美味しいキウイの品種は?選び方や、緑・黄・赤の違いとは

美味しいキウイの品種とはどれなのでしょうか?

スーパーで必ずと言っていいほど見かけるキウイですが、いざ買うとなると迷うポイントがいくつかありますよね。
定番のグリーンが良いの?ゴールドも美味しそう!赤い品種もあるんだ。
などなど。

今日はそんな、キウイの選び方について、熟し具合や、色の違いについて詳しく見ていきます。
キウイを買うときにいつも迷ってしまう人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

キウイの品種は主に3種類

スーパーでよく見かけるキウイは主にグリーンキウイ・サンゴールドキウイ・ルビーレッドの3種類です。

 

味の特徴

味については、以下のような特徴があります。

グリーンキウイは酸味と甘みのバランスが良く、さわやかな味わいです。
サンゴールドキウイはトロピカルでジューシーな甘さが特長です。
ルビーレッドは熟したベリーのような上品な甘さと果汁があります。

 

成分の違い

ビタミンC/B1/B2・葉酸の含有量については、以下のようなデータがあります。

グリーンキウイは100gあたりビタミンC 71mg、ビタミンB1 0.03mg、ビタミンB2 0.04mg、葉酸 25μgです。
サンゴールドキウイは100gあたりビタミンC 152mg、ビタミンB1 0.02mg、ビタミンB2 0.05mg、葉酸 38μgです。
ルビーレッドは100gあたりビタミンC 189mg、ビタミンB1 0.02mg、ビタミンB2 0.05mg、葉酸 38μgです。

 

出回る時期

出回る時期については、以下のような情報があります。

グリーンキウイは4月末から12月末まで販売されています。
サンゴールドキウイは4月末から10月中旬まで販売されています。
ルビーレッドは4月下旬から5月下旬まで期間限定で販売されています。

 

キウイの品種ごとの味・成分の特徴

キウイの品種ごとの味・成分の特徴を表にまとめました。

グリーンキウイ サンゴールドキウイ ルビーレッド
味の特徴 酸味と甘みのバランスが良く、さわやかな味わい トロピカルでジューシーな甘さが特長 熟したベリーのような上品な甘さと果汁
成分(100gあたり) ビタミンC 71mg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.04mg
葉酸 25μg
ビタミンC 152mg
ビタミンB1 0.02mg
ビタミンB2 0.05mg
葉酸 38μg
ビタミンC 189mg
ビタミンB1 0.02mg
ビタミンB2 0.05mg
葉酸 38μg
出回る時期 4月末から12月末まで 4月末から10月中旬まで 4月下旬から5月下旬

 

食べごろのキウイの見分け方

良く熟した食べごろのキウイの見分け方はどの様な部分を見ればよいのでしょうか?

・キウイは皮の色や表面の状態だけでは、熟しているかどうかが分かりにくい果物です。
・キウイの食べごろは、手で優しく触って弾力や柔らかさを確かめることが大切です。
・一般的に、手で包んだときにほどよく弾力があるものや、ヘタの周りを押したときにややへこむ感じがするものが食べごろです。
・また、甘い香りがするものも食べごろのサインです。
逆に、皮が変色していたり、水分が抜けてシワシワになっていたり、カビが生えていたりするものは熟し過ぎている可能性が高いです。
・熟していないキウイは、常温で追熟させることができます。
・追熟を早めたい場合は、エチレンガスを発生させる果物(りんごやバナナなど)と一緒に袋に入れて保存すると効果的です。
・追熟したキウイは冷蔵庫で保存すると長持ちします。

以上が良く熟した食べごろのキウイの見分け方についての説明です。
キウイは酸味と甘みのバランスが良く、ビタミンCや食物繊維など栄養豊富な果物です。
食べごろを見極めて美味しく召し上がってください。

 

スーパーで売られているのは「ゼスプリ」のキウイだけ?

スーパーでよく見かけるキウイのメーカーと言えば「ゼスプリ」ですよね。
ゼスプリ社の特徴について見てみます。

・「ゼスプリ」は、ニュージーランドに本社を置くキウイフルーツの販売会社で、日本では1992年に事務所を開設しました。

・「ゼスプリ」は、キウイフルーツ生産者を株主とし、世界各国にキウイフルーツを輸出・販売しています。

・「ゼスプリ」は、品質管理や流通管理が徹底されており、一定の基準を満たしたものだけが出荷されます。農園から店頭までを一貫して管理する「ゼスプリ・システム」と呼ばれる仕組みにより、美味しく安全なキウイフルーツを日本の食卓にお届けしています。

・「ゼスプリ」は、品種改良や作地管理、物流科学などにも積極的に取り組み、日本の消費者の嗜好に合わせて開発された品種を販売しています3。現在はグリーンキウイ・サンゴールドキウイ・オーガニックキウイ・レッドキウイの4種類があり、それぞれに特徴があります。

・「ゼスプリ」は、環境に関して具体的な数値目標を設定し、確実に実行していくことを目指しています3。環境への取り組みとしては、温室効果ガスの削減や廃棄物の削減などがあります。

・「ゼスプリ」は、ニュージーランド産だけでなく、日本国内でも栽培されています。ゼスプリ社は日本の農家と提携して、国産キウイの生産を増やす取り組みをしています。愛媛県や佐賀県で生産されたゴールドキウイも「ゼスプリ」ブランドで販売されています。

・「ゼスプリ」は、広告や宣伝活動も積極的に行っており、知名度や認知度が高いです。特に「キウイブラザーズ」というオリジナルキャラクタ・ーを使ったCMは印象的ですね。

 

以上が「ゼスプリ」というキウイの販売会社についての説明です。

 

キウイはなぜ健康に良いと言われているの?

キウイはなぜ健康に良いと言われているのでしょうか?

・キウイは、酸味と甘みのバランスが絶妙で、ジューシーな果物です。

・キウイには、さまざまな栄養素が含まれており、健康に良い効果が期待できます。

 

キウイに含まれる主な栄養素と効果

キウイに含まれる主な栄養素と効果は以下の通りです。

 

ビタミンC:

肌のコラーゲン生成を促し、美肌や老化防止に役立つ。
風邪や病気の予防にも効果的 。

 

葉酸:

赤血球の生成を助け、貧血の予防に役立つ。
妊娠初期の胎児の発育にも必要 。

 

食物繊維:

腸内環境を整え、便秘や下痢の改善に役立つ。
血糖値やコレステロール値の上昇を抑える 。

 

アクチニジン:

キウイ特有のタンパク質分解酵素で、たんぱく質を分解し、消化吸収を助ける。
肉料理などと一緒に食べると胃もたれの予防に役立つ 。

 

・キウイは品種によって含まれる栄養素の特徴があります。グリーンキウイは食物繊維やアクチニジンが多く、腸内環境改善や消化促進に効果的です。ゴールドキウイはビタミンCがグリーンキウイの約2倍含まれており、美肌や免疫力向上に効果的です 。

 

以上がキウイの健康効果についての説明です。
キウイは健康やダイエットに効果的に取り入れたい果物ですね。
自分の目的や好みに合わせて選んでみてください。

[quads id=1]

 

「美味しいキウイの品種は?選び方や、緑・黄・赤の違いとは」についてのまとめ

「キウイは健康に良い」とされており、日常的に取り入れたい果物の一つですが、
種類がいくつかあり、どれを選ぶかで迷ってしまいますよね。

・グリーンキウイは酸味と甘みのバランスが良く、よく見かける種類。

・サンゴールドキウイは甘みが強くビタミンが豊富。

・ルビーレッドキウイはベリーのような香りで見かけることが少ない。3つの中で最もビタミンが豊富。

だということを覚えておけば、酸味のあるキウイを味わいたいのか、ビタミンを摂取したいのか、希少なものを味わいたいのかで
迷う時間が少なく選ぶことができるのではないでしょうか。

キウイを日常的に取り入れ、ビタミンの不足しない毎日を送りたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です