都内で美味しいおかずに出会える商店街5選。

街歩き系のテレビ番組を見ていると良く「商店街」が映ることがありますよね。
商店街を歩いていると美味しそうな揚げたてのコロッケやメンチカツ、街の和菓子屋さん、銭湯など、
商売ではあるけれど人の温かみがあるものばかりで見るたびに「いいなー」と思います。

私も何度かその商店街を目掛けて散歩をしたことがあり、揚げたてのコロッケやメンチカツを堪能したことがあります。
やはり、テレビで知った時と実際に足を運んだ後での感想は大きく違い、実際に足を運んだ後の方が
魅力的だと思えます。

そこで今回は、「都内で美味しいおかずが買える商店街」を5つ紹介します。
これから引越しを考えいる人や、揚げたてのコロッケやメンチカツが食べたい人は参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

都内で美味しいおかずに出会える商店街5選

都内で美味しいものに出会える商店街をランキング形式で5つ紹介します。
どの商店街も魅力的で、その活気や美味しさは文字で伝わりきらないです。

 

第5位:上野アメ横商店街

上野駅と御徒町駅の間にある約500メートルのアーケード商店街です。
約400店が軒を連ねており、食品や衣料品、雑貨などさまざまな商品が安く買えます。
年末には食材を求める人で大混雑することでも有名です。

上野アメ横商店街とは、東京都台東区上野にある約500メートルのアーケード商店街で、約400店が軒を連ねています。
アメ横という名前の由来は、戦後にアメリカからの輸入品や闇市が多かったことからきています。
商店街には、食品や衣料品、雑貨などさまざまな商品が安く買えます。年末には食材を求める人で大混雑することでも有名です。

商店街の公式キャラクターは「アメちゃん」という名前のパンダで、商店街のロゴや看板などに描かれています。
商店街には、食べ歩きにおすすめのお店も多くあります。
たとえば、「あづま」のきびだんごや「浅草九重」の揚げまんじゅう、「浅草メンチ」のメンチカツなどが人気です。

 

第4位:巣鴨地蔵通り商店街

「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる浅草寺の参道にある商店街です。
90店舗近くの土産物屋や食べ物屋が並んでおり、下町情緒を感じられます。
幸福だんごや舟和の芋ようかんなど、食べ歩きにもおすすめです。

巣鴨地蔵通り商店街とは、東京都豊島区巣鴨にある商店街で、
浅草寺の参道にあるとげぬき地蔵尊に参る人々が必ず通る場所です。
商店街には、約200店が軒を連ねており、「おばあちゃんの原宿」と呼ばれるほど高齢者に人気のエリアです。

商店街の公式キャラクターは「すがもん」という名前の亀で、商店街のロゴや看板などに描かれています。
商店街には、食べ歩きにおすすめのお店も多くあります。たとえば、「幸福だんご」や「舟和」の芋ようかん、「巣鴨更科」の生そばなどが人気です。

商店街の周辺には、高岩寺や染井霊園などの名所もあります。

 

第3位:戸越銀座商店街

戸越銀座駅から西馬込駅まで続く約1.3キロメートルの商店街です。
約400店が集まっており、食品や日用品、雑貨などが豊富に揃っています。
特に食べ物屋が多く、串カツやたい焼き、クレープなどが人気です。

戸越銀座商店街とは、東急池上線戸越銀座駅から西馬込駅まで続く約1.3キロメートルの商店街で、約400店が集まっています。
戸越銀座という名前の由来は、1923年の関東大震災の時に壊滅的な被害を受けた銀座から
レンガの瓦礫を譲り受けて通りに敷き詰めたことや、銀座のように繁栄することを願って命名したことによります。

商店街には、食品や日用品、雑貨などが豊富に揃っています。
特に食べ物屋が多く、焼き鳥やコロッケ、唐揚げ、餃子などのB級グルメが安くておいしいと評判です。

商店街は、毎日午後3時間ほど交通規制がされるため、道の真ん中で食べ歩きができます。
また、すべての電信柱が地下化されているため、景観も美しいです。

商店街の周辺には、戸越公園や戸越八幡神社などの名所もあります。
また、戸越銀座温泉という銭湯では、天然温泉や露天風呂を楽しむことができます。

 

第2位:仲見世商店街

日本で最も古い商店街の一つで、浅草寺の参道にある250メートルの商店街です。
雷門から浅草寺までの間に約90店が並んでおり、和菓子や浅草名物のきびだんごなどが販売されています。
国内外から多くの観光客が訪れます。

仲見世商店街とは、東京都台東区浅草にある、浅草寺の参道に沿って約250メートル続く商店街で、約90店が集まっています。
仲見世商店街の歴史は古く、江戸時代には浅草寺の境内に出店する役店や平店が仲見世の始まりと言われます。

明治時代には赤レンガ造りの近代仲見世が誕生しましたが、関東大震災で倒壊しました。
その後、現在の朱塗りの華やかな商店街に生まれ変わりました。

仲見世商店街には、伝統工芸品や和菓子、軽食などが豊富に揃っています。
特に人気なのは、人形焼きやきびだんご、あげまんじゅうなどの食べ歩きグルメや、ちんすこうやせんべいなどのお土産です。

仲見世商店街は、観光客を出迎えるシンボルとして雷門や宝蔵門があります。
雷門には巨大な提灯が吊るされており、宝蔵門には仁王像が安置されています。
これらの門をくぐって浅草寺に向かうときは、参拝者の心構えを整える意味もあります。

仲見世商店街は、シャッターを下ろした夜間も楽しめる場所です。
シャッターに描かれた「浅草絵巻」という絵画作品は、浅草の歴史や文化を表現したもので、
ライトアップされて幻想的な雰囲気を醸し出します。

 

第1位:京急雑色商店街

雑色駅からアクセスできる約500メートルのアーケード商店街です。
約200店が軒を連ねており、肉屋や和菓子屋など昔ながらの店が多くあります。
特に竹沢商店の焼き鳥は安くて美味しいと評判です。

京急雑色商店街とは、東京都大田区にある、京急雑色駅から東急池上線雑色駅まで続く約1キロメートルの商店街で、
約300店が集まっています。

京急雑色商店街の歴史は古く、1947年に「町田国際マーケット」として開業しました。
その後、1953年に現在の名前に変更され、現在70年以上の歴史がある商店街になりました。

京急雑色商店街には、食料品や日用品、服飾や生活用品などが豊富に揃っています。
特に人気なのは、肉系デリカや惣菜、パンや和菓子などのテイクアウトグルメです。

食べ歩き天国とも呼ばれる商店街で、安くておいしいものがたくさんあります。
京急雑色商店街は、地域の人々と親しみやすい雰囲気の商店街です。
毎月第三土曜日には安売り合戦が行われたり、季節ごとにイベントが開催されたりしています。

また、商店街の一角には「雑色Z級グルメフェア」というフードコートがあります。

[quads id=1]

 

「都内で美味しいおかずに出会える商店街5選」についてのまとめ

テレビや画面内で見る商店街と、実際に自分の目で見る商店街は大きく違い、
その活気とお客さん、美味しいものに圧倒されます。

「商店街」と聞くと昔のイメージがある通りでどんどん縮小されている傾向にあります。
理由としては、大型ショッピングモールのブームや新型コロナウイルスなどです。

何かを買うことは生きていく上では避けられませんが、
商店街で買うのか、大型ショッピングモールで買うのか、インターネットで買うのかなど我々も選択することができます。

何が良いか悪いかでは判断できないですが、たまには商店街に足を運んで、
目でも肌でも舌でも「美味しい」を感じてみてはいかがでしょうか。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です