足裏日光浴の効果とは?本当に健康に繋がるの?

「足裏日光浴」の効果は本当にあるのでしょうか?

足裏日光浴とはその名の通り、
「足の裏だけに日光を当て、日光を浴びるのと同じような効果を得ましょう。メリットとして日焼けや紫外線の足裏以外への肌のダメージを抑えることができます」
というものです。

確かに、夏などの紫外線が強い時期には外に出るだけで日焼けが気になりますし、
人によっては日光に晒す肌の面積を最小限にし、汗だくになりながら外を歩いている人もいます。

足裏に日光を当てるだけで日光浴とおなじような効果が得られるとしたら、とてもメリットがありそうですね。
今日はそんな、「足裏日光浴」の効果について徹底的に調べてきました。

普段、日焼けをしたくなくて直射日光は避けいる人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

「足裏日光浴」は本当に効果があるの?

足裏日光浴は、両足の裏に日光を当てることで、体にいい効果があると言われています。
具体的には、以下のような効果が期待できます。

 

足裏日光浴の効果

以下が足裏日光浴の効果です。

 

ビタミンDの生成:

日光に含まれる紫外線が皮膚でビタミンDを作ります。ビタミンDは骨や筋肉を強くする働きがあります。

 

セロトニンの分泌:

日光に含まれる可視光が脳内でセロトニンというホルモンを分泌させます。
セロトニンはストレスを軽減し、気分を明るくする働きがあります。

 

体内時計の調整:

日光に含まれる青色光が目の網膜から脳に伝わり、体内時計をリセットします。
体内時計は睡眠やホルモンの分泌などに影響します。

 

「足裏日光浴」と「日光浴」の違い

足裏日光浴と普通の日光浴の違いは、主に以下の点です。

 

面積:

足裏日光浴は両足の裏だけに日光を当てますが、普通の日光浴は顔や腕なども含めて広い範囲に日光を当てます。
顔の面積くらいの皮膚が日光に当たるだけでも効果があるということが分かっています。

 

日焼け:

足裏日光浴は顔や腕などと違って日焼けの心配も少ないため、気軽にできる日光浴法です。
普通の日光浴は過度な日焼けをすると肌にダメージを与えたり、皮膚ガンのリスクを高めたりする可能性があります。

 

やり方:

足裏日光浴は窓際で両方の足裏を日光に当てて、約15分間リラックスするだけです。
普通の日光浴はビーチや公園などで行うことが多く、水遊びやサングラスなどで体温や目の保護もしながら行います。

 

足裏日光浴は日焼けしない?

足裏日光浴は、顔や腕などと違って日焼けの心配も少ないため、気軽にできる日光浴法です。
しかし、紫外線は肌にダメージを与える可能性もあるので、長時間やりすぎないように注意しましょう。

紫外線は、皮膚のDNAに傷をつけたり、シワやシミの原因になったり、皮膚がんのリスクを高めたりすることがあります。
紫外線は、その波長によって以下の3種類に分類されています。

紫外線A波(UVA):皮膚の深い部分に届き、光老化や皮膚がんの原因となることがあります。
紫外線B波(UVB):皮膚の表面に届き、日焼けや日光角化症、皮膚がんの原因となることがあります。
紫外線C波(UVC):オゾン層で遮られて地表に届きません。

 

日光を浴びると日焼けするのはなぜ?

日焼けとは、太陽光の中の紫外線を浴びることによって皮膚が炎症を起こした状態のことです。
紫外線には、その波長によってUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、UVC(短波長紫外線)の3種類がありますが、
日焼けの原因となるのは主にUVAとUVBです。

UVAは皮膚の深い部分に届き、メラニン色素の生成を促します。
メラニン色素は肌の色を濃くする働きで、紫外線から肌を守る役割を担っています。

しかし、メラニン色素が過剰に生成されると、肌が黒くなったりシミができたりします。
これをサンタンと呼びます。

UVBは皮膚の表面に届き、皮膚細胞のDNAに傷をつけたり、血管を拡張させたりします。
これにより、皮膚が赤くなったりヒリヒリしたりします。
これをサンバーンと呼びます。

日焼けは、一時的なものだけでなく、長期的にも肌に悪影響を及ぼします。
日焼けによって肌が乾燥したりシワやたるみができたりします。
また、紫外線は皮膚ガンのリスクを高めることも知られています。

日焼けを防ぐためには、日傘や帽子、衣類などで肌を覆うことや、日焼け止めを塗ることが有効です。
日焼け止めはSPF(サンバーン防止指数)やPA(UVA防止指数)などで紫外線カット効果が表示されています。
SPFやPAが高いほど効果が高いですが、汗や水で落ちやすいのでこまめに塗り直す必要があります。

 

足裏日光浴の正しいやり方

足裏日光浴のやり方はとても簡単です。窓際で両方の足裏を日光に当てて、約15分間リラックスするだけです。
オススメの時間帯は正午前後です。
この時間帯は太陽が高くなり、効率よく日光浴をすることができます。

足裏日光浴は、顔や腕などと違って日焼けの心配も少ないため、気軽にできる日光浴法です。
ただし、紫外線は肌にダメージを与える可能性もあるので、長時間やりすぎないように注意しましょう。

足裏日光浴は本当に効果があるという科学的な根拠はまだ十分ではありませんが、多くの人が体感していることは事実です。

 

足裏には様々な神経が巡っている

足裏を刺激すると、以下のようなメカニズムで健康になると言われています。

足裏には全身の器官や内臓とつながっている反射区という神経の集中した部分があります。
反射区を刺激することで、その該当する器官や内臓の機能を回復させたり活性化させたりできると考えられています。
例えば、胃の反射区を刺激すれば胃の働きが活発になり、目の反射区を刺激すれば目がスッキリするという具合です。

足裏を刺激することで血流が改善されます。足は心臓から遠いため血流が悪くなりやすく、重力によって水分がたまりやすいので、
体のなかでももっとも冷えやむくみが起こりやすいところです。
足裏マッサージによって溜まりがちな老廃物を流し、血液の流れの改善すれば、冷えも改善し、むくみもすっきりします。

足裏を刺激することでリラックス効果も得られます。足裏には自律神経をととのえるツボ(反射区)もありますから、
マッサージすることでストレスを軽減し、不眠の改善も期待できます。

足裏を刺激することで足の筋肉が柔らかくなり、歩行やバランス感覚が向上します。
足裏の筋肉は知らず知らずのうちに疲労し固くなってしまうことがあります。
その状態が続くと負担は腰などにかかり、腰痛や肩こりの原因になります。

足裏マッサージによって筋肉をほぐし、クッション性を高めることで、安定した歩行ができるようになります。

 

足裏日光浴は睡眠の質を高める効果も期待できる?

足裏日光浴は睡眠の質を高める効果も期待できます。その理由は以下の通りです。

・足裏日光浴は、昼間に明るい光を浴びることで、夜に分泌されるメラトニンというホルモンが増えることが知られています。メラトニンは睡眠を誘導する働きがあります。つまり、足裏日光浴をすることで、入眠しやすくなります。

・足裏日光浴は、正午前後に行うことで、体内時計を調整することができます。体内時計は、昼と夜のメリハリをつけて、睡眠のリズムを整える役割を担っています 。つまり、足裏日光浴をすることで、睡眠サイクルが安定します。

・足裏日光浴は、セロトニンというホルモンの分泌も助けることができます。セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれるホルモンです 。セロトニンが体内に増えると、不安やストレス解消に繋がり、心を整える効果があります 。つまり、足裏日光浴をすることで、リラックスして眠りにつくことができます。

[quads id=1]

 

「足裏日光浴の効果とは?本当に健康に繋がるの?」についてのまとめ

足裏日光浴の効果については、様々なものが期待できます。
体に必要なビタミンDを生成したり、体内時計を整えたり、ストレスを軽減させるセロトニンを生成させたりです。

足の裏で日光浴をしたとしても特別な効果はありませんが、肌へのダメージを最小限に抑えられることは大きなメリットだと言えるでしょう。

紫外線の強い時期に、日光を避けてしまっている人でも、足裏日光浴をし、健康で前向きな気持ちで生きていけたら良いのではないでしょうか。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です