東京の名物ってなに?ここでしか食べられないものは?

「東京」と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか?
東京に住んでいる人からすると「都会、電車が多くて便利」くらいのイメージしかないのではないかと思いますが、
東京に住んでいない人からするとまた違ったイメージになってくるのではないかと思います。

私はもともとは岐阜県の田舎の出身で、生まれた家は見渡せば360°山に囲まれていましたし、
最寄りの売店は個人商店、畑や田んぼの作業が日常的にあるようなところでした。

当時は「東京」と聞いて、何でもありそう、都会、何でもありそう、言葉が綺麗(方言と比べて)、
空気が悪いなどのイメージを持っており、とても「観光・名物」といったものとは程遠いものでした。

今日はそんな東京について、「名物」の視点でお伝えしていきます。
東京の「歴史」を感じたいと考えている人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

東京で歴史のある名物

では、東京で歴史のある名物を5つ紹介します。

 

江戸前寿司:

握り寿司の元祖で、東京・江戸を代表する郷土料理のひとつです。
東京湾で獲れた魚介を使い、酢で〆る、醤油に漬けるなどの仕事が施されています。

 

どぜう鍋:

どじょうを丸ごと甘辛い割下で煮込み、たっぷりの葱と一緒に食べる料理です。
江戸時代から長く庶民に愛され続けてきた料理で、浅草が発祥の地とされています。

 

柳川鍋:

どじょうを使ったもう一つの東京名物です。
どじょうを開いて骨や内臓を取り除き、卵で閉じて煮込むことが多いです。
夏バテ予防のために食べられることもあります。

 

深川めし:

深川は江戸時代から漁師町として栄えた地域で、その漁師たちが食べていたメシが深川めしです。
ご飯に鰻やあさりなどの具材を乗せて蒸し上げたもので、現代でも人気があります。

 

あんみつ:

餡を味わう涼やかな和スイーツです。
寒天や白玉、フルーツなどを盛り付けて、黒蜜をかけて食べます。
明治時代に浅草で誕生したと言われています。

 

東京の歴史を感じられる手土産

では、東京の歴史を感じられる手土産とはどんなものがあるでしょうか。
上の名物に関連したものが良いのではないかと思います。

 

江戸前寿司に関連した手土産:

握り寿司の元祖で、東京・江戸を代表する郷土料理のひとつです。
東京湾で獲れた魚介を使い、酢で〆る、醤油に漬けるなどの仕事が施されています。
江戸前寿司の詰め合わせやおにぎりなどが手土産におすすめです。

 

どぜう鍋に関連した手土産:

どじょうを丸ごと甘辛い割下で煮込み、たっぷりの葱と一緒に食べる料理です。
江戸時代から長く庶民に愛され続けてきた料理で、浅草が発祥の地とされています。
どじょうの素揚げや佃煮などが手土産におすすめです。

 

柳川鍋に関連した手土産:

どじょうを使ったもう一つの東京名物です。
どじょうを開いて骨や内臓を取り除き、卵で閉じて煮込むことが多いです。
夏バテ予防のために食べられることもあります。
柳川鍋の素やどじょうの佃煮などが手土産におすすめです。

 

深川めしに関連した手土産:

深川は江戸時代から漁師町として栄えた地域で、その漁師たちが食べていたメシが深川めしです。
ご飯に鰻やあさりなどの具材を乗せて蒸し上げたもので、現代でも人気があります。
深川めしの素やあさりの佃煮などが手土産におすすめです。

 

あんみつに関連した手土産:

餡を味わう涼やかな和スイーツです。
寒天や白玉、フルーツなどを盛り付けて、黒蜜をかけて食べます。
明治時代に浅草で誕生したと言われています。
あんみつや黒蜜などが手土産におすすめです。

[quads id=1]

 

「東京で歴史のある名物」についてまとめ

東京は、今となっては巨大なビル群や、人ごみのイメージも多いですが、
昔は東京湾での漁業が盛んで、名物もそこから生まれたことが伺えます。

葛飾北斎の絵を見てみてみると、海や川に関連した絵が多くあるので気になった方は見てみてください。
たまには「東京の歴史」を感じてみるのもまた、良いのではないでしょうか。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です