睡眠の質を上げるパジャマでおすすめは?選び方を解説

寝る時のパジャマの質にはこだわっていますか?
「人生の1/3はベッドの上で過ごすからマットレスにこだわりましょう」はよく言われることですが、その時に身に着けているものはパジャマです。
せっかくなら、睡眠の質を上げるパジャマを身に着けて、しっかりと休息を取りたいですよね。

今日はそんな、睡眠の質を上げるパジャマについて、選び方を解説していきます。
「しっかりと寝ているはずなのに疲れが取れない」「夜中に目が覚めてしまう」という方は参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

睡眠の質を上げるパジャマとは

パジャマは肌に直接触れるものなので、着心地や素材、締め付けなどに気を付けて選ぶと良いでしょう。
睡眠の質を上げるパジャマのおすすめブランドやメーカーとしては、以下のようなものがあります。

 

VENEX(べネクス):

リカバリーウェアとして人気のブランド。
睡眠中の体温調節や血行促進に効果的な素材を使用している。

 

快眠ラボ:

睡眠科学に基づいたパジャマを提供するブランド。
睡眠時の体温変化に合わせて保温・放熱する素材を使用している。

 

無印良品:

シンプルで高品質なパジャマが人気のブランド。
綿や麻などの天然素材や、起毛した木綿などの暖かい素材を使用している。

 

UCHINO(ウチノ):

タオルメーカーとして有名なブランド。
吸湿性や通気性に優れたガーゼ素材のパジャマがおすすめ。

 

睡眠科学:

睡眠環境を改善するための商品を開発するブランド。
睡眠中の汗やニオイを抑える機能性素材のパジャマが特徴。

 

自分に合ったパジャマの選び方

パジャマは睡眠の質に大きく影響するものなので、以下のようなポイントに注意して選ぶと良いでしょう。

 

肌触り:

着心地の良い素材を選ぶと、リラックスして眠りにつくことができます。
綿やシルクなどの天然素材や、やわらかく滑らかな繊維がおすすめです。

 

体温調節:

睡眠中に汗をかいたり、寒くなったりすると、快適な睡眠が妨げられます。
保温性と吸湿性・吸水性のバランスが良い素材を選ぶと、体温の変化に対応できます。
麻やガーゼなどの通気性の良い素材が夏に、起毛した木綿やニットキルトなどの暖かい素材が冬におすすめです。

 

動きを妨げない:

睡眠中に寝返りを打つときに、パジャマが身体を締め付けたり、ずれたりすると不快感を感じます。
適度なゆとりを持ったサイズやデザインを選ぶと、動きやすくなります。

 

丈夫な生地:

パジャマは頻繁に洗濯するものなので、生地が傷んだり型崩れしにくいものを選ぶと長持ちします。
綿+化学繊維などの混紡素材や、しっかりとした織り方のものが丈夫です。

 

季節に合っている:

パジャマは季節によって素材や厚さを変えることで、快適さを保つことができます。
夏は涼しく軽い素材や編み方・織り方のもの、冬は暖かくふっくらした素材や編み方・織り方のものを選びましょう。

 

寝る時はなぜ「パジャマ」を身に着けるの?

寝る時にパジャマを身に着けるのは、睡眠の質を高めるためです。
パジャマは、ゆったりとした着心地で、体温調節や汗の吸収にも適しています。
また、寝る前にパジャマに着替えることで、心身ともにリラックスする効果もあります。

パジャマという言葉は、ヒンドゥー語の「パージャーマー」が語源で、インドの民族服のズボンを指していました。
それをインドに駐留していたイギリス人が寝巻として使ったことから、世界中に広まりました。

日本では、戦後から一般的に着られるようになりました。
それ以前は、着物の下着や浴衣を寝巻として使っていました。

 

着慣れたスウェットでは睡眠の質の改善には繋がらない?

着慣れたスウェットで寝ても、睡眠の質はパジャマに劣る可能性があります。
スウェットは化学繊維のものが多く、吸湿性や通気性が低いため、汗をかいても乾きにくく、肌がべたついたりムレたりしやすいです。

また、袖口や裾口のゴムが締め付け感を与えたり、フードが首元にまとわりついたりして、寝返りの妨げになったりすることもあります。
パジャマは睡眠用に作られた衣服なので、吸湿性や通気性に優れた素材やゆったりとしたシルエットが多く、快適に眠ることができます。

また、パジャマに着替えることで、脳に睡眠モードへの切り替えを促す効果もあります。
パジャマは睡眠の質を高めるだけでなく、デザイン性も高いものが多いので、おしゃれに楽しむこともできます。

スウェットは部屋着としては便利ですが、寝る時にはパジャマを着る方が良いでしょう。

 

ホテルの浴衣と睡眠の質の関係は?

浴衣で寝ることが睡眠の質の改善に繋がるかどうかは、個人差や浴衣の素材や着方によっても変わると思います。
一般的には、浴衣は締め付けがなくてリラックスできたり、夏でも涼しく寝られたりするというメリットがあります。
しかし、浴衣は寝ている間にはだけてしまったり、買えるお店が少なかったり、色や柄が選べなかったりするというデメリットもあります。

また、睡眠の質を上げるには、入浴の方法も重要です。
入浴は、8〜40℃程度のぬるま湯で15〜20分浸かり、就寝前の60〜90分前に済ませるのがおすすめです。
入浴によって深部体温を上げてから下げることで、自然な眠気を引き出すことができます。
入浴剤を使うことで、効果的に深部体温を上げたり、リラックスしたりすることもできます。

 

パジャマで睡眠の質は改善するのか

パジャマを着ることで睡眠の質を改善する具体的な理由は、以下のようなものがあります。

パジャマは寝具との摩擦が少なく、寝返りがしやすいため、リラックスして眠ることができます。
パジャマは体温調節に役立ち、冷えや暑さから体を守ります。
特に冬はパジャマを着ることで深部体温を上げてから下げることができ、自然な眠気を引き出すことができます。

パジャマは肌に直接触れるものなので、肌触りが良いものを選ぶことで、気分も落ち着き、ストレスからも解放されます。

また、パジャマに着替えることにより、「これから眠りますよ」というサインが脳に送られます。
以上のように、パジャマを着ることは睡眠の質を改善するために有効な方法です。

ただし、パジャマを選ぶ際には、自分に合った素材やサイズ、季節に応じたタイプなどを選ぶことが大切です。

 

パジャマの種類

パジャマの種類は、材質や形状の観点から見ると、以下のように分類できます。

材質による分類

パジャマを選ぶ際は素材も重要になってきます。

 

織物:

糸を縦横に交差させて織り上げた生地で、ガーゼ、サテン、ローンなどがあります。

 

編み物:

糸をループ状に結んで作った生地で、天竺、パイル、ニットなどがあります。

 

天然素材:

綿、麻、絹など植物や動物から採れる素材で、吸湿性や通気性が高く肌に優しいです。

 

化学繊維:

ポリエステル、ナイロン、レーヨンなど人工的に作られた素材で、速乾性や伸縮性が高く扱いやすいです。

 

形状による分類

パジャマを選ぶ際は形状もまた重要です。

 

セパレートタイプ:

上下別々のパジャマで、前開きのシャツとズボンが一般的です。

 

ワンピースタイプ:

一枚の布で作られたパジャマで、スリップやTシャツなどのデザインがあります。

 

作務衣タイプ:

日本伝統の作務衣をモチーフにしたパジャマで、ゆったりとした着心地が特徴です。

[quads id=1]

 

「睡眠の質を上げるパジャマでおすすめは?」についてのまとめ

パジャマは、その形状や材質によって多くの種類に分けられ、また、そのメーカーによって価格帯も大きく異なります。
自分に合ったパジャマを見つけて、自分の睡眠が少しでも快適になるようにしたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です