朝風呂は体に悪い?風呂に入らずに寝ることと睡眠との関係

「朝風呂は体に悪い」
どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
仕事や学校の時間が終わり、夕飯を食べ、一番リラックスしている時間である夜。
一日を締めるイベントの一つとして「お風呂」があります。

ただ、眠さもあって「朝風呂を明日の朝に入ればいいか」と、そのまま寝てしまう人も少なくないのではないでしょうか。
人によってはお酒を飲んでいて、お風呂が更に面倒になっているのではないかと思います。
この記事を書いている私もその一人で、毎晩「朝風呂を明日の朝に入ればいかな。」という思いと葛藤しています。

今日はそんな「朝風呂」について、体に悪いのか、「風呂に入らずに寝る」ことと「睡眠」にはどのような関係があるのかを詳しく見ていきます。
「朝風呂を明日の朝に入ればいいかな」ってなりがちの人は参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

朝風呂は体に悪い?朝と夜とのお風呂の違い

朝風呂と夜風呂の違いは、お風呂に入る目的が異なります。
夜風呂は身体を休息に向かわせるのが目的であるのに対して、朝風呂は身体を目覚めさせるのが目的です。

朝風呂のメリットは、眠気を覚まし、代謝を上げ、体臭を抑え、寝ぐせを直すことができることです。
朝風呂のデメリットは、冬はヒートショックの危険性があることや、薄毛・抜け毛の原因になる可能性があることです。

一方で夜風呂のメリットは、疲労回復やリラックス効果があることや、寝つきを良くすることができることです。
夜風呂のデメリットは、体温が上がりすぎて眠りが浅くなる可能性があることや、髪や頭皮に汚れが残ってしまう可能性があることです。

以上のことから、「朝風呂」と「夜にお風呂に入る事」との違いは、
お風呂に入る目的や効果、注意点などが異なることがわかります。
自分の好みや体調に合わせて、適切な入浴法を選ぶことが大切です。

 

風呂に入らずに寝ることと「睡眠の質」との関係

風呂に入らずに寝ると、体温が下がりにくくなります。
体温が下がることは、睡眠の質を改善するために非常に重要です。
体温が下がることで、脳の覚醒中枢が抑制され、睡眠への移行がスムーズになります。

また、風呂に入ることで身体がリラックスし、ストレスや緊張が解消されますが、
風呂に入らずに寝ると、身体が緊張したままで眠りにつくことができず、睡眠の質が悪くなる可能性が高くなります。

さらに、風呂に入らずに寝ると、身体の汗や皮脂、埃などが残りやすく、
これらがアレルギーや肌荒れの原因になることもあります。

 

朝風呂のメリット

朝風呂に貼ることのメリットは以下の通りです。

 

1. 温泉効果が得られる:

温泉に含まれる成分が含まれた入浴剤を使えば、家庭でも温泉効果が得られます。

 

2. 体が温まる:

寒い季節には、朝風呂で体を温めることで、体調を整えることができます。

 

3. 目覚めがスッキリする:

朝風呂に入ることで、体が目覚めやすくなり、スッキリとした気分で1日をスタートすることができます。

 

4. 美肌効果がある:

入浴剤に含まれる成分によって、肌の保湿効果が高まり、美肌効果が得られます。

 

5. 心身のリラックス効果がある:

朝風呂に入ることで、心身がリラックスし、ストレスを解消することができます。

 

以上が、朝風呂に貼ることのメリットです。

 

朝風呂のデメリット

朝風呂に入ることのデメリットは、以下のようなものがあります。

 

1. 眠気が残る:

朝風呂をすると体が温まり、血行が良くなるため、リラックス効果があるとされています。
一方で、朝風呂をすると睡眠中に体温が下がるため、逆に眠気が残ることがあります。

 

2. 乾燥肌になる:

湯船に入ることで、皮膚の水分が蒸発してしまうため、乾燥肌になる可能性があります。
特に、湯船に長時間入りすぎると、皮膚が乾燥しやすくなります。

 

3. 朝食後に入ると消化不良になる:

朝食後にすぐに入ると、体が温まりすぎて消化不良を起こすことがあります。
朝食後は、少し時間をおいて体を休めた後に入浴するようにしましょう。

 

4. 時間がかかる:

朝は忙しい時間帯であるため、朝風呂をすると時間がかかってしまうことがあります。
また、髪が濡れたまま出かけると風邪を引く可能性もあります。

 

以上が、朝風呂に入ることのデメリットです。
ただし、個人差がありますので、自分に合った入浴方法を見つけ、
実践することで朝風呂のデメリットは最小限に抑えることができるでしょう。

 

正しい「朝風呂」の入り方

正しい朝風呂の入り方については以下の通りです。

 

1. 水分補給をする:

朝起きたら、まずは水分補給をすることが大切です。
水分を摂取することで、体内の代謝が活発になります。

 

2. 体を温める:

朝風呂に入る前に、軽いストレッチやウォーキングなどで体を温めておくと、血行が良くなります。

 

3. 水温を調整する:

風呂の水温は、体温より少し高めの38度~40度が理想的です。
ただし、個人差があるため、自分に合った水温を見つけることが大切です。

 

4. 入浴時間を決める:

朝風呂は、10分~15分ほどが適切です。
長時間入ると、体力を消耗してしまうため、注意が必要です。

 

5. 温まった体を冷やす:

朝風呂の後は、シャワーで温まった体を冷やしましょう。
冷水で体を流すことで、血行が良くなり、リフレッシュ効果が高まります。

 

以上が、正しい朝風呂の入り方についての詳細です。

 

「朝サウナ」は体に悪い?

朝にサウナに入ることは一般的には体に悪いとされています。
理由としては、朝は体がまだ冷えた状態であり、急に高温にさらされることで血管が収縮し、血圧が上がる可能性があります。

また、身体が目覚める時間帯であるため、交感神経が優位な状態であり、さらにサウナに入ることで交感神経が刺激され、
身体に負担をかけることになります。
そのため、サウナに入る時間帯は、身体がリラックスした状態である夜間がよいとされています。

 

お風呂に入らないで寝るとどうなるの?

お風呂に入らないで寝ると体が受ける影響はどのようなものがあるのでしょうか?

 

風呂に入らないで寝ると肌は?

お風呂に入らないで寝ると、その日の汗や皮脂汚れ、外の埃や花粉などがそのまま肌に付着した状態で寝てしまうことになります。
これは清潔面だけでなく、肌荒れやかぶれなどのトラブルの原因にもなりかねません。

また、毛穴に汚れやメイクが詰まったままになり、
ニキビや顔が痒くなるなどといった肌トラブルにもなってしまう可能性が高まります。

それに加え、肌の水分量が低下し、乾燥肌になりやすくなります。
乾燥肌は皮脂分泌を促進するため、ニキビや毛穴の黒ずみの原因にもなります。

更には、肌の新陳代謝が低下し、古い角質が溜まりやすくなります。
古い角質は肌のくすみやシミの原因にもなります。

以上のことから、お風呂に入らず寝ると「肌」が受ける影響は、
肌荒れやかぶれ、ニキビや痒み、乾燥肌や毛穴の黒ずみ、くすみやシミなどが挙げられます。
その日の汚れはその日のうちにきちんと落とし、清潔に保つことでトラブルを防ぐことに繋がります。

 

風呂に入らないで寝ると髪は?

お風呂に入らないで寝ると、髪や頭皮に付着した汚れや皮脂、ヘアセット剤などがそのまま残ります。
これは頭皮の環境を悪化させ、フケや痒みの原因になります。

そうすると、頭皮の毛穴に汚れや皮脂が詰まり、雑菌が繁殖しやすくなります。
これは頭皮のニキビや炎症の原因になります。

更に、頭皮の血行が悪くなり、髪の毛に必要な栄養が届きにくくなります。
これは抜け毛や薄毛の原因になります。
それに加えて、髪の毛が乾燥しやすくなり、パサつきや切れ毛の原因になります。

以上のことから、お風呂に入らず寝ると「髪・頭皮」が受ける影響は、
フケや痒み、ニキビや炎症、抜け毛や薄毛、パサつきや切れ毛などが挙げられます。
髪や頭皮を清潔に保ち、血行を促進することでトラブルを防ぐことに繋がります。

 

お風呂に入る事が睡眠の質を向上させるカギ

お風呂に入ることで、体温が上がり、入浴後に急激に下がることが知られています。
この体温の変化が、睡眠の質を改善するメカニズムの一つとして考えられています。
体温が上がることで、脳の覚醒中枢が抑制され、睡眠への移行がスムーズになります。

また、お風呂に入ることで、身体がリラックスし、ストレスや緊張が解消されることも睡眠の質を改善する効果があります。

[quads id=1]

 

「朝風呂は体に悪い?風呂に入らずに寝ることと睡眠との関係」についてのまとめ

朝風呂は、夜に入るお風呂と違い、注意するべき点があります。
しかし、そこを注意して入れば目覚めがスッキリしたり、美肌の効果も期待できるなどのメリットも多くあります。

しかしながら、風呂に入らずに寝ることはまた別問題。
こっちに限っては「すぐに寝られる」こと以外にメリットは無く、肌や髪、頭皮にとって大きなデメリットがあります。

「お風呂が面倒」だという気持ちは分かるし、これからもその気持ちと戦い続けることになるのかと思いますが、
その都度「風呂に入らずに寝ることのデメリット」を思い出し、きちんとお風呂に入り、質の良い睡眠をとりたいものです。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です