エナジードリンクは元気(寿命)の前借り?その理由とは

「エナジードリンクは元気(寿命)の前借り」という言葉は、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
エナジードリンクが爆発的に流行して、健康に関する事故が話題となり、それと同時に流行した言葉のように思います。

エナジードリンクを飲んで、一時的に元気になるのは魅力的ですがその分元気(寿命)を前借りしているというのはなんだか怖いですよね。
今日はそんな、「エナジードリンクは元気(寿命)の前借り」という言葉について詳しく深堀して見ていきます。

「今までエナジードリンクを好んで飲んでいたけど、「エナジードリンクは元気(寿命)の前借り」という言葉を聞いて怖くて控えていた」
という人は是非参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

エナジードリンクを飲むと元気になれる理由

エナジードリンクは、カフェインやアルギニン、ビタミンB群などの成分が含まれており、
眠気覚ましや疲労解消、栄養補給などの効果が期待できます。

カフェインは、脳神経を興奮させて眠気を防ぎ、脂肪燃焼を促進する作用があります。
アルギニンは、血管を広げて血流を改善し、免疫力を高める作用があります。
ビタミンB群は、糖質や脂質などからエネルギーを効率よく生成するサポートをしてくれます。

この、「脳神経を興奮させて眠気を防ぐ」というのが「エナジードリンクは元気(寿命)の前借り」と言われている所以です。

エナジードリンクの効果は、摂取してから約30分で現れ、約4時間で半減すると言われています。
ただし、個人差や飲む量や種類によっても変わるので注意が必要です。
エナジードリンクは適度に飲む分には良いですが、飲み過ぎるとカフェイン中毒や高血圧などの副作用が起こる可能性があります。

また、糖質も多く含まれているので肥満や糖尿病のリスクも高まります。
エナジードリンクの適量は、カフェインの含有量によって異なりますが、一般的には1日1~2本程度が目安とされています。
カフェインの摂取量は1日あたり400mg程度であれば問題ないとされています。

エナジードリンクは元気を出したいときや運動前に飲むと効果的ですが、飲みすぎには注意しましょう。
また、妊娠中や授乳中の方や子供は飲まない方が良いです。

 

「エナジードリンクは元気(寿命)の前借り」と言われる理由

「エナジードリンクは元気の前借り」という言葉は、エナジードリンクに含まれるカフェインが一時的に脳を興奮させて眠気を覚ますが、
その後に虚脱感や不眠などの副作用が起こるということを表しています。

カフェインは、摂取してから約30分で効果が現れますが、その効果は約4時間で半減します。
カフェインの覚醒作用は意外と長時間続くので、夜に飲むと睡眠の質が低下する可能性があります。
また、カフェインは身体依存性があり、飲み続けると効果が得られなくなるため、量を増やさないといけなくなります。

カフェインの摂り過ぎは、心拍数や血圧の上昇、不整脈、動悸、不安感などの症状を引き起こすことがあります。
エナジードリンクは食品ですが、カフェインやアルギニンなどの成分によって元気を出すことができます。

しかし、それは自分の身体からではなく外から摂取する物質であることを忘れてはいけません。
エナジードリンクに頼りすぎると、身体や心に負担をかけることになります。

 

エナジードリンクを飲むと元気になれるメカニズム

エナジードリンクを飲むと元気になれるメカニズムは、主にカフェインの作用によるものです。
カフェインは、脳内のアデノシンという神経伝達物質の受容体に結合して、アデノシンの働きを阻害します。
アデノシンは、脳の活動を抑えて眠気を誘う物質なので、カフェインがその働きを妨げることで、脳が興奮状態になります。

カフェインはまた、副腎からアドレナリンというホルモンを分泌させます。
アドレナリンは、心拍数や血圧を上げて、筋肉や肝臓にエネルギー源となる糖分を送ります。
これによって、身体的なパフォーマンスが向上します。

エナジードリンクには、カフェイン以外にもビタミンB群やアミノ酸などが含まれています。
これらの成分は、エネルギー代謝や神経系の機能に関与しており、疲労回復や集中力向上に役立つとされています。

エナジードリンクは、一時的に元気を出すことができる飲料ですが、飲み過ぎや夜間の摂取には注意しましょう。
カフェインの摂り過ぎは、不眠や不安感などの副作用を引き起こすことがあります。

 

一般的なエナジードリンクに含まれている主な成分

一般的なエナジードリンクに含まれている主な成分は、以下のようなものです。

 

カフェイン:

脳のアデノシン受容体に結合して眠気を抑えたり、アドレナリンの分泌を促して心拍数や血圧を上げたりする成分です。
コーヒーや紅茶などにも含まれています。

 

砂糖:

エネルギー源となる成分です。
ブドウ糖や果糖などが使われています。
エナジードリンクは甘味料や着色料なども添加されていることが多いです。

 

ビタミンB群:

代謝や神経系の機能に必要な成分です。
ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸などが含まれています。
尿が黄色くなるのはビタミンB。

 

アミノ酸:

タンパク質の材料となる成分です。
タウリンやアルギニン、カルニチン、BCAAなどが含まれています。
筋肉や肝臓の働きをサポートしたり、疲労回復に役立つとされています。

 

その他:

エナジードリンクには、他にもクエン酸、イノシトール、高麗人参エキス、ガラナエキスなどが配合されていることがあります。
これらは血流改善や抗ストレス効果などを期待できる成分です。

 

エナジードリンクは、これらの成分の組み合わせによって元気を出す効果を狙っていますが、
飲み過ぎるとカフェインや糖分の摂り過ぎによって不眠や不安感などの副作用を引き起こす可能性があります。

また、エナジードリンクは医薬品ではないので、効能や効果を表示することはできません。
適度な摂取量やタイミングを守って飲むようにしましょう。

エナジードリンクと栄養ドリンクは違うの?

まず、エナジードリンクと栄養ドリンクは、分類上の違いがあります。
エナジードリンクは清涼飲料水であり、食品の一種として扱われます。

一方、栄養ドリンクは医薬品または医薬部外品であり、薬事法の規制を受けます。
そのため、栄養ドリンクには効能や効果を表示することができますが、エナジードリンクには表示することができません。

また、栄養ドリンクには成分の配合量を表示する義務がありますが、エナジードリンクには表示する義務がありません。
次に、エナジードリンクと栄養ドリンクは、配合される成分の違いがあります。
エナジードリンクには、カフェインや糖類、ビタミン類、アミノ酸などが含まれています。

これらの成分は、中枢神経を刺激して眠気や倦怠感を抑えたり、気分を高揚させたりする効果が期待できます。

一方、栄養ドリンクには、タウリンや生薬などが含まれています。
これらの成分は、肝臓や筋肉の働きをサポートしたり、疲労回復や滋養強壮に役立ったりする効果が期待できます。

また、ビタミン類やアミノ酸なども含まれていますが、エナジードリンクよりも配合量が多い場合が多いです。

最後に、エナジードリンクと栄養ドリンクは、使い分けることが大切です。
エナジードリンクは、気分をシャキッとさせたい時や仕事や勉強などで集中力を高めたい時に飲むと良いでしょう。

しかし、カフェインや糖分の摂り過ぎに注意しなければなりません。
カフェインや糖分は不眠や不安感などの副作用を引き起こす可能性がありますし、カロリーも高いです。
一方、栄養ドリンクは、風邪や病気などで体力が低下した時や栄養補給が必要な時に飲むと良いでしょう。

しかし、栄養ドリンクも飲み過ぎると良くありません。
栄養ドリンクは医薬品ですから、服用量や服用方法を守らなければなりません。
また、風邪薬などと一緒に飲むと相互作用が起こる可能性もあります。

 

エナジードリンクでは疲労回復は望めない

エナジードリンクに疲労回復の効果はあるのでしょうか。その理由について詳しく見ていきます。

エナジードリンクは、カフェインや糖類、ビタミン類、アミノ酸などが含まれている飲料で、
中枢神経を刺激して眠気や倦怠感を抑えたり、気分を高揚させたりする効果が期待できます。
特にカフェインは、脳内のアデノシンという物質の働きを阻害することで、覚醒作用をもたらします。

しかし、エナジードリンクには疲労回復の効果はあまりありません
エナジードリンクは、一時的に元気になったような気がするだけで、根本的な疲労の原因を解消するわけではないからです。
カフェインの効果が切れれば、一気に疲れを感じることになります。

また、エナジードリンクには疲労回復どころか逆効果になる可能性もあります。
エナジードリンクは、保存料や人工甘味料、カラメル色素、安定剤などの添加物が多く含まれており、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
カフェインや糖分の摂り過ぎも不眠や不安感などの副作用を引き起こす可能性がありますし、カロリーも高いです。

したがって、エナジードリンクは疲労回復のために飲むのではなく、気分をシャキッとさせたい時や
仕事や勉強などで集中力を高めたい時に飲むと良いでしょう。
しかし、飲み過ぎに注意しなければなりません。

適切な日あたりのカフェイン摂取量は400mg以下とされています。
疲労回復のためには、エナジードリンクではなく栄養バランスの良い食事や十分な睡眠が必要です。

また、ビタミンB1やタウリンなどの栄養素はエナジードリンクで摂るよりも食品で摂る方が効率的です。
ビタミンB1は豚肉や納豆などに多く含まれており、タウリンはタコやイカなどに多く含まれています。

 

疲労回復したいときに摂取したい栄養素

疲労回復したいときに摂取したい栄養素について詳しく見ていきます。
疲労回復には、エネルギー代謝をサポートする栄養素や、活性酸素を除去する抗酸化作用のある栄養素が必要です。
以下に、疲労回復に効果的な栄養素とその食べ物を挙げます。

 

ビタミンB1:

炭水化物からエネルギーを作り出すのに欠かせない栄養素です。
豚肉やカツオ、うなぎなどに多く含まれます。

 

ビタミンB2:

脂質やタンパク質からエネルギーを作り出すのに必要な栄養素です。
乳製品やレバー、卵などに多く含まれます。

 

ビタミンB6:

アミノ酸の代謝に関与し、エネルギーの産生や神経伝達物質の合成に必要な栄養素です。
バナナやマグロ、豚肉などに多く含まれます。

 

ビタミンC:

活性酸素の発生を抑える抗酸化作用があり、免疫力の向上やコラーゲンの生成にも必要な栄養素です。
レモンやみかんなどの柑橘類やキウイフルーツ、ブロッコリーなどに多く含まれます。

 

ビタミンE:

細胞膜を活性酸素から守る抗酸化作用があり、血行改善や老化防止にも役立つ栄養素です。
アーモンドやごま、ほうれん草などに多く含まれます。

 

α-リポ酸:

ビタミン様物質であり、ビタミンB1と一緒に働いて炭水化物からエネルギーを作り出すのを手伝います。
また、強力な抗酸化作用も持ちます。
じゃがいもやトマト、ほうれん草やブロッコリーなどの野菜に含まれます。

 

パントテン酸:

脂質の分解とエネルギー産生をサポートするコエンザイムAの主な材料となる栄養素です。
桜えびやほうれん草などに多く含まれます。

 

L-カルニチン:

カロリー消費に深く関わっているアミノ酸の一種であり、体内のエネルギー産生システムをサポートします。
ラム肉や牛肉などの赤身肉やカツオや赤貝などに多く含まれます。

 

クエン酸:

体内のエネルギーを作り出すシステムのスムーズな働きを手助けする栄養素です。
レモンやグレープフルーツなどの柑橘類やお酢などに含まれます。

 

コエンザイムQ10:

ほとんどの細胞に含まれており、エネルギー産生に重要な成分です。
また、抗酸化作用も持ちます。
牛乳やイワシなどに多く含まれます。

 

イミダゾールジペプチド:

2つのアミノ酸がくっついたものであり、骨格筋に含まれている成分です。
抗酸化作用があり、アクティブな毎日を過ごすのに役立ちます。
鶏のむね肉やカツオ、マグロなどに多く含まれます。

 

鉄:

貧血によって体内への酸素の供給が減り、エネルギー産生も落ちて疲労を生じる場合があります。
この場合は鉄を補う必要があります。
レバーやイワシなどに多く含まれます。

 

以上が、疲労回復に効果的な栄養素とその食べ物です。
これらの栄養素は相互に協力して働くため、バランスよく摂取することが大切です。

また、十分な睡眠や適度な運動も疲労回復に欠かせません。
健康的な生活習慣を心がけて、疲れを溜め込まないようにしましょう。

[quads id=1]

 

「エナジー ドリンクは元気(寿命)の前借り?」についてのまとめ

「エナジー ドリンクは元気(寿命)の前借り?」とは、この言葉だけを聞くとなんだか怖い言葉で、
「飲めば飲むほど後々元気じゃなくなり、寿命も減っていくのか」と思ってしまいます。

しかし、そういうわけではなく、
「一時的に脳の活動を上げ、元気になったように感じる。しかし、疲労回復したわけでは無いのでカフェインが切れた時には疲労がドッと押し寄せる」。
簡単にまとめるとこういうことです。

しっかりとした睡眠を取ることが大事なのは頭では分かっていてもなかなか実行に移すことができないことの一つですよね。
質の良い睡眠」についてはリンク先で詳しくまとめていますので、是非見てみてください。

エナジードリンクも栄養ドリンクも、上手く付き合えば日々の生活の質を高めてくれるありがたいものです。
上手に活用して、仕事もプライベートも充実した日々にしたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です