オーガニック・無農薬・有機栽培はどう違う?体に良いの?

街を歩いているとたまに見かける「オーガニック野菜専門店」。
何気なく入ってみるとその価格にびっくりしてお店を出たことは無いでしょうか?

私はそんな経験があり、その時は
「オーガニック野菜って農薬を使わずに育てているから体に良い分、育てるのに手間暇がかかるから高くなるんだ」
と何となく思っていました。

しかし良く調べてみると、オーガニック=無農薬というわけではなく、
「JISが認定している農薬なら使用しても良い」とされており、それらを使用して野菜を作っても
「オーガニック野菜」と表記することができるとのことです。

今日はそんなオーガニック野菜について、無農薬野菜との違いや合わせてよく聞く「有機栽培」との違いについてです。
オーガニック野菜を検討したり、使ってみたいと思っている人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

「オーガニックの野菜」とは

オーガニック野菜とは、農薬や化学肥料を使わずに栽培された野菜のことです。
オーガニック野菜は、有機JASマークが付いているものだけが正式にオーガニック野菜として表示できます。
有機JASマークは、農林水産省が定めた有機食品の基準に適合することを示すマークです。

 

一般の野菜と比べた時のメリット

オーガニック野菜を選ぶメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

健康面:

農薬や化学肥料を使っていないので、体に有害な物質を取り込むリスクが低く、安心して食べられます。
また、土壌に含まれる栄養素が野菜にしっかり吸収されるため、栄養価が高いと言われています。

 

環境面:

農薬や化学肥料の使用による土壌や水質の汚染を防ぐことができます。
また、自然のサイクルに沿って栽培することで、生態系を守ることにも貢献します。

 

味覚面:

野菜本来の味や香りを楽しむことができます。
季節に合わせて旬の野菜を選ぶことで、より美味しく食べられます。

 

生産者面:

オーガニック野菜は、生産者の顔や背景が分かりやすく表示されていることが多いです。
そのため、生産者と消費者のつながりを感じることができます。
また、生産者の労働環境や収入の向上にも寄与します。

 

デメリット

一方で、オーガニック野菜を選ぶデメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

価格面:

農薬や化学肥料を使わない分、害虫駆除や管理に人手が必要になります。
そのため、栽培コストが高くなり、一般的な野菜よりも高価になります。
また、需要と供給のバランスによっても価格が変動します。

 

保存面:

農薬や化学肥料を使っていないため、一般的な野菜よりも傷みやすく、長期保存ができません。
また、旬のものしか栽培していないため、季節外れの野菜は入手しにくいです。

 

見た目面:

農薬や化学肥料を使っていないため、一般的な野菜よりも形や色が不揃いだったり、虫食いや傷があったりすることがあります。
そのため、見た目にこだわる人には不向きかもしれません。

 

以上がオーガニック野菜の定義とメリット・デメリットです。
オーガニック野菜は健康や環境に優しい食材ですが、価格や保存性などに注意する必要があります。
自分の好みや目的に合わせて、オーガニック野菜を選んでみてくださいね。

 

「無農薬の野菜」とは

「無農薬の野菜」とは、原則として栽培期間中に農薬を一切使用せず育てられた農産物のことです。
無農薬の野菜は、農林水産省が定めた「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」によって、
“原則的に表示をしてはならない語(表示禁止事項)”とされています。

その理由は、農薬を全く使わない栽培をしても、土壌や周辺から流入または飛散してきた農薬が含まれる可能性があることです。
そのため、正確な情報を伝えるために、「農薬:栽培期間中不使用」や「農薬未使用」などの表示が推奨されています。

 

一般の野菜と比べた時のメリット

無農薬の野菜を選ぶメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

健康面:

農薬を使っていないので、体に有害な物質を取り込むリスクが低く、安心して食べられます。
また、自然のサイクルに沿って栽培することで、野菜本来の栄養価や味が高まると言われています。

 

環境面:

農薬の使用による土壌や水質の汚染を防ぐことができます。
また、生態系を守ることにも貢献します。

 

生産者面:

無農薬の野菜は、生産者の顔や背景が分かりやすく表示されていることが多いです。
そのため、生産者と消費者のつながりを感じることができます。
また、生産者の労働環境や収入の向上にも寄与します。

 

デメリット

一方で、無農薬の野菜を選ぶデメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

価格面:

農薬を使わない分、害虫駆除や管理に人手が必要になります。
そのため、栽培コストが高くなり、一般的な野菜よりも高価になります。

 

保存面:

農薬を使っていないため、一般的な野菜よりも傷みやすく、長期保存ができません。
また、旬のものしか栽培していないため、季節外れの野菜は入手しにくいです。

 

見た目面:

農薬を使っていないため、一般的な野菜よりも形や色が不揃いだったり、虫食いや傷があったりすることがあります。
そのため、見た目にこだわる人には不向きかもしれません。

 

以上が無農薬の野菜の定義とメリット・デメリットです。
無農薬の野菜は健康や環境に優しい食材ですが、価格や保存性などに注意する必要があります。
自分の好みや目的に合わせて、無農薬の野菜を選んでみてくださいね。

 

「有機栽の培野菜」とは

「有機栽培野菜」とは、農薬や化学肥料を使わずに栽培された野菜のことです。
有機栽培野菜は、有機JASマークが付いているものだけが正式に有機栽培野菜として表示できます。
有機JASマークは、農林水産省が定めた有機食品の基準に適合することを示すマークです。

 

一般の野菜と比べた時のメリット

有機栽培野菜を選ぶメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

健康面:

農薬や化学肥料を使っていないので、体に有害な物質を取り込むリスクが低く、安心して食べられます。
また、土壌に含まれる栄養素が野菜にしっかり吸収されるため、栄養価が高いと言われています。

 

環境面:

農薬や化学肥料の使用による土壌や水質の汚染を防ぐことができます。
また、自然のサイクルに沿って栽培することで、生態系を守ることにも貢献します。

 

味覚面:

野菜本来の味や香りを楽しむことができます。
季節に合わせて旬の野菜を選ぶことで、より美味しく食べられます。

 

生産者面:

有機栽培野菜は、生産者の顔や背景が分かりやすく表示されていることが多いです。
そのため、生産者と消費者のつながりを感じることができます。
また、生産者の労働環境や収入の向上にも寄与します。

 

デメリット

一方で、有機栽培野菜を選ぶデメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

価格面:

農薬や化学肥料を使わない分、害虫駆除や管理に人手が必要になります。
そのため、栽培コストが高くなり、一般的な野菜よりも高価になります。

 

保存面:

農薬や化学肥料を使っていないため、一般的な野菜よりも傷みやすく、長期保存ができません。
また、旬のものしか栽培していないため、季節外れの野菜は入手しにくいです。

 

見た目面:

農薬や化学肥料を使っていないため、一般的な野菜よりも形や色が不揃いだったり、虫食いや傷があったりすることがあります。
そのため、見た目にこだわる人には不向きかもしれません。

 

以上が有機栽培野菜の定義とメリット・デメリットです。有機栽培野菜は健康や環境に優しい食材ですが、価格や保存性などに注意する必要があります。自分の好みや目的に合わせて、有機栽培野菜を選んでみてくださいね。

[quads id=1]

 

「オーガニック・無農薬・有機栽培はどう違う?体に良いの?」についてのまとめ

オーガニック・無農薬・有機栽培について表にまとめるとこんな感じです。

 

オーガニック 無農薬 有機栽培
(オーガニックと同じ意味)
一般的な野菜
一般の農薬 不使用 不使用 不使用 使用
JIS認定の31種類の農薬 使用 不使用 使用 使用しているかも
見た目
価格 高額 売ってない 高額 安い

オーガニック=有機栽培ということが分かれば、少しごちゃごちゃした感じが解消されますね。

また、「無農薬野菜」は「風に乗って飛んできた農薬も含まない」と定義されていて、現在では厳格な判断基準がありません。
よって、表記が禁止されているそうです。

今回調べてみて、オーガニック野菜は高いだけでは無くて味も良いとのことだったので、その点では一度食べてみても良いかもしれませんね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です