入浴剤で睡眠の質を高める。効果抜群の種類と使用方法。

入浴剤で睡眠の質が高められるのは良く知られていますよね。
しかし、いざ売り場に行ってみるとたくさんの種類があり、いったいどれが本当に効果があるのかが分からずに迷ってしまいます。

値段も、1回分のものであればそんなに高くなく買えるのですが、せっかく買うのであれば効果があるものを買いたいですし、
効果があるのかどうかもその入浴剤を何度か試さないと分からない事もあります。

今日はそんな入浴剤について、本当に睡眠の質を高めるのに効果がある種類と、
入浴剤の効果を最大限に高めるための使用方法を見ていきます。

入浴剤で睡眠の質を高めたいと思っているけど、どれが本当に効果のあるものなのか分からないという方は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

入浴剤で睡眠の質を高められるメカニズム

入浴剤を使うと、睡眠の質を高めることができます。
その理由は、入浴剤によって深部体温が上がり、お風呂から上がると深部体温が下がることで、眠気が引き起こされるからです。

深部体温とは、内臓の温度のことで、睡眠のメカニズムに大きく関係しています。
深部体温が高い状態を長く維持できると、疲れを癒やすことができ、代謝や免疫力が上がります3。

入浴剤には色々な種類がありますが、睡眠に効果的なものは以下の3つです。

 

炭酸ガス系の入浴剤:

お湯の中で発生した炭酸ガスが身体に作用し、血管が広がって血行が良くなります。
これによって深部体温を上げやすくなります。
また、自律神経を整えてリラックスさせる効果もあります。

 

バスソルト:

塩化ナトリウムなどの塩類が豊富に含まれており、体の表面に膜を作って放熱を防ぎます。
これによって保温効果が高まり、湯冷めしにくくなります。
寝る前でも体温が下がらず、寝つきが良くなります。

 

薬湯:

薬草や生薬などのエキスを抽出した成分が含まれており、種類によって様々な効果があります。
睡眠に関係するものは温熱効果のあるもので、体を暖めて血行を促進することで深部体温の変化を助けます。

 

以上のように入浴剤は睡眠の質を高めるメカニズムに影響を与えます。
ただし、入浴剤だけでは十分ではありません。
適切な入浴時間や温度、明かりや音なども睡眠に関係します。

入浴剤を使う際は、以下のポイントに注意してください。

・入浴時間は寝る90分前に終えること
・入浴温度はぬるめ(基礎体温プラス2度程度)にすること
・入浴中はスマホやテレビなどを見ないこと
・入浴後はバスローブを着て保温すること

 

本当に睡眠の質を高められる入浴剤

睡眠の質を高める入浴剤は、疲れを取りやすくする炭酸ガス系や、体を温める無機塩類系、保湿効果のあるスキンケア系などがおすすめです。その中でも、私が使ってみて本当に効果のあったオススメの商品5つとその特徴を紹介します。

 

フラワーバスフィザー:

お花の形をした可愛い入浴剤です。
炭酸ガスが発生して血行を良くし、お花の甘い香りでリラックスできます。
プレゼントにも喜ばれそうです。

 

温泡 こだわりゆず:

ゆずの香りが爽やかな入浴剤です。
炭酸ガスが肩こりや疲労を和らげ、ゆずのビタミンCが肌にうるおいを与えます。

 

BARTH:

中性重炭酸泉という特殊な技術で作られた入浴剤です。
キメの細かい気泡が皮膚に密着して温熱効果を高め、乾燥や肌荒れを防ぎます。

 

UYEKI 百薬湯:

生薬から抽出したエキスが配合された入浴剤です。
温泉のような湯色と柑橘系の香りで癒されます。
血流を促進して冷え性や肩こりにも効果的です。

 

エモリカ 薬用スキンケア入浴液:

米胚芽油やセラミドなどの保湿成分が豊富な入浴液です。
肌荒れやしっしんなどにも効果があります。
液体タイプなので溶けやすく、保温効果も高いです。

 

入浴剤の効果を最大限に引き出す入浴方法

入浴剤の効果は、以下の3つのポイントに注意することで高めることができます。

 

入浴時間:

入浴剤を入れたお湯には、2時間以内に入ることがおすすめです。
時間が経つと、有効成分が薄れたり、炭酸ガスが抜けたりして効果が減少します。
また、入浴時間は10〜20分程度にすることで、体への負担を減らすことができます。

 

入浴温度:

入浴温度は38〜40℃程度のぬるめにすることがおすすめです。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、副交感神経が優位になり、リラックスしやすくなります。
また、熱いお湯だと、入浴剤の有効成分が薄れたり、体への負担が大きくなったりします。

 

洗い流し:

入浴剤を使った後はシャワーで洗い流さないようにしましょう。
特に保湿効果のある入浴剤の場合は、肌に保湿成分が残っている状態なので、洗い流すと逆効果になります。
タオルで優しく水分を拭き取る程度にしてください。

以上の方法で入浴することで、入浴剤の効果を最大限に引き出すことができます。

 

粉末入浴剤・バスソルト・固形入浴剤・液体入浴剤の違いについて

粉末入浴剤・バスソルト・固形入浴剤・液体入浴剤の特徴はそれぞれどんなところにあるのでしょうか。

 

粉末入浴剤:

まず、粉末入浴剤とは、無機塩類や炭酸塩などの化合物を粉末状にした入浴剤のことです。
粉末入浴剤の特徴は、以下のようになります。

・温浴効果:粉末入浴剤は、塩類が肌のたんぱく質と結合して膜を形成し、熱の放熱を防ぎます。これによって、保温効果が高まり、湯冷めしにくくなります。また、炭酸塩が溶けると二酸化炭素を発生し、血行を良くします。

・清浄効果:粉末入浴剤は、石鹸と同じように皮膚の汚れを乳化させて落としやすくします。また、あせもやひびなどの皮膚トラブルを和らげる効果もあります。

・コスパ:粉末入浴剤は、大量に入っているものが多く、1回あたりのコストが安いです。また、温泉成分や植物エキスなどを配合したものもあります。

 

バスソルト

次に、バスソルトとは、塩化ナトリウムなどの塩類を主成分とした入浴剤のことです。
バスソルトには、天然塩やエプソムソルトなどの種類があります。
バスソルトの特徴は、以下のようになります。

・保温効果:バスソルトは、塩分濃度が高いと、体の表面に膜ができて放熱を防ぎます。これによって、湯冷めしにくくなります。

・浸透圧効果:バスソルトは、塩分濃度が高いと、体内の水分が外に出やすくなります。これによって、老廃物や余分な水分を排出しやすくなります。

・ミネラル補給:バスソルトは、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが含まれています。これらのミネラルは、肌や髪の健康に必要です。

 

固形入浴剤

次に、固形入浴剤とは、粉末や錠剤などの固体状の入浴剤のことです。
固形入浴剤には、炭酸入浴剤や泡入浴剤などの種類があります。
固形入浴剤の特徴は、以下のようになります。

・炭酸効果:炭酸入浴剤は、お湯の中で発生した炭酸ガスが身体に作用します。これによって、血管が広がって血行が良くなります。また、自律神経を整えてリラックスさせる効果もあります。

・泡効果:泡入浴剤は、お湯の中で発生した泡が身体を包み込みます。これによって、保湿効果やマッサージ効果があります4。また、泡の色や香りで楽しむこともできます。

 

液体入浴剤

最後に、液体入浴剤とは、オイルや乳液などの液体状の入浴剤のことです。
液体入浴剤には、バスオイルやバスミルクなどの種類があります。
液体入浴剤の特徴は、以下のようになります。

・保湿効果:液体入浴剤は、油分や乳化剤などの保湿成分が豊富です。これによって、肌をしっとりと保湿します。また、乾燥や肌荒れを防ぐ効果もあります。

・溶けやすさ:液体入浴剤は、粉末や錠剤よりも溶けやすいです。これによって、お湯全体に成分が広がりやすくなります。また、保温効果も高いです。

[quads id=1]

 

「入浴剤で睡眠の質を高める。効果抜群の種類と使用方法。」についてのまとめ

睡眠の質を高める効果が期待できる入浴剤の種類と、お風呂の入り方についてお伝えしてきました。

入浴剤には色々な効果があり、保湿効果の高い液体入浴剤や、浸透圧効果の高いバスソルトなどがありますが、
睡眠の質を高めるのに効果があるのは固形タイプの炭酸を出すものが睡眠の質を高めるのには効果があるように思います。

メインの入浴剤を一つ決めて、そこからは香りや効果で色々なものを試しながら選んでみるのも楽しいのではないでしょうか。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です