし、蒸散を抑えることで乾燥に強くなりました。

また、とげに変わった葉は厚くて硬くなり、動物が噛みつきにくくなりました。
これによって、柚子は動物から自分の果実や枝を守ることができます。

柚子のとげに刺されると痛いですが、毒性はありません。
しかし、とげが皮膚の中に残ってしまうと、炎症や感染の原因になる可能性があります。
その場合は、消毒液や抗生物質を塗って清潔に保ち、必要なら医師に相談してください。

また、トゲが刺さった部分が赤く腫れたりかゆくなったりする場合は、アレルギー反応の可能性もあります。
その場合は抗ヒスタミン剤を服用したり冷やしたりして症状を和らげてください。

 

柚子の「とげ」に刺さって腫れてしまったときの対処法

柚子のとげに刺さると痛いですが、毒性はありません。
しかし、とげが皮膚の中に残ってしまうと、炎症や感染の原因になる可能性があります。
その場合は、消毒液や抗生物質を塗って清潔に保ち、必要なら医師に相談してください。

また、トゲが刺さった部分が赤く腫れたりかゆくなったりする場合は、アレルギー反応の可能性もあります。
その場合は抗ヒスタミン剤を服用したり冷やしたりして症状を和らげてください。

柚子のとげを自分で抜くこともできますが、注意が必要です。
以下の方法を参考にしてみてください。

 

ピンセットを使う方法:

消毒したピンセットでトゲの先端をつまんで抜きます。
トゲが深く刺さっている場合は、消毒した針で皮膚を少し掘ってトゲの先端を出します。

 

テープを使う方法:

マスキングテープやダクトテープなどでトゲの上を覆って押さえ、トゲが刺さった方向に沿ってテープを剥がします。
細かいトゲや繊維ガラスなどに効果的です。

 

接着剤を使う方法:

木工用ボンドなどの接着剤でトゲとその周辺を覆って乾かし、トゲが刺さった方向に沿って接着剤を剥がします。
棘が見えない場合に有効です。

[quads id=1]

 

「柚子の「とげ」はなぜあるの?刺さった時の腫れの対処法。」についてのまとめ

柚子には最大5㎝程にもなる長いとげがあり、そのとげは動物から食べっれることを防ぐために、葉が発達したものです。
しかしそれは自然界にいる柚子の話で、庭木や農作物として育てられている柚子のとげはデメリットの方が多く、
切ってしまっても悪影響はほぼ無いです。

また、柚子のとげには毒はありません。
刺さった時のとげが皮膚の中に残ると炎症になる場合もありますが、そうなってしまった場合は冷やしたり、
医師に相談することをおすすめします。
また、アレルギー反応を疑った方が良いかもしれません。

柚子は、その香りと見た目で癒しを与えてくれ、その香りにはリラックス効果が期待できます。
木になっている時はその実を守るために長いとげを生やしていることを想像すると、
柚子の香りや見た目が更に愛おしく感じられるのではないでしょうか。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です