ビル風が強い場所はどこ?強風の原因や風が強い場所一覧

ビル風が強い場所はどこなのでしょうか?

街中を歩いていると、歩くルートによっては風が強く、歩きにくい所を歩かなければいけないこともあります。
特にビル群の中を歩くときは、日によっては強い風が吹いている時があり、そのような時は進みも遅いし早く抜けたいものです。

ビル風が特に強い場所はどこなのでしょうか?
また、ビル風の原因はなんなのでしょうか?

今日はそれについて詳しく見ていきます。
ビル風の原因が気になっている人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

ビル風とは

ビル風とは、高層ビルなどの大きな建物の周りで起こる強い風のことです。
ビル風は、建物にぶつかった風が上下左右に分かれて流れることで、風速が増したり、乱流が発生したりします。

ビル風は、歩行者や自転車の転倒、窓ガラスや屋根瓦の破損、植物の倒木などの被害をもたらすことがあります。
ビル風の対策としては、建物の形状や配置を工夫したり、防風林やフェンスを設置したりすることがあります。

 

強いビル風が発生してしまう原因

ビル風は、高層ビルなどの大きな建物に風がぶつかるときに起こります。
風は建物の前で上下左右に分かれて流れますが、そのときに空気の圧力が高くなります。

この圧力のエネルギーが、建物の角を通り過ぎた後に速度のエネルギーに変わります。
その結果、建物の側面で風速が増して強風になります。

また、上空では風速が速いので、高層ビルはより大きな風のエネルギーを受けます。
そのため、高層ビルほどビル風の問題が大きくなります。

ビル風は、歩行者や自転車の転倒、窓ガラスや屋根瓦の破損、植物の倒木などの被害をもたらすことがあります。
ビル風の対策としては、建物の形状や配置を工夫したり、防風林やフェンスを設置したりすることがあります。

これがビル風の起こるメカニズムです。

 

都内でビル風が強い場所

ビル風とは、高層ビルなどの大きな建物の周りで起こる強い風のことです。
ビル風は、建物にぶつかった風が上下左右に分かれて流れることで、風速が増したり、乱流が発生したりします。
ビル風は、歩行者や自転車の転倒、窓ガラスや屋根瓦の破損、植物の倒木などの被害をもたらすことがあります。

都内でビル風が強い場所は、以下のようなランキングになります。

 

順位 場所 理由
1 新宿 高層ビルが多く、剥離流や吹き降ろし、谷間風が発生しやすい
2 汐留 高層ビルと海に挟まれており、海からの強い風が建物に当たって加速する
3 中野坂上 山手通り沿いに高層ビルが並び、南北方向の風が強まる
4 品川 新幹線や空港へのアクセスが良く、高層ビルが増えている
5 飯田橋 皇居の近くで地形的に小高くなっており、風が強くなる
6 赤坂 政治や皇室のお膝元で高層ビルや歴史的建造物が多い
7 東京・大手町 東京駅や丸の内エリアに近く、ビジネス街として発展している
8 新富町・築地 銀座に近く、7路線の利用が可能な交通の要所
9 後楽園・水道橋 東京ドームや水道橋駅周辺に高層ビルや商業施設が集中している
10 勝どき リバーサイドで高層マンションが立ち並ぶ再開発エリア

 

ビル群のどのあたりに立つのが一番ビル風を感じられる?

ビル群のどのあたりに立つのが一番ビル風を感じられるのでしょうか。

ビル風とは、高層ビルなどの大きな建物の周りで起こる強い風のことです。
ビル風は、建物にぶつかった風が上下左右に分かれて流れることで、風速が増したり、乱流が発生したりします。

ビル風を感じられる場所は、建物の形状や配置、風向や風速などによって異なりますが、
一般的には以下のような場所で強くなりやすいと言われています。

・建物の角や軒から吹き出す剥離流という風
・建物の高さの60~70%付近で下方に向かう吹き降ろしという風
・二つの建物が近接している場合に谷間風という風
・建物の下層部分に開口部がある場合にピロティ風という風
・街路や路地に沿って吹く街路風という風

これらの場所では、ビル風を感じられる可能性が高いです。

もちろん、これらはあくまで一般的な傾向であり、実際にはビル風は非常に複雑な現象です。
ビル風を正確に予測するには、コンピューターシミュレーションや風洞実験などの専門的な手法が必要です。

 

ビル風の強い季節

ビル風とは、高層ビルなどの大きな建物の周りで起こる強い風のことです。
ビル風は、建物にぶつかった風が上下左右に分かれて流れることで、風速が増したり、乱流が発生したりします。

ビル風が強く吹く季節は、一般的には 春 と 秋 です。
これは、気温や気圧の差が大きくなる季節であるためです。

春には、寒気と暖気がぶつかり合って低気圧が発達しやすくなります。
これを 春の嵐 や メイストーム と呼びます。
春の嵐は、台風並みの強風を伴うことがあります。

秋には、夏の暑さが残る南の海域から台風が発生しやすくなります。
台風は、大きな空気の渦であり、反時計回りに強い風を巻き起こします。
台風の右側半円は、周りの風と同じ方向に吹いているため、特に強い風になります。

ビル風は、これらの季節的な強風によってさらに増幅されることがあります。
高層ビルや超高層マンションが密集している地域では、ビル風の影響で最大60m/sにも達することもあります。

ビル風は、歩行者や自転車の転倒、窓ガラスや屋根瓦の破損、植物の倒木などの被害をもたらすことがあります。
ビル風の対策としては、建物の形状や配置を工夫したり、防風林やフェンスを設置したりすることがあります。

 

ビル風以外にも風が強い場所

ビル風とは、高層ビルなどの大きな建物の周りで起こる強い風のことです。
ビル風は、建物にぶつかった風が上下左右に分かれて流れることで、風速が増したり、乱流が発生したりします。

ビル風以外にも、以下のような場所で風が強くなることがあります。

 

橋の上:

橋の上で風が強くなる理由は、主に以下の二つです。

 

地形風:

山や谷などの地形によって、風の流れが変わることで、風速が増したり減ったりします。
橋が山や谷に架かっている場合、橋の上で風が急に強くなったり弱くなったりすることがあります。

 

剥離流:

橋桁やケーブルなどの構造物にぶつかった風が、その後ろで渦を巻いて流れることです。
剥離流は、構造物の後方で風速が不規則に変動したり、乱流を発生させたりします。
これらの現象は、橋の上で風が強くなるメカニズムとして考えられます。

また、橋の上で風が強くなると、橋自体も風に影響を受けます。
風によって橋桁やケーブルに空気力が作用し、橋が変形したり振動したりすることがあります。
このとき、空気力は定常的なものと非定常的なものに分けられます。

 

定常空気力:

時間平均した空気力のことです。
定常空気力は、構造物の形状や角度によって決まります。
定常空気力は、構造物に静的な変形や応力を生じさせます。

 

非定常空気力:

時間的に変動する空気力のことです。
非定常空気力は、地形風や剥離流などの要因によって発生します。
非定常空気力は、構造物に動的な振動を生じさせます。

これらの空気力は、橋の上で風が強くなる影響として考えられます。

 

海岸や島:

海と陸の気温や気圧の差によって、海から陸に向かって吹く季節風や海陸風が発生します。
また、台風や低気圧などの大気の渦によって、海岸や島に向かって吹く暴風や高潮が発生します。

 

山岳地帯:

山の形状や高さによって、山にぶつかった風が上昇したり下降したりする地形風が発生します。
また、山の上空では高速で吹く偏西風やジェット気流が発生します。

 

平野や盆地:

平野や盆地では、日中は太陽の熱で空気が上昇し、周囲から空気が流れ込む熱循環が発生します。
また、平野や盆地の周囲にある山々から吹き下ろす冷たい風を下山風と呼びます。

これらの場所では、ビル風とは異なるメカニズムで風が強くなることがあります。

[quads id=1]

 

「ビル風が強い場所はどこ?強風の原因や風が強い場所一覧」についてのまとめ

都心である新宿や汐留、中野坂上のビル群の中に行くと強いビル風に吹かれることがあります。
ビル風の原因は、高層ビルなどの大きな建物に風がぶつかり、左右上下に分かれて流れた時の気圧が高くなることが原因で吹くものです。
建物の形状が変わった形をしていたり、風よけがついたりしていればそれはビル風対策のものかもしれませんね。

風の強い春や秋に、あえてビル風を感じに散歩に出かけるのもまた楽しいかもしれません。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です