寝る時に帽子をかぶるのはなぜ?抜け毛の対策になる?

寝る時に帽子をかぶっているイメージがある人は少なくないのではないでしょうか?
イラストや、アニメを見ていると寝る時に帽子をかぶっていることもしばしばあるかと思います。

今日はそんな「寝る時の帽子」について、なぜかぶるのかの理由と、メリット・デメリットについて詳しく見ていきます。
髪の質や抜け毛が気になる方は参考にしてみてください。

[quads id=1]

 

寝る時の帽子はなぜかぶるの?

寝る時に帽子をかぶるのは、いくつかの理由があります。

 

防寒のため:

寝ている間に頭から熱が逃げるのを防ぎます。

 

髪の毛の保護のため:

寝返りなどで髪が摩擦や絡まりによるダメージを受けるのを防ぎます。

 

寝ぐせの防止のため:

髪型が崩れないようにします。

 

髪と頭皮の保湿のため:

乾燥を防いで髪に潤いを与えます。

 

美容のため:

洗い流さないトリートメントやヘアケア剤をつけてナイトキャップをかぶると、効果が高まります。

 

メリット

寝る時に帽子をかぶると、以下のような効果が期待できます。

防寒効果:

寝ている間に頭から熱が逃げるのを防ぎ、快適な睡眠をサポートします。

 

髪の保護効果:

寝具との摩擦や絡まりを防ぎ、髪のダメージや抜け毛を減らします。

 

髪の美容効果:

髪と頭皮の乾燥を防ぎ、髪に潤いとツヤを与えます。また、寝ぐせもつきにくくなります。

 

安心効果:

何かに包まれていると安心感を覚えます。帽子が頭を守ってくれるという感覚が心地よくなります。

 

脱毛症のケア効果:

抗がん剤治療などで髪が薄くなった人は、帽子で髪を隠すことで気分を明るくすることができます。

 

デメリット

寝る時に帽子をかぶると、以下のような不都合が生じる可能性があります。

 

頭部の蒸れや血行不良:

帽子をかぶっていると、何もつけていない時に比べて頭部が蒸れたり、締め付けによって血行が悪くなったりすることがあります。
これは、頭皮の健康や髪の成分に影響を与える可能性があります。

 

雑菌の繁殖やニオイ:

帽子をかぶる前に髪を乾かさないと、濡れたままの髪や頭皮が帽子の中で雑菌が繁殖しやすくなります。
これは、フケやかゆみ、ニオイの原因や抜け毛と言った頭皮トラブルも引き起こす可能性があります。

 

寝ぐせや癖毛:

帽子をかぶる方法やサイズによっては、髪に寝ぐせや癖毛がつくことがあります。
特に前髪は無理やり中に入れて被ると望まない癖がついてしまうこともあります。

 

帽子の脱落:

寝ている間に寝返りを打つと、帽子が脱落することがあります。その場合、帽子をかぶっていた効果は半減してしまいます。

 

寝る時の帽子はなんという名前?

寝る時にかぶる帽子のことを、一般的にはナイトキャップと呼びます。
ナイトキャップの発祥は、西洋でしらみの防止や防寒のために生まれたとされています。

近世には、フォーマルにはかつらをかぶるようになったため、自宅でかつらを外した後の短髪を隠すためにナイトキャップが普及しました。
現代では、ナイトキャップは美容やヘアケアのアイテムとして人気が高まっています。

 

寝る時の帽子をかぶるのは意味がない?

寝る時に帽子をかぶることは意味がないと言われることもしばしばあります。
その理由を見ていきましょう。

 

抜け毛

寝る時に帽子をかぶることが抜け毛に繋がるかどうかは、一概には言えません。
帽子をかぶること自体が抜け毛の原因になるわけではありませんが、
帽子のサイズや素材、かぶり方や時間によっては、頭皮や髪に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

寝ぐせ

寝る時に帽子をかぶることは寝ぐせに繋がるかどうかは、帽子の種類やかぶり方によって異なります。

帽子をかぶること自体が寝ぐせの原因になるわけではありませんが、
帽子のサイズや素材、かぶり方や時間によっては、髪に摩擦や圧力がかかり、寝ぐせがつきやすくなる可能性があります。

 

寝ている間に脱げる

寝る時に帽子をかぶっていても寝ている間に脱げてしまうと、効果は半減してしまいます。

帽子が脱げないようにするには、以下のような工夫が必要です。

 

帽子のサイズを頭に合わせて選ぶ:

サイズが大きすぎると脱げやすくなります。

 

帽子の素材を滑りにくいものにする:

シルクやポリエステルなどは滑りやすいので、コットンやウールなどがおすすめです。

 

帽子の形を頭にフィットするものにする:

ベレー帽やニット帽などは脱げやすいので、ナイトキャップやパーカーなどがおすすめです。

 

帽子をかぶる前に髪を結んでおく:

髪が長いと帽子と一緒に動いて脱げやすくなります。髪を結んでおくと帽子が安定します。

 

寝る時の帽子のかぶり方

寝る時の帽子をかぶるときの注意点はどんなところにあるのでしょうか?

 

髪をきちんと乾かす

ドライヤーは強めの温風にし、髪から10cm以上離して根元から乾かします。
ドライヤーを一ヶ所に当て続けないように小刻みに振りながら乾かしましょう。

髪が8割方乾いたらドライヤーを弱めの温風に切り替え、前髪を乾かします。前髪は右から左へと交互に風を当てて乾かし、
最後に流したい方向に手ぐしを通しておきます。

髪全体を整えます。
髪の中間から毛先を中心に風を当て、手ぐしを通しながら乾かします。
このとき、軽く髪を毛先方向に引っ張りながら乾かすとまとまりやすくなります。

全体が乾いたらドライヤーを冷風に切り替えて全体に当てます。冷風でキューティクルを引き締め、
光沢感やスタイルの持続力を高めます。

 

真上からかぶり、耳の上までおろす

ナイトキャップをかぶるときに真上からすっぽりかぶった方が良い理由は、髪の毛の流れや寝癖を整えやすいからです。
髪形別の具体的なかぶり方は以下のようになります。

 

ショートヘアの場合:

前髪や襟足に寝癖がつかないように注意して、ナイトキャップを真上からかぶるだけです。

 

ボブヘアの場合:

内巻きにしたい場合は毛先を内側に、外巻きにしたい場合は毛先を外側にして、少しずつ毛束を作りながらナイトキャップに入れ込みます。

 

ミディアムヘアの場合:

髪を半分に分けて、分けた髪の先をそれぞれ反対の耳にかけるようにしてナイトキャップに入れ込みます。

 

ロングヘアの場合:

ポニーテールをするように左手で髪を束ねて持ち、右手でくるくるとねじりながら持ち上げてお団子にします。
左手でお団子を抑えながら、右手でナイトキャップをかぶります。

 

出ている毛をしまう

出ている毛があると、ナイトキャップの効果が半減してしまいます。
出ている毛は、摩擦でパサつきや枝毛の原因になります。
また、出ている毛は、空気に触れて乾燥しやすくなります。

乾燥した髪の毛は、水分が不足してキューティクルが開きやすくなります。
キューティクルが開くと、髪の毛の内部にある水分や栄養素が流出しやすくなります。
その結果、髪の毛はさらに乾燥して傷みやすくなります。

そうならないためには、ナイトキャップをかぶるときには、出ている毛をしっかりとナイトキャップの中に入れ込むことが大切です。
ナイトキャップの中に入れ込むことで、髪の毛は適度な湿度を保ちやすくなります。
湿度が保たれると、キューティクルが閉じて髪の毛の水分や栄養素を逃さなくなります。

その結果、髪の毛はしっとりと潤ってツヤやまとまりが出ます。

 

寝る時の帽子はいくらくらいで買えるの?

市販のナイトキャップの価格帯は、だいたい 300円から3000円 くらいです。

ナイトキャップの素材やデザインによって価格は異なりますが、一般的には シルク素材 のものが高価で、 コットン素材 のものが安価です。
シルク素材のナイトキャップは、髪にツヤを与えてくれる効果がありますが、お手入れがやや面倒です。
コットン素材のナイトキャップは、お手入れが簡単で清潔に使えますが、髪にツヤを与える効果はあまりありません。

また、ナイトキャップのタイプによっても価格は変わります。リボンタイプやフリルタイプなどのデザイン性の高いものは、
ゴムタイプなどのシンプルなものよりも高めです。

100均では、ダイソーで 300円 のナイトキャップを購入することができます。
カラー展開はピンクとグレーの2色で、素材はポリエステルとポリウレタンです。
通常のナイトキャップは1000円以上のものが多いので、かなりお買い得なのではないでしょうか。

[quads id=1]

 

「寝る時の帽子はなぜかぶるの?」についてのまとめ

寝る時の帽子は一般には「ナイトキャップ」と言われ、抜け毛帽子や寝ぐせ防止の効果が期待できます。
しかし、使い方を誤ってしまってはかえってデメリットになってしまうこともしばしばあります。

ナイトキャップを使う際は正しい使い方で使い、髪質を高めたり寝ぐせを防止したりしたいですね。

[quads id=1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です