大人の夜泣きはストレスが原因。「夜驚症」の治し方。

大人も夜泣きをしてしまうことがあるのはご存じでしょうか?

夜中、睡眠中に突然、大きな声で泣き出したり、起き上がったり、目を見開いたり、
パニックを起こしたような症状が大人の夜泣きである「夜驚症(睡眠時驚愕症)」です。

夜泣きは、基本的には6歳程までの小児に見られる症状で、大人になると出なくなることがほとんどです。
しかし、稀に大人でも夜泣きである「夜驚症(睡眠時驚愕症)」を発症することがあり、それによって本人や周囲の人の生活に支障が出てきているようであれば
原因を突き止め、治療をしていかなければなりません。

今日はそんな大人の夜泣きである「夜驚症(睡眠時驚愕症)」について、原因と治し方を詳しく見ていきます。

周囲の人が、大人の夜泣きである「夜驚症(睡眠時驚愕症)」かもしれない人、
自分自身が大人で、何故か夜泣きで目が覚めてしまう人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

大人が夜泣き「夜驚症(睡眠時驚愕症)」とは?

夜驚症(睡眠時驚愕症)とは、睡眠中に突然恐怖に襲われて叫んだり暴れたりする睡眠障害の一種です。
子どもに多く見られる症状ですが、大人でも発症することがあります。
大人の夜驚症の原因や治療について、以下のように説明できます。

・大人の夜驚症の原因は、明確には分かっていませんが、過度なストレスや不安、睡眠不足、騒音などが影響していると考えられています。また、遺伝的な要素も関係している可能性があります。

・大人の夜驚症の治療は、基本的には自然消失を待つことが多いですが、症状が重くて生活に支障をきたす場合は、精神科や心療内科などで診察を受けることをおすすめします。カウンセリングや薬物療法などで、ストレスや不安を軽減することができます。

・大人の夜驚症の対策としては、睡眠前にリラックスすることや、睡眠環境を整えることが大切です。また、メラトニンというホルモンは睡眠の質を高める効果があるため、トリプトファンやビタミンB6などを含む食品を摂取することも効果的です。

夜驚症は怖い症状ですが、健康に直接的な悪影響はほとんどありません。
自分や家族が夜驚症に悩んでいる場合は、適切な対処法や治療法を探してみてください。

 

大人の夜泣きと子どもの夜泣きとの違い

大人の夜泣きと子どもの夜泣きの違いについて、以下のように説明できます。

 

大人の夜泣き:

大人の夜泣きとは、睡眠中に突然恐怖に襲われて叫んだり暴れたりする睡眠障害の一種です。
子どもに多く見られる症状ですが、大人でも発症することがあります。
大人の夜泣きの原因は、過度なストレスや不安、睡眠不足、騒音などが影響していると考えられています。

また、遺伝的な要素も関係している可能性があります。
大人の夜泣きは、自然消失を待つことが多いですが、症状が重くて生活に支障をきたす場合は、精神科や心療内科などで診察を受けることをおすすめします。

 

子どもの夜泣き:

子どもの夜泣きとは、生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる、夜間の理由のわからない泣きです。
昼間はとても元気に遊んで、寝る前までは機嫌も悪くなかったのに、夜中になって急に泣きだし、なかなか泣き止まないという状態が、
この時期の赤ちゃんに多く見受けられます。

子どもの夜泣きの原因は、明確には分かっていませんが、睡眠リズムの未熟さや知能発達に伴う夢見や興奮などが影響していると言われています 。
子どもの夜泣きは、規則正しい生活やリラックスした寝かしつけなどで改善することがありますが、基本的には成長とともにおさまっていくものです。

大人の夜泣きと子どもの夜泣きの違いは、主に原因や治療法にあります。
大人の夜泣きは心理的な要因が強く、専門的な治療が必要な場合があります。

子どもの夜泣きは生理的な要因が強く、自然に治まることが多いです。
また、大人の夜泣きは自分自身で気づくことができますが、子どもの夜泣きは親や周囲の人たちに気づかれることが多いです。

 

子どもの「夜泣き」ってどんな症状?

夜泣きとは、お腹も空いてなく、おむつも濡れていないのに赤ちゃんが夜中に突然泣き出し、抱っこしてあやしてもなかなか泣き止まないことです。
夜泣きは、赤ちゃんの成長や発達の過程で起こる一時的な現象で、病気ではありません。

 

夜泣きの原因

夜泣きの原因は、はっきりとは分かっていませんが、以下のような要因が考えられています。

・睡眠のリズムが未熟で、昼と夜の区別がつかない
・日中の刺激や興奮で夢を見る
・環境や生活の変化に対応できない
・親離れや自我の芽生えによる不安
・育児に対する親のストレスや不安を感じる

 

夜泣きの症状

夜泣きの症状は、赤ちゃんによってさまざまですが、一般的には以下のような特徴があります。

・夜泣きは生後3ヶ月から1歳半くらいまでの間に起こりやすい
・夜泣きは眠りに入って数時間後に起こりやすい
・夜泣きは10~20分程度続くことが多い
・夜泣きは一晩に何回も繰り返されることがある
・夜泣きは大声で叫んだり、手足をバタつかせたりすることがある

 

夜泣きの対処法

夜泣きの対処法は、赤ちゃんに合わせて試行錯誤する必要がありますが、以下のような方法が効果的な場合があります。

・生活のリズムを整える(昼と夜のメリハリをつける、食事や睡眠の時間を守るなど)
・昼間に十分に遊ばせて疲れさせる(散歩や外遊びなど)
・睡眠前にリラックスさせる(お風呂やベビーマッサージなど)
・睡眠中に安心感を与える(抱っこや添い寝、ぬいぐるみや毛布など)
・睡眠中に起こした場合は静かに声をかけたり触れたりする

夜泣きは赤ちゃんだけでなく親も大変ですが、成長とともに自然と治まっていくものです。

 

夜泣きに自覚症状は無い

夜泣きに自覚症状はあるのでしょうか?
夜泣きとは、生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる、夜間の理由のわからない泣きです。
夜泣きは、赤ちゃんの成長や発達の過程で起こる一時的な現象で、病気ではありません。

夜泣きをする赤ちゃんは、泣いているときは目が開いていることが多いですが、実際には眠っている状態です。
そのため、夜泣きに自覚症状はありません。夜泣きをしたことを覚えている赤ちゃんもほとんどいません。

夜泣きと似たような症状で、自覚症状があるものに「夜驚症(睡眠時驚愕症)」という睡眠障害があります。
夜驚症とは、睡眠中に突然恐怖に襲われて叫んだり暴れたりする睡眠障害の一種です。
子どもに多く見られる症状ですが、大人でも発症することがあります。

夜驚症の場合は、パニック時に声をかけても覚醒しないことが多いですが、目覚めた後にはパニックのことを覚えていることがあります。
そのため、夜驚症に自覚症状がある場合もあります。

 

大人の夜泣き「夜驚症(睡眠時驚愕症)」の原因は?

大人の夜泣き「夜驚症(睡眠時驚愕症)」の原因について見ていきます。
夜驚症とは、睡眠中に突然恐怖に襲われて叫んだり暴れたりする睡眠障害の一種です。
子どもに多く見られる症状ですが、大人でも発症することがあります。
大人の夜驚症の原因について、以下のように説明できます。

 

大人の夜泣き「夜驚症」の原因①

大人の夜泣き「夜驚症」の原因は、明確には分かっていませんが、過度なストレスや不安、睡眠不足、騒音などが影響していると考えられています。
また、遺伝的な要素も関係している可能性があります。

 

大人の夜泣き「夜驚症」の原因②

大人の夜驚症は、眠りの深いノンレム睡眠時に起こります。
このとき、脳の大脳辺縁系という感情を司る部分だけが覚醒し、恐怖やパニックを感じることがあります。

 

大人の夜泣き「夜驚症」の原因③

大人の夜泣き「夜驚症」は、心理的なストレスが原因となっている場合が多いです。
ストレスは脳内の神経伝達物質やホルモンのバランスを乱し、睡眠の質を低下させます。
また、ストレスは心拍数や血圧などの自律神経系にも影響し、身体的な不調を引き起こすこともあります。

 

大人の夜泣き「夜驚症」の原因④

大人の夜泣き「夜驚症」は、睡眠リズムの乱れや刺激の多い環境にも関係しています。
睡眠リズムは生体リズムと密接に関係しており、日光や温度などの外的要因によって調整されます。

しかし、不規則な生活やシフト勤務などで睡眠リズムが乱れると、脳内時計が混乱し、睡眠中の覚醒障害を引き起こすことがあります。
また、刺激的な映像や音楽などで精神が興奮すると、脳波が活発化し、ノンレム睡眠への移行が妨げられることもあります。

 

大人の夜泣き「夜驚症」の原因⑤

大人の夜驚症は、恐怖体験や薬物の影響にも関係しています。
恐怖体験は心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神障害を引き起こすことがあります。
PTSDではフラッシュバックや悪夢などで再体験することがありますが、夜驚症でも恐怖体験が再現されることがあると考えられています。

また、薬物によっても夜驚症を引き起こす可能性があります。
例えば、鎮静剤や解熱剤などはノンレム睡眠を増加させる効果があるため、夜驚症の発生率を高めることがあります。

 

大人の夜泣き「夜驚症(睡眠時驚愕症)」の治療方法

大人の夜泣き「夜驚症」の治療方法について、以下のように説明できます。

大人の夜驚症の治療は、基本的には自然消失を待つことが多いですが、症状が重くて生活に支障をきたす場合は、
精神科や心療内科などで診察を受けることをおすすめします。
カウンセリングや薬物療法などで、ストレスや不安を軽減することができます。

カウンセリングでは、夜驚症の原因となる心理的な問題や恐怖体験などを探り、適切な対処法やコーピングスキルを学ぶことができます。
また、睡眠衛生やリラクゼーション法なども指導されることがあります。
薬物療法では、抗不安薬や抗うつ薬などを処方されることがあります。

これらの薬は、神経伝達物質やホルモンのバランスを整えて、精神的な安定感を高める効果があります。
ただし、副作用や依存性に注意する必要があります。

また、睡眠障害専門の医療機関では、ポリソムノグラフィー検査という睡眠中の脳波や筋肉の動きなどを測定する検査を行うこともあります。
この検査では、夜驚症の発生頻度や程度、他の睡眠障害との関連性などを詳しく調べることができます。

 

何科を受診すれば良いの?

夜驚症の治療は、基本的には自然消失を待つことが多いですが、症状が重くて生活に支障をきたす場合は、医療機関で診察を受けることをおすすめします。
夜驚症の診断・治療は、精神科・心療内科・睡眠外来などで受けることができます。

カウンセリングや薬物療法などで、ストレスや不安を軽減することができます。
また、小児科でも夜驚症に対応しているところがあります。
特に小児の場合は、成長とともに改善されることが多いので、小児科で相談してみるのも一つの方法です。

[quads id=1]

 

「大人の夜泣きはストレスが原因。「夜驚症」の治し方。」についてのまとめ

大人の夜泣きである「夜驚症(睡眠時驚愕症)」は、過度なストレスや睡眠不足が原因と言われています。
ただ、精神的に悪い影響があるということはあまり無いことが多く、
直接的な影響である「睡眠不足」が周りの人や本人に出ているようであれば対処が必要になります。

大人の夜泣きで病院にかかる場合は精神科を受診すると良いです。

なるべく睡眠時間を確保し、睡眠不足にならないこと。
日中に受けたストレスはなるべく溜め込まないようにして、健康的なストレス解消方法を持つことを心がけ、
快適な睡眠のできる生活を送りたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です