低気圧だと眠くなる?気圧と睡眠の関係とは

「天気が悪いと頭がボーっとして眠い。」そう感じている方も少なくありません。
もしかしたらそれは、低気圧が原因で眠い状態になっているのかもしれません。
今日はそんな、低気圧と眠さの関係についてお伝えしていきます。

[quads id=1]

 

低気圧だとなぜ眠くなるの?

低気圧が原因で眠くなる理由は、大気圧の変化が体内の気圧にも影響を与えるためです。
低気圧の場合、外気の圧力が低くなり、体内の圧力とのバランスが崩れ、血圧が下がります。
その結果、血液が全身に行き渡りにくくなり、脳に十分な酸素や栄養が届かなくなります。

このような状況下では、脳の働きが低下し、眠気を引き起こすことがあります。

 

外気の気圧と体内の圧力の差はいくらくらいが良いの?

体内の圧力と外気の圧力の差について一般的に「ベストな値」というものはありません。
ただし、体内の圧力が外気の圧力よりも大幅に高い場合、例えばダイビング中に急激に浅い深度に浮上した場合など、
体内組織に損傷を与える可能性があるため注意が必要です。

 

湿度や気温も眠気に影響している

また、低気圧の時には、湿度や気温が高くなり、体が熱を発散しにくくなるため、体温が上がりやすくなります。
体温が上がると、体内時計の調整が妨げられ、睡眠リズムが乱れることもあるため、
眠気を引き起こすことがあります。

さらに、低気圧の時には、天気が悪くなり、日照時間が短くなるため、
メラトニンというホルモンが分泌されやすくなります。
メラトニンは、睡眠を誘発する作用があるため、低気圧の時には、眠気を引き起こすことがあります。

 

低気圧が体に及ぼす様々な影響

低気圧が接近すると、気圧の変化による様々な影響が生じます。

 

1. 頭痛やめまい:

低気圧は、気圧の変動が原因で頭痛やめまいを引き起こすことがあります。
気圧の変化に敏感な人や偏頭痛を持っている人にとっては特に問題となります。

 

低気圧が頭痛やめまいを引き起こす理由

低気圧が頭痛やめまいを引き起こす理由は、大気圧の変化による内部耳の圧力変化に関連しています。
内部耳は、バランス感覚を制御するために、液体で満たされた複雑な構造を持っています。
大気圧が低下すると、内部耳の液体の圧力も低下し、これがめまいの原因となります。

また、低気圧が頭痛や吐き気を引き起こすこともあります。
これは、低気圧が血液中の酸素レベルを低下させ、脳に十分な酸素が供給されなくなるためです。

 

2. 疲労感:

低気圧により、空気中の酸素分圧が下がり、体内の酸素供給が減少することがあります。
そのため、疲労感が増すことがあります。

 

低気圧が疲労感を引き起こすメカニズム

気圧が接近すると、気圧が低下するため、周囲の酸素濃度が減少し、体内の酸素供給が減少する可能性があります。
そのため、疲労感やだるさを感じることがあります。
また、低気圧が続くと、睡眠の質が低下することがあり、疲労感を引き起こす可能性があります。

逆に、高気圧が接近すると、気圧が上昇するため、酸素濃度が増加し、
体内の酸素供給が増えるため、疲れにくくなることがあります。
ただし、個人差があるため、必ずしも気圧と疲労感が正比例するわけではありません。

 

3. 血圧の変化:

低気圧が近づくと、気圧の変化により血圧が変動することがあります。
血圧が急激に下がることで、めまいや失神、心臓病の悪化などを引き起こすことがあります。

 

なぜ、低気圧になると血圧が変化するの?

低気圧が近づくと、気圧の変化によって血管の拡張や収縮が生じ、血圧に影響を与えることがあります。
一般的に、低気圧が近づくと血圧が下がる傾向にあります。
このため、高血圧の人は低気圧の影響を受けやすく、体調不良を感じることがあります。

また、低血圧の人は低気圧が近づくと血圧がさらに下がり、めまいや倦怠感などの症状が現れることがあります。
しかし、個人差があるため、必ずしも低気圧が原因で血圧が変化するわけではありません。

 

4. アレルギー症状の悪化:

低気圧により、花粉やダニなどのアレルギー物質が舞い上がることがあります。
そのため、アレルギー症状が悪化することがあります。

 

気圧とアレルギー症状は関係あるの?

気圧とアレルギー症状の関係は、複雑なものです。
一般的に、低気圧の日や気圧変化が激しい日には、花粉やダニなどのアレルゲンが空気中に舞いやすくなります。
そのため、アレルギー症状が強く出やすくなることがあります。

また、気圧の変化が免疫系に影響を与え、アレルギー症状を引き起こす可能性もあります。
ただし、気圧とアレルギー症状の関係は、個人差があり、すべての人に当てはまるわけではありません。

 

5. 関節痛や筋肉痛:

低気圧は、気圧の変化により関節痛や筋肉痛を引き起こすことがあります。
特に、低気圧や急激な気圧変化が起こると、関節の周りの液体が膨張することがあり、これが関節痛の原因となると考えられています。
ただし、気圧と関節痛の関係は個人差があり、すべての人に当てはまるわけではありません。

 

低気圧て眠い時でも仕事に集中する方法

ではここで、低気圧で眠いときにも仕事に集中できる方法を5つお伝えします。

 

1. 睡眠をしっかりとる:

低気圧で眠い時は、睡眠不足が原因の可能性が高いため、十分な睡眠をとることが大切です。
梅雨時や、雨が降ると分かっている日の前日は夜更かしをせずに
早めに就寝するのが良いかもしれません。

 

2. 体を動かす:

運動をすることで血流が良くなり、眠気が覚めることがあります。
仕事中でも、立ち上がってストレッチをするなど、できるだけ体を動かすようにしましょう。
立ち上がるだけでも頭は少し冴えるので、一度トイレ休憩にしたり、フロアを一周するだけでも眠気をコントロールすることができます。

 

3. 水分を補給する:

低気圧の影響で、体内の水分バランスが崩れやすくなるため、こまめに水分を補給しましょう。
特に、カフェインやアルコールを避け、水やお茶などの無カロリーの飲み物を飲むようにしましょう。
夏場であれば薄めたスポーツドリンクを飲むなどして、体内の水分だけでなく塩分も気にするようにしましょう。

 

4. 食事に気をつける:

低気圧の影響で食欲が増すことがありますが、過剰な食事は眠気を誘発する原因になります。
バランスの良い食事を心がけ、軽い運動やストレッチを行い、消化を促進しましょう。

 

今の「食欲」の原因はどこから来ているのか

低気圧に限らずですが、頭が上手く働いていない時には食欲が増したり減少したりすることがあります。
疲れがたまると一般的には、体が疲れているときにはエネルギーを補充するために食欲が増す傾向がありますが、
一方でストレスや疲れが原因で食欲が低下することもあります。

また、睡眠不足や運動不足によっても、食欲が増したり減ったりすることがあります。
適度な運動や十分な睡眠をとることで、健康な食欲を維持することができます。

 

5. テンポを上げる:

仕事のペースを上げることで、集中力が高まり、眠気を覚ますことができます。
ただし、無理をするとストレスがたまり、かえって集中力が低下するため、適度なペースで仕事を進めることが大切です。

低気圧で頭がボーっとしている時にテンポを上げて仕事するのはそれなりの体力がいります。
短期的に集中して仕事をし、体を休める時間を多くとるなどの工夫が必要になってきます。

[quads id=1]

 

「眠さ」と「低気圧」についてのまとめ

低気圧は体に様々な影響を及ぼします。
眠気もその一つで、もしかしたら今感じている眠気は低気圧によるものかもしれません。

そういう時は前もって早く寝たり、栄養をしっかり取ったりするなど普段よりも気を付けることで
いつもと変わらない日に近い過ごしかたができます。

今の眠さの原因は何なのかを見極め、スッキリとした頭で日々を過ごしたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です