「何をしても楽しくない」と感じる30代。解決する方法。

30代にもなると、「何をしても楽しくない」と感じる日もありますよね。

特に、休日になると何もすることが無く、なんとなくパチンコに行ったり、テレビを見ていたり、ダラダラ過ごしたり。
そんな休日が続くと、「何をしても楽しくない」と感じてしまうことでしょう。

人間関係でもそうです。

半強制的に関わらなければいけない人がたくさんいる学生時代とは違い、30代にもなるとそのような人間は仕事の場だけ。
職場の人と休日に遊びに行くくらい仲良くなるということは、皆ができる事では無いのではないかと思います。
コロナ禍でリモートワークが主流になった今は特に「職場での人間関係はドライになったな」と感じる瞬間が増えました。

今日はそんな、「何をしても楽しくない」と感じることについて、30代になった私も感じることが多く、
本を読んだり周りの人に話を聞いたりしたものをまとめ、
「何をしても楽しくない」を解決できそうな方法をまとめます。

参考になるんか分かりませんが、呼んでくれている人の何かの足しになればいいのではないかと思います。

[quads id=1]

 

30代になると急に「何をしても楽しくない」と感じる

30代になると急に「何をしても楽しくない」と感じるのは、いくつかの理由があります。
一つは、人生に目標や夢がなくなってしまうことです。
20代の頃は、仕事や恋愛に熱中していたかもしれませんが、30代になると仕事にも慣れて、恋愛も落ち着いてきます。

すると、自分の人生に対するワクワク感ややりがいが減ってしまうのです。

もう一つは、日常に変化がなくなることです。
毎日同じ時間に起きて、同じ電車に乗って、同じ仕事をして、同じ食事をして、同じ休日を過ごすというルーティンに陥りやすいです。
このような生活を続けると、新しい刺激がなくなり、人生が単調でつまらないと感じてしまいます。

さらに、周りと比較してしまうことも、「楽しくない」と感じる原因の一つです。
SNSで友達や同僚の楽しそうな写真や投稿を見て、「自分はこんなにつまらない人生を送っているのか」と落ち込んだり、
嫉妬したりすることがあります。

しかし、SNSはあくまで見せたい部分だけをアピールしているので、本当の幸せとは違うかもしれません。

では、「楽しくない」と感じてしまったらどうすればいいのでしょうか?人生を楽しくするためには、以下のような方法があります。

 

「楽しくない」と感じてしまったら

・小さな目標を立ててみる
・新しいことにチャレンジする
・人と積極的に会う
・視野を広げる
・体調や健康に気を遣う
・口癖や言葉遣いを変える

これらの方法は、自分の人生に対する意識や行動を変えることで、新たな刺激や楽しみを見つけることができます。

例えば、小さな目標を立てるという方法は、自分の人生にメリハリや方向性を与えることができます。
目標は大きくても小さくても構いません。週末に気になっていたお店に行くとか、気になる人に連絡するとかでもOKです。
目標があれば、「週末が楽しみだから仕事を頑張ろう」と思えたり、「今日は何か良いことがあるかも」と期待できたりします。

新しいことにチャレンジするという方法は、自分の可能性や興味を広げることができます。
新しいことは何でも構いません。
趣味やスポーツや勉強や旅行などです。

新しいことをすることで、自分の知らなかった世界や人と出会えたり、自分の能力や才能を発見したりすることができます。

人と積極的に会うという方法は、自分の孤独感や不安感を減らすことができます。
人と会うというのは、友達や家族や恋人だけでなく、同僚や先輩や後輩や知り合いなどです。

人と会うことで、自分の悩みや相談を聞いてもらったり、励ましてもらったり、笑ってもらったりすることができます。
また、人からのフィードバックやアドバイスを受けることで、自分の視点や考え方を変えることができます。

視野を広げるという方法は、自分の世界を広げることができます。
視野を広げる方法はたくさんありますが、本を読んだり、映画を見たり、ニュースをチェックしたりすることが簡単です。
本や映画やニュースは、自分の知らなかった事実や物語や感情を教えてくれます。

それに触れることで、自分の価値観や思考や感性が変わったり、深まったりすることができます。

体調や健康に気を遣うという方法は、自分の心身のバランスを整えることができます。
体調や健康に気を遣う方法は、食事や睡眠や運動などです。
食事はバランスよく栄養を摂ることが大切です。

睡眠は7時間以上確保することが理想です。
運動はウォーキングやストレッチなどでも効果的です。
体調や健康に気を遣うことで、体が元気になり、心も明るくなります。

口癖や言葉遣いを変えるという方法は、自分の気持ちや態度を変えることができます。
口癖や言葉遣いは、自分の心理状態や思考パターンを反映しています。

例えば、「つまらない」とか「無理」とか「だめ」とかいう言葉は、ネガティブな感情や思考を強めてしまいます。

逆に、「楽しい」とか「できる」とか「いい」とかいう言葉は、ポジティブな感情や思考を強めてくれます。
口癖や言葉遣いを変えることで、自分の気持ちや態度も変わってきます。

以上のように、「楽しくない」と感じてしまっている30代のあなたでも、人生を楽しくするためには色々な方法があります。

 

「生きづらい」の生きづらさは人それぞれ

「生きづらい」と言われるのは、現代社会において、自分の人生に対する満足感や幸福感が低く、
様々な苦しみや不安を抱えている人たちのことを指します。
生きづらさの原因は、人によって異なりますが、以下のようなことが多く挙げられます。

・自分の性質や気質が社会や周囲と合わないこと。例えば、アダルトチルドレンやHSPと呼ばれる敏感な人たちは、自分の感情や価値観を理解してもらえずに孤立したり、過剰に適応しようとして疲弊したりすることがあります。

・幼少期に受けたトラウマやハラスメントが心に傷を残していること。例えば、親からの虐待やネグレクト、友人からのいじめや無視などは、自己肯定感や信頼感を低下させ、自分を責めたり、人間関係に不安を抱えたりすることにつながります。

・環境や社会の変化に対応できないこと24。例えば、グローバリゼーションやテクノロジーの発展、コロナ禍などは、仕事や生活に大きな影響を与えます。しかし、それらの変化に適応するための支援や教育が十分でない場合、自分の能力や価値が低く見られたり、不安定さや不公平さを感じたりすることがあります。

・自分の理想と現実のギャップに悩むこと。例えば、自分がどんな人生を送りたいか、どんな自分でありたいかという理想像がある場合、それに近づけないと感じると不満や焦りを抱くことがあります。また、SNSなどで他人の成功や幸せを見ることで、自分との比較から劣等感や嫉妬を感じることもあります。

以上のように、「生きづらい」と言われる人たちは、様々な要因から自分の人生に対する満足度が低くなっています。
しかし、「生きづらい」と感じているだけでは問題は解決しません。
生きづらさを克服するためには、自分の悩みや苦しみの原因を探り、それに対処する方法を見つける必要があります。
そのためには、専門家や信頼できる人に相談したり、自分の気持ちや考え方を変えたりすることが有効です。

あなたも「生きづらい」と感じている場合は、まずは自分の状況や感情を客観的に見つめてみてください。
そして、何が自分を苦しめているのか、どうしたら楽になれるのかを考えてみてください。
もし、一人で解決できないと感じたら、遠慮せずに誰かに助けを求めてください。

 

一般的に言われる「人生が楽しくないと思う人の共通点」

人生が楽しくないと思う人には、いくつかの共通点があると言われています。
以下に、一般的に言われる「人生が楽しくないと思う人の共通点」を挙げます。

・何事も考えすぎてしまう。深く考えすぎると、ネガティブな思考に陥りやすく、不安や心配が増えます。

・完璧主義すぎる。常に100点を目指してしまうと、失敗したときに自分を責めすぎたり、満足できなかったりします。

・周りの目を意識しすぎる。他人の評価や期待に応えようとして、自分の本音や価値観を押し殺してしまいます。

・やりたくないことをしている。自分の好きなことや得意なことではなく、義務感や責任感で仕事や勉強をしていると、やる気や楽しさが失われます。

・我慢ばかりしてしまう。自分の欲求や感情を抑え込んで、ストレスが溜まってしまいます。

・一人ぼっち。人との交流や支えが少ないと、孤独感や寂しさを感じます。

以上のように、「人生が楽しくないと思う人の共通点」は、自分の心や体に対するケアが不足していることが多いようです。
自分の気持ちや考え方を変えたり、新しいことに挑戦したりすることで、人生を楽しくすることができるかもしれません。

 

一般的に言われる「人生を楽しくする方法」

人生を楽しくする方法について、一般的に言われるものは以下のようなものがあります。

・自分の好きなことや得意なことを見つけて、それに没頭する。自分の興味や才能を発揮できることをすることで、自己実現や充実感を得られます。

・新しいことに挑戦する。新しいことをすることで、自分の可能性や世界を広げることができます。また、新しい刺激や経験を得ることで、人生にワクワク感や楽しみが増えます。

・人と積極的に関わる。人と関わることで、自分の悩みや相談を聞いてもらったり、励ましてもらったり、笑ってもらったりすることができます。また、人からのフィードバックやアドバイスを受けることで、自分の視点や考え方を変えることができます。

・自分の気持ちや考え方をポジティブにする。ポジティブな気持ちや考え方は、自分の行動や状況にも影響します。ポジティブな言葉や表情を意識するだけでも、自分の気分や周囲の雰囲気が明るくなります。

・健康や美容に気を遣う. 健康や美容に気を遣うことで、自分の心身のバランスを整えることができます。体調や健康に気を遣う方法は、食事や睡眠や運動などです。美容に気を遣う方法は、スキンケアやメイクやファッションなどです。健康や美容に気を遣うことで、体が元気になり、心も明るくなります。また、自己肯定感が上がり、自分を好きになれます。

以上のように、「人生を楽しくする方法」は色々ありますが、どれも共通しているのは、「 自分のために何かをする 」ということです。
自分のために何かをすることで、自分の人生に対する意識や行動が変わります。
そして、それが人生を楽しくする結果につながります。

 

周りの人がどう動いているのか

「周りの人と比べてしまうから疲れてしまう」とよく言われますが、「周りの人の動き方を見る」のはとても面白いことです。

例えば、「この人はどういう思いで働いているんだろう。」「この人はどういう思いで家を買ったんだろう。」
「この人はどういう思いで休日を過ごしているんだろう。」など、
自分と比較しないにしてもその人の行動の背景を自分なりに探ってみます。

そうすると、自分の考えがまとまったり、別の視点が出てきたりしてスッキリできることもあります。
「この人は人生をこう楽しんでいるんだ。」というのが見えたらそれはとても面白いことです。

 

キラキラした人からのキラキラしたアドバイスは無意味

一般的に言われていたり、ネットに書かれている
「こうしたら人生楽しくなるよ」「趣味に打ち込みましょう」「目標を持ちましょう」
などという言葉は正直無意味で、「どんな人がどんな立場で誰にアドバイスしているのだろうか」と思ってしまいます。

求められていないアドバイスはお節介でしかなく、お節介は受ける人にとって煩わしいものです。

それよりも、自分の目で見て、考えて、感じたことの方がよっぽど大切なのではないでしょうか。

 

色々な人の考えに触れてみる

「いろいろな人の考えに触れる」というのは、人生の楽しいと思える時間を増やすうえで大きな力を持っているように思います。

良く、「本を読みますしょう」なんて言われていますが、本だと買わなければいけないし読み終わるまでには時間がかかるし、
普段本を読まない人にとっては敷居が高いものです。
本じゃなくても、ネット記事でも良いし、動画でも良い、誰かと喋るのでもなんでもいいのではないかと思います。

最近読んだネット記事の中で自分の考え方の整理に力を貸してくれたものをいくつかピックアップしました。

 

斜にかまえる、かまえないを1分ごとに切り替えるとどうなるか

「多角的な視点を持つ」って難しいけどこれならできそうと思えた記事です。

 

好きを仕事にって言うけど結局どういうことなのか

目の前の作業は楽しいと思えているのか?私は楽しくないと思いました。そんな記事です。

 

0から100万円貯める、節約サバイバルガイド

「何をするにもまずは気持ちから。」みたいなことを具体的に教えてくれた記事です。
具体的に100万円貯める方法ではありませんでした。

[quads id=1]

 

「「何をしても楽しくない」と感じる30代。解決する方法。」についてのまとめ

色々書いてきましたが、「何をしても楽しくない」と感じるのは「楽しむ努力をしているのか」というところに尽きるような気がします。
ただ、30代でそれを感じてそう言っているだけで、40代、50代になればまた別の「何をしても楽しくない」があるでしょうし、
人によっても理由はそれぞれなのかとも思います。

一般的な「こうすれば楽しくなるよ」ってのを実行すれば人生が楽しくなるなんてことは無く、
自分で見て、聞いて、感じて、考えて、やっと答えが出ることなのではないかと思います。
その答えを出すためには多くの時間がかかるかもしれませんし、ふとした瞬間に答えが出るのかもしれません。

この記事が少しでも、「何をしても楽しくない」と感じていることへの足しになれば幸いです。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です