隣の部屋がうるさくて寝れない時5つの効果的な対処法。

隣の部屋がうるさくて寝れない時、ありませんか?
隣の人と休日が違ったり、帰宅時間・寝る時間・起きる時間などの生活リズムが違ったりすると、自分自身と寝ている時間がズレてしまい、
自分が寝ようと思ったときに隣の部屋の生活音がうるさいと感じてしまいます。

自分が寝たいときに寝れないと、日中の活動パフォーマンスが大きく落ちてしまうし、
寝れない日が長く続くと、日中に眠くてしょうがなくなるなど生活に支障をきたしてしまうこともあります。

隣の部屋がうるさくて寝れない時もはどの様な対策があるのでしょうか。
今日は、そんな隣の部屋がうるさくて寝れない時の効果的な対処法を5つ紹介します。

自分の部屋だけでできる、効果のある対策を紹介していますので是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

隣の部屋がうるさくて寝れない時の5つの対処法

隣の部屋がうるさくて寝れない時は以下の対処法をおすすめします。

 

耳栓をする:

これは最も簡単で安価な方法です。
耳栓をすることで、隣の部屋から聞こえる音を遮断し、静かに眠ることができます。
耳栓はドラッグストアやネット通販で購入できます。

 

耳栓はどのくらい騒音を軽減できるの?

耳栓は、騒音を遮断する効果がありますが、その効果は耳栓の種類や素材、装着方法などによって異なります。
一般的には、耳栓の遮音性は「減衰値」という数値で表されます。
減衰値とは、耳栓をしている時としていない時の音の強さの差を示すもので、単位はデシベル(dB)です。

例えばある耳栓が「4000Hz」の周波数での音の減衰値が「36.0dB」だとすると、
これは「4000Hz の周波数で 100dB の騒音を 64.0dB まで下げる」ことを意味します。
(100dB-36.0dB=64.0dB)

減衰値は周波数によっても変わります。
一般的には、高い周波数の音ほど低い周波数の音よりも遮音しやすい傾向があります。

また、減衰値は耳栓の形や素材によっても変わります。
例えば、フォームタイプの耳栓は柔らかくて遮音性が高い傾向がありますが、シリコン粘土タイプの耳栓は水に強くて防水効果が高い傾向があります。

耳栓を選ぶ際には、使用するシーンや目的に合わせて減衰値や素材をチェックすることが大切です。
また、耳栓を正しく装着することも重要です。
耳栓がずれたり隙間ができたりすると、遮音性が低下してしまいます1。

 

大家や管理会社に報告する:

隣の部屋の住人が騒音条例に違反している場合は、大家や管理会社に連絡して注意してもらうことが効果的です。
騒音の日時や内容、いつから続いているかなどを具体的に伝えましょう。

 

大家や管理会社に隣人の騒音を相談するの割合

騒音に対する感受性や対処法は人によって異なりますし、相談した人の数や割合を統計的に調査したデータは無いようです。

しかし、騒音問題は近隣トラブルの中でも最も多いと言われています。
例えば、日本弁護士連合会が2018年に発表した「近隣トラブルに関するアンケート調査」では、
近隣トラブルを経験したことがある人のうち、約6割が「騒音」を挙げています。

また、日本司法支援センター(法テラス)が2019年に発表した「民事法律相談の状況」では、
近隣トラブルに関する相談件数が約5万件で、そのうち約4割が「騒音」に関するものでした。

これらのデータから推測すると、騒音に悩む人は少なくないと考えられます。
しかし、その中でどれだけの人が大家や管理会社に相談するかは不明です。
相談する人もいれば、我慢する人や直接注意する人もいるでしょう。

また、相談しても解決しない場合もあります。

騒音問題は難しい問題ですが、大家や管理会社に相談することは一つの有効な方法です。
第三者を介して注意喚起を行ったり、対策を提案してもらったりすることで、スムーズに解決できる可能性があります。
もちろん、相談する前には自分の主張や証拠を整理しておくことが大切です。

 

防音グッズを買う:

自分の部屋に防音グッズを設置することで、騒音を軽減することができます。
防音マットや防音カーテン、段ボールやスリッパなどがおすすめです。

 

壁に施せる効果的な防音グッズ

壁に施せる防音グッズには、主に以下の3つのタイプがあります。

 

貼るタイプ:

壁に直接貼り付けることで、音の反射や伝達を防ぐグッズです。
吸音材や遮音材と呼ばれるものが多く、ウレタンフォームやポリエステル繊維などの素材が使われています。
貼り付ける際には、壁を傷つけないように注意しましょう。

 

置くタイプ:

壁に立てかけるか、壁との間に挟み込むことで、音の反射や伝達を防ぐグッズです。
吸音パネルや防音マットなどがあり、ロックウールやグラスウールなどの素材が使われています。
設置が簡単で、移動もできるので便利です。

 

挟み込むタイプ:

壁と窓やドアなどの隙間に挟み込むことで、音の漏れを防ぐグッズです。
遮音テープや隙間テープなどがあり、ゴムやシリコンなどの素材が使われています。
隙間風や花粉、害虫などの対策にもなります。

 

手紙を書く:

直接話しかけるのが難しい場合は、手紙を書いてお願いする方法もあります。
手紙は匿名で丁寧に短く書きましょう。

例えば、「近隣の者ですが、夜中のゲームの音に大変迷惑しております。
恐れ入りますが、もう少し近隣へのご配慮をお願い致します」というような内容です。

 

隣の部屋がうるさいときの手紙の例文

隣の部屋がうるさいとき、手紙で隣の人に伝えるための例文をお伝えします。

手紙で隣の人に騒音について注意する場合は、以下の点に注意して書くと良いでしょう。

・匿名で書く。差出人の名前や住所を書かないことで、トラブルや仕返しを避けることができます。
・内容は簡潔にする。長文ではなく、騒音の種類、時間帯、被害状況などを具体的に書きます。
・文体は丁寧にする。感情的にならず、敵意や侮辱を含まない言葉遣いを心がけます。
・改善を求める。騒音を出さないようにお願いするとともに、改善しない場合は管理会社や警察に通報する旨を示唆します。

以上の点を踏まえた例文は以下のようになります。

[例文]

○○様

近隣に住む者です。このたびはお手紙でご連絡させていただきました。

私は毎日夜勤で働いており、昼間に睡眠をとっています。しかし、最近隣の部屋から大きな音楽やテレビの音が聞こえてきて、眠れない日が続いています。特に午後2時から4時の間は非常にうるさく、頭痛や不眠症に悩まされています。

近隣住民への配慮として、昼間でも騒音を出さないようお願いします。もし騒音が改善されない場合は、不本意ではありますが管理会社や警察に通報せざるを得ません。

ご理解とご協力をお願いします。

 

ホワイトノイズを流す。

これは一定の周波数の音を流して、隣の部屋の音と混ぜる方法です。
ホワイトノイズは耳に優しく、睡眠に入りやすくなります。
扇風機やエアコンなどの家電製品や、専用のアプリや機器などで作ることができます。

 

ホワイトノイズってどんな音?

ホワイトノイズとは、様々な周波数の音を同じ強さで混ぜ合わせたノイズのことです。
例えば、テレビの砂嵐や換気扇の音などがホワイトノイズに近いと言えます。
ホワイトノイズは、人間の耳に聞こえるすべての周波数を含んでいるので、白色光がすべての色を含んでいることに例えられます。

ホワイトノイズには、集中力を高めたり、リラックスしたり、眠りを促したりする効果があると言われています。
これは、ホワイトノイズが周囲の音をかき消してくれるからです。

例えば、勉強や仕事をするときに、外から聞こえる騒音や会話などが気になって集中できないときがありますよね。
そんなときに、ヘッドフォンやスピーカーでホワイトノイズを流すと、気が散らなくなります。

また、寝る前にホワイトノイズを聴くと、睡眠の質が向上するという研究もあります。
これは、突然の物音や夢などによって覚醒しないようにする効果があるからです。
特に赤ちゃんや不眠症の人におすすめです。

ただし、ホワイトノイズにもデメリットがあります。
長時間大きな音量で聴くと、脳や聴覚に悪影響を与える可能性があります。
また、個人差もありますので、自分に合った音量や時間を見つけることが大切です。

 

よくある、隣の部屋がうるさくて寝れない時の事例

隣の部屋がうるさくて寝れない時のよくある3つの事例です。

 

事例1:隣の部屋でパーティーを開いている

この事例では、隣の部屋で大勢の人が集まって、音楽や会話、笑い声などが大きな騒音となっています。
特に夜遅くまで続く場合は、睡眠不足やストレスになります。
このような場合は、管理会社や大家に連絡して注意してもらうか、警察に通報することができます。

 

事例2:隣の部屋でゲームをしている

この事例では、隣の部屋でゲーム機やパソコンを使ってゲームをしている人がいます。
ゲームの音や操作音、声や叫び声などが騒音となっています。
特に深夜や早朝に行われる場合は、眠りを妨げられます。

事例3:隣の部屋でペットを飼っている

この事例では、隣の部屋で犬や猫などのペットを飼っている人がいます。
ペットの鳴き声や走り回る音、爪で壁や床を引っ掻く音などが騒音となっています。
特に留守番中や夜間に行われる場合は、気になることが多いです。

隣の部屋がうるさくても絶対にやってはいけないこと

隣の部屋がうるさくても、以下の3つのことは絶対にやらないでください。

 

壁ドンで仕返しする

壁ドンとは、壁をドンドンと叩いて、相手に騒音をやめるように伝える方法です。
しかし、これは逆効果です。壁ドンをすると、相手は怒ってさらに騒音を出したり、仕返しをしたりする可能性があります。
また、壁を傷つけたり壊したりする恐れもあります。

 

大声で怒鳴る

大声で怒鳴ることも、やってはいけないことです。
大声で怒鳴ると、相手は感情的になって話し合いができなくなります。

また、他の住人にも迷惑をかけることになります。
大声で怒鳴ることは、騒音トラブルを悪化させるだけです。

 

感情的になって直接出向く

感情的になって直接出向くことも、やってはいけないことです。
感情的になって直接出向くと、相手とのトラブルがエスカレートする可能性があります。
相手が暴力的だったり、刑事事件に発展したりするケースもあります。

 

充分に睡眠がとれない日が続くと体にどのような事が起きるの?

充分に睡眠がとれない日が続くと体にどのような事が起きるのでしょうか。

睡眠は、私たちの心身の健康を維持するために不可欠な活動です。
睡眠中には、脳や体の疲労を回復し、記憶の整理や学習の定着を行い、免疫力を高めるなどの重要な働きが行われています。

しかし、十分に睡眠がとれない日が続くと、体に様々な悪影響が出てきます。
具体的には、以下のようなことが起きる可能性があります。

 

脳の働きが低下する

睡眠不足は、集中力や判断力、記憶力などの認知機能を低下させます。
また、創造性や問題解決能力も低下します。

さらに、気分が落ち込んだりイライラしたりすることもあります。
睡眠不足は、仕事や学業のパフォーマンスを悪化させるだけでなく、交通事故や職場事故などのリスクも高めます。

 

免疫力が低下する

睡眠不足は、免疫細胞の数や活性を減らし、感染症やガンなどの抵抗力を低下させます。
また、炎症反応を増加させることもあります。

睡眠不足は、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるだけでなく、
アレルギーや喘息などのアトピー性疾患や自己免疫疾患の悪化にもつながります。

 

代謝異常を引き起こす

睡眠不足は、血糖値やインスリン分泌を乱し、食欲ホルモンのバランスを崩します。
これにより、食欲が増加し、肥満や 糖尿病 などの代謝症候群のリスクが高まります。
また、コレステロール値や血圧も上昇し、動脈硬化や心筋梗塞などの循環器疾患のリスクも高まります。

 

ホルモンバランスが乱れる

睡眠不足は、成長ホルモンや性ホルモンなどの分泌を減らします。
これにより、成長や発育に影響を与えるだけでなく、性欲や生殖能力にも影響を与えます。
特に女性では、月経周期や妊娠能力にも影響が出ることがあります。

 

以上のように、睡眠不足は体に多くの悪影響を及ぼします。

[quads id=1]

 

「隣の部屋がうるさくて寝れない時5つの効果的な対処法」についてのまとめ

隣の部屋がうるさくて寝れないと、体に様々な良くない影響が出てきてしまいます。
日中の脳の働きが低下するのも、免疫力が低下するのも、代謝異常を引き起こすのも、ホルモンバランスが乱れるのも、
どれを取っても軽く見てはいけない事で、重大な病気や怪我のきっかけになってしまいます。

壁に防音対策をするのは効果的ですし、耳栓も効果的です。
また、一人でどうにかしようとせずに管理会社に相談するのも一つの手です。
壁をドンドンしたり、感情的になって訴えに行くようなトラブルの元になるようなことは避けた方が良いかと思います。

寝るときはしっかり寝て、体を十分に休めて回復し、パフォーマンスの高い日中を過ごしたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です